【釣具レビュー/比較】 PR

エリアトラウトpe太さの選び方と効果的な使い方[2024年5月]

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
エリアトラウトPE号数

  • 0.3〜0.5が一般的
  • 初心者は0.5以上がおすすめ
【エリアトラウト】爆釣ルアーランキングと効果的な使い分け方[2024年5月] エリアトラウト釣りで爆釣を目指す釣り人にとって、適切なルアーの選択は釣果に大きな差をもたらします。しかし、数多く存在するルアーの中か...
エリアトラウトリール番手はこう選べ‼︎ [番手別人気リール]※2024年5月 エリアトラウトリールを選ぶ際には、リールの番手が非常に重要です。番手によってリールのサイズや重量、巻き取り量が変わり、それが釣り方や...

 

この記事のもくじ

エリアトラウトでのPEラインの太さ選び

【早見表】エリアトラウトでおすすめのPEライン

商品名長さ特徴
VARIVAS スーパートラウト アドバンス マックスパワーPE Sスペック 200m200m高強度、操作性が高い
スーパートラウト アドバンスダブルクロスPE X8 100m100m8本組で高感度、低伸度
バリバス スーパートラウト アドバンス マックスパワーPE X8 150m150m8本組、高耐久
ARMORED F+ プロ トラウト 150m150mアーマード加工で耐摩耗性に優れる
シルバースレッド アイキャッチPEII 150m150m高視認性カラー、強靭な作り
VARIVAS スーパートラウトエリア マスターリミテッドスーパープレミアムPE 75m75mプレミアムPE、限定品
バリバス スーパートラウトエリア インフィニティ PE X8 75m75m8本組、滑らかな表面
シーガー PEX4 ルアーエディション 150m150m4本組、高感度
シマノ LD-M44V PITBULL(ピットブル)4+ 100m 818119100m4本組、低伸度でダイレクトな操作感
VARIVAS スーパートラウト アドバンスベイトフィネス PEX4 100m100m4本組、細径で高感度
東レモノフィラメント トラウト リアルファイター PE 100m F72P100m高強度PE、軽量
ラインシステム TROUT AREA PET 120m120mPET素材、高耐久
ダイワ UVF プレッソ センサー+Si II 150m150mSi加工で滑らかな放出、高感度
ヤマトヨテグス PEエリア4 80m80m4本組、バランスの良い設計
ゴーセン FATA エリアトラウト PE×4 GAF4G1002100m4本組、高感度で釣り易い

おすすめPEの基本情報と口コミを比較

VARIVAS スーパートラウト アドバンス マックスパワーPE Sスペック 200m

商品特徴: 高強度で耐久性に優れたPEライン。操作性が高く、トラウトフィッシングに最適。200mの長さで広範囲の釣り場に対応可能。細径ながら強靭で、水中での動きが非常にナチュラル。

肯定的な口コミ:

  • 「このラインのおかげで遠投がしやすくなりました!操作性が本当に素晴らしいです。」
  • 「細いのに強い!大きなトラウトを引き上げるのも難なくこなします。」

否定的な口コミ:

  • 「少し高いかなと感じるけど、性能を考えたら納得かも。もう少し安ければ言うことなしです。」
  • 「色が少し目立つかな?もうちょっとナチュラルな色が欲しいです。」

スーパートラウト アドバンスダブルクロスPE X8 100m

 

商品特徴: 8本組のPEラインで超高感度を誇り、低伸度で即座のフッキングが可能。100mの長さで、精密なキャスティングが求められる場面で威力を発揮。トラウト専用に設計された高性能ライン。

肯定的な口コミ:

  • 「感度が高くて、小さなアタリも逃さずに反応できます。トラウト釣りにはこれ以上ない!」
  • 「絡みにくくて使いやすい。耐久性も高く、長持ちするからコスパがいいですね。」

否定的な口コミ:

  • 「たまに絡むときがある。もう少し改善されたら完璧だと思います。」
  • 「初心者には使いこなすのが難しいかも。慣れが必要です。

バリバス スーパートラウト アドバンス マックスパワーPE

商品特徴: 8本組みで作られた高耐久PEライン。150mという長さで大水域もカバー。細くて強く、高い操作性と感度を持つ。トラウトフィッシングでの長時間使用にも耐える設計。

肯定的な口コミ:

  • 「とにかく強い!大物がかかっても安心してやりとりできます。」
  • 「150mもあるから、どんな場所でも自由自在に釣りが楽しめる。」

否定的な口コミ:

  • 「少し硬い感じがする。もっと柔軟性があればいいのにと思います。」
  • 「価格が高めなのがネック。もう少し手頃だと嬉しいです。」

ARMORED F+ プロ トラウト 150m

商品特徴: アーマード加工が施されたPEラインで、特に耐摩耗性に優れています。150mの長さで、トラウト釣りの幅広いシーンに対応。高い耐久性と強度を併せ持ち、長期間の使用に耐える設計。

肯定的な口コミ:

  • 「岩場でも安心して使える耐摩耗性が高いラインです。長持ちするので、買って良かった!」
  • 「このラインの耐久性には本当に驚かされます。何度も使っていますが、まだ交換の必要なし!」

否定的な口コミ:

  • 「少し重たい感じがする。もう少し軽くても良いかもしれません。」
  • 「結び目が少し弱いかなと感じることがあります。注意が必要です。」

シルバースレッド アイキャッチPEII 150m

商品特徴: 高視認性を備えたPEラインで、150mの長さ。特に明るい条件下や夜間釣りでの視認性が高く、ラインの位置が明確に把握しやすい。耐久性と柔軟性を兼ね備え、多様な釣り環境に対応。

肯定的な口コミ:

  • 「夜釣りでこのラインは本当に目立つから、ラインコントロールがしやすい!おすすめです。」
  • 「視認性が高くて、どんな天候でもラインがはっきり見えます。非常に便利です。」

否定的な口コミ:

  • 「視認性はいいけど、少し目立ちすぎるかな。もう少し自然な色でも良いかと思います。」
  • 「強度はいいが、若干硬いので扱いにくい時があります。」

 VARIVAS スーパートラウトエリア マスターリミテッドスーパープレミアムPE 75m

商品特徴: 限定版のプレミアムPEライン。75mの長さで、特にエリアトラウトに最適化された設計。超高感度と耐久性を兼ね備え、精密なキャスティングが可能。

肯定的な口コミ:

  • 「限定品だけあって、性能が素晴らしい。感度が高くて、細かいアタリも逃さない。」
  • 「デザインもおしゃれで、使っているだけでテンションが上がります!」

否定的な口コミ:

  • 「75mだと少し短めで、もっと長いバージョンが欲しいです。」
  • 「価格が高めで手が出しにくい。もう少し安ければなあ。」

バリバス スーパートラウトエリア インフィニティ PE X8 75m

商品特徴: 8本編みのPEライン。75mの長さで、エリアトラウト専用に設計された滑らかな表面が特徴。キャストの正確性と感度が向上。

肯定的な口コミ:

  • 「このラインの滑らかさがすごい。キャストが楽になりました!」
  • 「感度がとても高く、細かな動きも手元にしっかり伝わる。」

否定的な口コミ:

  • 「カラーバリエーションがもう少し豊富だと選びやすい。」
  • 「他のラインに比べて少し硬めかな。慣れが必要です。」

シーガー PEX4 ルアーエディション 150m

商品特徴: 4本組のPEラインで、150mの長さ。ルアーフィッシングに特化した設計で、優れた耐摩耗性と感度を持つ。

肯定的な口コミ:

  • 「耐摩耗性が高く、岩場でも安心して使える。」
  • 「非常に感度が良く、小さなバイトも明確に感じ取れます。」

否定的な口コミ:

  • 「やや硬いので、扱いが難しい時がある。」
  • 「他の同じ長さのラインよりも高価で、もう少し手頃な価格だと嬉しい。」

シマノ LD-M44V PITBULL(ピットブル)4+ 100m 818119

商品特徴: 4本組のPEラインで、100mの長さ。低伸度でダイレクトな操作感を提供し、精密なキャストと迅速なフッキングが可能。

肯定的な口コミ:

  • 「キャスト時の操作性が抜群に良く、非常に使いやすいです。」
  • 「ピットブルシリーズの耐久性の高さは本当に信頼できます。」

否定的な口コミ:

  • 「100mだと場合によってはちょっと短いかも。もう少し長いオプションがあればなと思う。」
  • 「少し高価だけど、その価値はあると思います。ただ、初心者には敷居が高いかもしれません。」

 東レモノフィラメント トラウト リアルファイター PE 100m F72P

商品特徴: 100mのPEラインで、トラウト専用に開発された高強度と軽量設計。非常に細い直径でありながら、優れた耐久性を誇る。

肯定的な口コミ:

  • 「とても細いのに強くて、大物を掛けても安心です。」
  • 「軽量で感度も高いから、小さなバイトも逃しません。」

<https://tsurigood.com/native-trout-lures/!– /wp:list –>

 

否定的な口コミ:

  • 「もう少しカラーのバリエーションがあれば、選ぶ楽しみが増えるのに。」
  • 「細いのはいいけれど、扱いが少し難しいです。扱いやすくする工夫が欲しい。」

 

 

PEラインの太さ選びの基本

いいね
いいね
初心者は0.5号がおすすめ

PEラインの太さ選びの基本は、感度、飛距離、強度のバランスを理解することです。

まず、太さと感度についてです。PEラインは他のラインと比べて伸びが少ないため、魚のアタリを敏感に感じ取ることができます。太さが細ければ細いほど感度は高まりますが、同時に扱いが難しくなります。

次に、飛距離と強度です。細いPEラインは空気抵抗が少ないため、ルアーの飛距離を伸ばすことができます。また、PEラインは他のラインと比べて強度が高いため、細くても強度を保つことができます。ただし、根ずれや障害物に対しては弱くなるため注意が必要です。

最後に、適切な号数を選ぶことです。エリアトラウト釣りでは、0.3号から0.5号が一般的に使用されます。初心者の場合は、扱いやすさを考慮して0.5号から始めると良いでしょう。上級者になると0.3号やそれ以下の細いラインも選択肢に入ります。

エリアトラウトに適したPEラインの特徴

  • 高感度と低伸度→アタリがわかる
  • 高強度と細さ→パワー、感度
  • 耐摩耗性→スレに強い

エリアトラウトに適したPEラインの特徴には、高感度と低伸度高強度と細さ耐摩耗性が挙げられます。

まず、高感度と低伸度です。PEラインは非常に低伸度で、伸びがほとんどありません。これにより、水中の微細なアタリを手元で感じ取ることができます。エリアトラウト釣りでは、繊細なアタリを逃さないために感度が非常に重要です。

次に、高強度と細さです。PEラインは他のライン素材と比べて強度が高く、同じ強度であれば非常に細く作ることができます。これにより、ルアーの飛距離が伸びやすくなります。飛距離が伸びることで、広範囲を効率よく探ることができるため、釣果向上につながります。

いいね
いいね
リーダーを使用しよう

また、耐摩耗性とリーダー使用も重要な特徴です。PEラインは根ずれや障害物に対して弱いですが、その欠点を補うためにフロロカーボンやナイロンのリーダーを組み合わせて使用します。リーダーは耐摩耗性が高く、結束部の強度を確保するために必須です。リーダーを使用することでPEラインの弱点を補い、トラブルを減少させることができます。

 

エリアトラウトでPEラインを使うメリット

  • 高感度でアタリが分かりやすい
  • 強度が高くて細い
  • 耐久性が優れている

エリアトラウトでPEラインを使うメリットには、高感度でアタリが分かりやすいことが挙げられます。PEラインは伸びがほとんどないため、魚の微細なアタリを手元で感じやすくなります。

次に、強度が高くて細いことも大きなメリットです。PEラインは他のライン素材と比較して非常に強度が高く、同じ強度であればはるかに細いラインを使用できます。この細さにより、ルアーの飛距離が伸び、広範囲を効率的に探ることが可能となります。

飛距離が伸びることは、特に大きな池や湖でのエリアトラウトフィッシングにおいて、重要な要素となります。

また、耐久性が優れていることもメリットの一つです。PEラインはナイロンやフロロカーボンと比べて水を吸収せず、紫外線による劣化にも強いため、長期間にわたって使用できます。

エリアトラウトでPEラインを使うデメリット

  • 絡まりやすく扱いにくい
  • スレに弱くリーダーが必須
  • 水切り音が発生しやすい

エリアトラウトでPEラインを使うデメリットについて説明します。まず、PEラインは絡まりやすく扱いにくいという点があります。

次に、スレに弱くリーダーが必須という特性もデメリットです。PEラインは引っ張り強度が高い反面、摩擦に弱い特性があります。特にエリアトラウトのフィールドでは、魚の歯や障害物にラインが擦れることで簡単に切れてしまいます。

さらに、水切り音が発生しやすいというデメリットもあります。PEラインは水中で動かすときに特有の音が発生しやすく、この音が魚を警戒させてしまうことがあります。

がっかり…
がっかり…
特に風が強い日は難しい…

エリアトラウトにおけるPEラインの号数と強度

釣行する管理釣り場に合わせよう

一般的には、0.2号から0.4号のPEラインがエリアトラウトに使用されます。例えば、0.2号のPEラインの強度は約3kg程度で、非常に細いラインながらも十分な強度を持っています。

次に、適切な号数の選び方についてです。号数を選ぶ際には、使用するルアーの種類や釣り場の状況を考慮することが重要です。

残念…
残念…
スプーン、ミノー0.2号や0.3号、大物狙い0.4号がおすすめ

さらに、号数による使用場面の違いも理解しておくべきです。例えば、放流直後の活性が高い魚を狙う場合は、細いラインを使うことで飛距離が伸び、広範囲を探ることができます。

逆に、障害物が多いフィールドでは、太めのラインを使ってラインブレイクを防ぐことが重要です。また、夜釣りや視認性が低い状況では、太めのラインを使うと扱いやすくなります。

PEラインに適したリーダーの選び方

なぜリーダーを使用するのか?

  • スレに強く切れにくい
  • 魚に気づかれにくい

まず、PEラインの弱点を補完するためです。PEラインは非常に強度が高く、感度も優れているため、エリアトラウトに適しています。しかし、PEラインは摩耗に弱く、障害物や魚の歯などで簡単に切れてしまうことがあります。

そこで、耐摩耗性に優れたフロロカーボンやナイロンのリーダーを使用することで、ラインの寿命を延ばし、トラブルを防ぐことができます。

次に、魚の警戒心を低減するためです。PEラインは色が付いていることが多く、水中で目立つ場合があります。魚は非常に警戒心が強いため、ラインが見えると食いつきが悪くなることがあります。

リーダーは通常、透明なフロロカーボンやナイロンで作られており、水中で見えにくいため、魚にラインの存在を気付かせにくくします。これにより、魚の食いつきを良くし、釣果を向上させることができます。

PEラインとリーダーの組み合わせのポイント

適切な結束方法

  • FGノットやPRノットがおすすめ

PEラインとリーダーを結束する際には、結び目の強度が非常に重要です。

一般的に、FGノットやPRノットなどの結び方が推奨されており、これらの結束方法は結び目の強度を保ちながら、スムーズにラインを通すことができます。

リーダーの長さ

  • 基本的には1.5~2m
  • 障害物が多い場所では3m

リーダーの長さは、釣りの状況やターゲットとする魚の種類によって異なります。一般的には、1.5mから2mのリーダーが多く使用されますが、障害物が多い場所では3m以上の長さを選ぶこともあります。

長すぎるリーダーはキャストの際に絡まりやすくなりますので、適切な長さを見極めることが重要です。

素材

素材はフロロカーボンとナイロン

リーダーの素材にはフロロカーボンとナイロンがあります。フロロカーボンは耐摩耗性に優れており、透明度が高いので魚に見えにくいという特徴があります。一方、ナイロンは柔軟性があり、ショックを吸収しやすいというメリットがあります。釣り場の状況やターゲットフィッシュによって、適切な素材を選びましょう。

PEラインとリーダーの組み合わせのポイントは、適切な結束方法、リーダーの長さ選び、素材の特性理解です。これらを踏まえて組み合わせることで、トラブルを減らし、釣果を上げることができるでしょう。

【早見表】魚に見えないリーダー

商品名長さ号数素材
サンライン トルネード松田スペシャル ブラックストリーム70m0.8号ブラッキー 1047フロロカーボン
サンライン フロロカーボンライン トルネード黒渓流250m0.8号ブラックフロロカーボン
ヤマトヨテグス フロロハリス カモフラージュ30m0.8号3lb グレーフロロカーボン
ヤマトヨテグス チヌハリス50m0.8号3lb グレーフロロカーボン

魚に見えないリーダー基本情報と口コミ

サンライン トルネード松田スペシャル ブラックストリーム 70m 0.8号

商品特徴: フロロカーボンラインで70mの長さ。0.8号の細さで、ブラックカラーが水中で目立ちにくい。高い感度と操作性で、特にスピニングリールに適しています。

肯定的な口コミ:

  • 「ブラックカラーが本当に水中で見えにくい!ステルス性が高くて良いです。」
  • 「細いのに強度があり、小川での渓流釣りに最適。操作性も抜群です。」

否定的な口コミ:

  • 「70mだと少し短い場面もあるので、もう少し長いバージョンもあればなと思います。」
  • 「結びやすいけど、結び目が少し弱まりやすいかなと感じることがあります。」

サンライン フロロカーボンライン トルネード黒渓流2 50m 0.8号

商品特徴: フロロカーボンラインで50m、0.8号。特に渓流釣り用に設計された黒色ラインで、水中での視認性を抑えつつ、高い耐摩耗性を持ちます。

肯定的な口コミ:

  • 「このラインの目立たなさが渓流での釣りには本当に役立っています。感度もいい!」
  • 「黒色で水中での目立ちにくさが素晴らしい。耐久性も申し分ないです。」

否定的な口コミ:

  • 「50mだとやや使用範囲が限られるかも。もう少し長いものが欲しいですね。」
  • 「少し硬いので、扱いが難しいと感じることがあります。慣れが必要です。」

ヤマトヨテグス ハリス フロロハリス カモフラージュ フロロカーボン 30m 0.8号

商品特徴: 30mのフロロカーボンラインで、0.8号の細さ。カモフラージュパターンが特徴で、水中での目立ちにくさを追求しています。耐摩耗性と高い感度が特徴。

肯定的な口コミ:

  • 「カモフラージュパターンが非常に効果的。魚に見つかりにくく、釣果が上がりました。」
  • 「耐摩耗性が高く、岩場でも安心して使えます。小川の釣りには最高です。」

否定的な口コミ:

  • 「30mはちょっと使いづらい。もっと長いラインが欲しい時が多いです。」
  • 「カラーパターンが特殊なので、結び目が少し目立つかもしれません。」

ヤマトヨテグス ハリス チヌハリス フロロカーボン 50m 0.8号

商品特徴: 50mのフロロカーボンラインで、0.8号の細さ。チヌ釣り専用に設計されたグレー色で、水中での目立ちにくさと高い耐久性を提供します。

肯定的な口コミ:

  • 「グレーカラーが非常に自然で、チヌ釣りには最適です。扱いやすくて良い!」
  • 「細くてもかなりの強度があり、大物が掛かっても安心してやり取りができます。」

否定的な口コミ:

  • 「少し硬めなので、結びやすさに難がある場合があります。」
  • 「50mだと少し長さが足りない場合がある。100mバージョンがあればうれしいです。」

リーダーの長さと効果

リーダーの長さと効果について詳しく説明します。リーダーの長さは釣りの成功に直接影響を与えるため、適切な設定が重要です。

適切な長さの基準

一般的には、リーダーの長さは1.5mから2mが標準とされています。この長さは、魚にラインの存在を気づかせにくくする一方で、キャストや操作がしやすいバランスを保ちます。ただし、特定の釣り場や状況に応じて調整が必要です。

長さが与える影響

リーダーが短すぎると、魚にラインが見えやすくなり、警戒されやすくなります。また、PEラインの特性上、直接的な衝撃が伝わりやすくなり、バラシ(釣れた魚が逃げること)のリスクが増します。

反対に、長すぎるリーダーはキャスト時に絡まりやすく、操作性が低下するため注意が必要です。

効果的な長さの設定方法

釣り場の透明度や魚の警戒心に応じてリーダーの長さを調整することが重要です。透明度の高い水域では長めのリーダーを選び、障害物が多い場所では短めのリーダーが適しています。

また、風の強い日やキャストが難しい状況では、短めのリーダーが操作性を向上させます。

こんな記事もおすすめ
\prime会員で最短翌日に 無料でお届け/
Amazonで購入
\prime会員で最短翌日に 無料でお届け/
Amazonで購入