【気になる記事】 PR

【エリアトラウト】フックおすすめ:バラしを減らす魔法のフック

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

トラウト釣りで釣果が上がってきたものの、バラしが多くて悩んでいませんか?フックの選び方一つでその悩みは解消できます。この記事では、ターゲット別、ルアー別におすすめのフックを詳しく紹介します。適切なフックを装着して、ライバルに差をつけましょう。これから紹介する情報をもとに、あなたの釣果をさらにアップさせてください。

この記事を読んで解決する悩み
  • バラしが少なくなるフック
  • フックの種類・選択方法
釣果が変わる‼︎

Amazonでトラウトおすすめフックを探す

エリアトラウトフックおすすめ

エリアトラウトフックおすすめ

大物狙いに最適なフック

大物狙いに最適なフック

 

いいね
いいね
絶対にバラしたくない…

エリアトラウトで大物を狙う際、フックの選び方は非常に重要です。特に「ヴァンフック SP-41F」「オーナー SBL-47」は、大物釣りにおいて非常に高い評価を得ています。ヴァンフック SP-41Fは、その強度と貫通力から、50cm以上の大物にも対応可能です。これにより、大型のトラウトを確実にフッキングすることができます。

一方、オーナー SBL-47は、バラシが少なく、安定したフッキング性能が魅力です。特に大物が混じる釣り場では、このフックを使用することで安心して釣りを楽しむことができます。これらのフックはドラグ設定をしっかりと行い、強めのアワセを行うことで、その効果を最大限に発揮します。

»違う商品を探す方はこちら

【エリアトラウト】爆釣ルアーランキングと効果的な使い分け方[2024] エリアトラウト釣りで爆釣を目指す釣り人にとって、適切なルアーの選択は釣果に大きな差をもたらします。しかし、数多く存在するルアーの中か...

初心者におすすめなフック

初心者におすすめなフック
つりぐっど
つりぐっど
初心者と一緒に行くなら初心者には絶対釣らせたい…

エリアトラウト初心者には、「ロデオクラフト クラッチフック」をおすすめします。ロデオクラフト クラッチフックは、その使いやすさとフッキングのしやすさから、初心者にも扱いやすいフックとして人気です。特に太軸仕様のクラッチフックは、多少のミスがあってもフッキングしやすく、大物が掛かっても安心してファイトを楽しむことができます。

さらに、このフックは適度に開く硬さを持っており、急激な負荷がかかると適度に開くため、ルアーロストを防ぐことができます。

フック選びの基本

いいね
いいね
フッキング重視か貫通力重視か。苦手な方を選ぼう。

フックの選び方の基本は、針の太さ、サイズ、形状を考慮することです。針の太さは強度に直結し、サイズはターゲットの大きさに合わせる必要があります。形状については、ナローゲイプとワイドゲイプのどちらを選ぶかがポイントです。ナローゲイプは貫通力が高く、ワイドゲイプは魚の口に触れやすいです。

»違う商品を探す方はこちら

[2024]PEラインとリーダー選びで差をつける!エリアトラウトのライン選定法 エリアトラウトでルアーの選択やアクションを駆使し、釣果を上げることができるようになった中級者の皆さん。次なるステップとして、ラインの...

フックのサイズとターゲットの関係

つりぐっど
つりぐっど
50cm以上の大物をターゲットにするなら#4から#6

フックのサイズはターゲットの大きさに応じて選ぶことが重要です。例えば、50cm以上の大物を狙う場合は、#4から#6のサイズが適しています。一方、小型のトラウトを狙う場合は、#8から#10のサイズを選ぶと良いでしょう。このように、ターゲットのサイズに合わせてフックのサイズを調整することで、より効果的な釣果が期待できます。

フックの形状による違い

  • ロングシャンク
    • 貫通力が高い
    • フッキング後にバレにくい
  • ショートシャンク
    • フックが魚の口に深く刺さる
    • 逃げられるリスクが低い
  • ワイドゲイプ
    • 広い口を持つ魚に適している
  • ナローゲイプ
    • 貫通力が高い
    • スレた魚にも効果的

人気のフックブランド紹介

エリアトラウトにおいて人気のフックブランドは、「ヴァンフック」「ロデオクラフト」、「オーナー」の3つです。

ヴァンフックは高い貫通力と耐久性を誇り、プロアングラーにも愛用されています。ロデオクラフトは初心者から上級者まで幅広く支持されており、特にクラッチフックは多くの釣り人に選ばれています。オーナーはコストパフォーマンスに優れており、消耗品としてのフックを多くの釣り人が利用しています。

»違う商品を探す方はこちら

釣果が変わる‼︎

Amazonでトラウトおすすめフックを探す

エリアトラウト フックの使い分け

エリアトラウト フックの使い分け

ルアータイプ別のフック選び

ルアーのタイプによってフックの選び方が異なります。例えば、スプーンには細軸フックが、ミノーやクランクベイトには太軸フックが適しています。スプーンの場合、軽いスプーンには軽量のフックを、重いスプーンには強度のあるフックを選ぶと良いでしょう。

スプーン用おすすめフック

スプーン用おすすめフック

 

スプーン用のフックとしては、ヴァンフック SP-11Fが特におすすめです。これは、軽量スプーンに適した細軸フックで、貫通力が高く、ショートバイトでもしっかりとフッキングできます。放流直後の高活性な魚を狙う場合には、SP-31Fのような中軸フックも効果的です。

ミノー用おすすめフック

ミノー用おすすめフック

 

ミノー用のフックには、オーナー SBL-75Mが適しています。このフックは、ミノーのアクションを妨げない設計で、貫通力と保持力に優れています。ミノーを使用する際には、ルアーのサイズに合わせてフックのサイズも調整することが重要です。

クランクベイト用おすすめフック

クランクベイト用おすすめフック

 

クランクベイトには、ヴァンフック BC-33Fが適しています。このフックは、ワイドゲイプでフッキング率が高く、クランクベイトの激しいアクションにも耐える強度を持っています。特に、早巻きやストップ&ゴーなどの動きに対して高いフッキング性能を発揮します。

[エリアトラウト]専用クランクベイトの揃え方と実践テクニックエリアトラウト釣りでのクランクベイトの選び方と効果的な使い方を詳しく解説。初心者からプロまで、釣果を上げるためのテクニックを紹介します。...

ボトムプラグ用おすすめフック

ボトムプラグ用おすすめフック

 

ボトムプラグには、ヴァンフック SW-21Fが最適です。このフックは、ワイドゲイプ仕様で、ボトムレンジの魚に対して高いフッキング率を誇ります。特に、低活性の魚や深場を狙う際に効果的です。

フック交換のタイミングとコツ

いいね
いいね
釣果に直結するので頻繁にチェックしましょう。

フック交換のタイミングは、フックの状態を確認しながら行うことが重要です。針先が鈍くなったり、曲がったりした場合はすぐに交換しましょう。

交換のコツとしては、予備のフックを常に携帯し、釣行中にこまめにチェックすることが大切です。また、フック交換時には、しっかりと固定されていることを確認し、安全な釣りを心掛けましょう。

【まとめ】

【エリアトラウト】フックおすすめ:バラしを減らして釣果アップ!

 

釣果が変わる‼︎

Amazonでトラウトおすすめフックを探す

こんな記事もおすすめ
\prime会員なら最短翌日に無料でお届け/
Amazonで購入
\prime会員なら最短翌日に無料でお届け/
Amazonで購入