【堤防釣果情報】 PR

【愛知県】バチ抜けシーバスを釣り‼︎おすすめの時期と時間帯

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

シーバス釣りにおいて「バチ抜け」という言葉を聞いたことはありますか?良くわからない、と感じている初心者の方も多いかもしれません。バチ抜けは、シーバスが特に釣れやすくなる貴重なチャンスの期間を指します。しかし、このチャンスを最大限に活かすためには、いつ、どの時間に釣りに出かければ良いのか、そしてその時期はいつなのかを知ることが重要です。多くの方が「何時に行けばシーバスを釣ることができるのか?」と疑問に思います。この記事では、バチ抜け時にシーバスを釣るための最適な時期と時間帯について、初心者の方にもわかりやすく解説していきます。

つりぐっど
つりぐっど
まだ堤防からシーバスを釣ったことがない初心者にも大チャンス‼︎この記事を読んで釣りに出かけよう。
この記事のポイント
  • 愛知県のバチ抜けスポット
  • 最適な時期と時間
  • 最適な場所の選び方
  • タックルとルアー
  • 釣り方と応用テクニック
【ダイワシーバスハンターX】のデメリットを徹底解説!購入前の最終判断ガイドシーバスハンターXのデメリットを詳しく解説。パワー不足、リールシートの滑りやすさ、ガイドの錆など、購入前に知っておくべきポイントを紹介します。最終判断に役立つ情報を提供します。...
【2024】シーバスランディングネット背中に背負うメリットとおすすめ商品シーバス釣りで背中に背負うランディングネットの購入を検討している方へ。どれを選べばいいのか、どのパーツが必要なのか分からないと感じていま...

【愛知県】バチ抜けシーバス入門ガイド

  • 愛知県のおすすめポイント
  • いつから始まる⁉︎
  • おすすめの時間帯とは?
  • 条件を知ろう
  • 最適な場所の選び方

【愛知県】バチ抜けシーバスおすすめポイント

場所住所
新川河口〒455-0855 愛知県名古屋市港区藤前1丁目
稲永公園〒455-0845 愛知県名古屋市港区野跡5丁目
山崎川河口(名古屋市立東築地小学校裏)〒455-0023 愛知県名古屋市港区東築地町26
天白川河口(柴田温排水)〒457-0817 愛知県名古屋市南区元柴田西町2丁目40
潮見橋〒455-0028 愛知県名古屋市港区潮見町
矢田川水門(大野漁港)〒479-0866 愛知県常滑市大野町4丁目
河和港(新江川樋門)愛知県知多郡美浜町河和
衣浦港武豊灯台(武豊1号地)〒470-2513 愛知県知多郡武豊町一号地
港半田大橋〒475-0823 愛知県半田市港町1丁目1
ボードウォーク(衣浦トンネル)〒447-0844 愛知県碧南市港本町内
亀崎港〒475-0023 愛知県半田市亀崎町4丁目 亀崎港
衣浦大橋愛知県国道247号
境川浄化センター〒448-0837 愛知県刈谷市衣崎町2丁目20
須磨海岸緑地(タコ公園)〒448-0837 愛知県刈谷市衣崎町2丁目20
大浜漁港〒447-0853 愛知県碧南市浜町2−5
矢作川河口〒447-0824 愛知県碧南市港南町2丁目
一色港〒444-0424 愛知県西尾市 一色町小薮船江東169

【バチ抜け】いつから始まる⁉︎

バチ抜けの開始時期は、地域や年によって若干の違いがありますが、一般的には早春から春にかけての期間、具体的には2月末から4月にかけて多く見られます。この時期、水温が徐々に上昇し始めると、イソメやゴカイなどの多毛類が産卵のために海底から水面近くまで大量に抜け出す現象が起こります。特に、大潮の日や新月・満月の夜に強く現れる傾向があり、これらの天体の動きと潮の流れがバチ抜けのトリガーとなっていると考えられています。しかし、これはあくまで目安であり、その年の気候や水温の変化によって開始時期は前後します。初めてこの現象を目撃する方は、地元の釣り情報やSNSでの共有情報などを参考に、最適なタイミングを見極めると良いでしょう。

[2024]ダイワルアーニスト完全レビュー:自分に合ったモデルの選び方とスペック解説ダイワのルアーニストシリーズの各ロッドを徹底解析。トラウト、バス、アジからシーバスまで、各釣り種に最適なモデルの特徴、メリット、デメリットを詳細に解説します。釣り具選びの参考にしてください。...

【バチ抜け】おすすめの時間帯とは?

バチ抜けを狙う際、おすすめの時間帯は主に夕方から深夜にかけてです。具体的には、日没直後から深夜0時頃までが特に有効とされています。この時間帯になると、イソメやゴカイなどの多毛類が活発に活動し始め、産卵のために水面近くへと移動します。特に、潮の流れが変わる満潮や下げ潮のタイミングは、バチが大量に抜け出しやすく、それを狙うシーバスの活動も活発になります。

また、新月や満月の夜は、月の引力の影響で潮の動きが大きくなり、バチ抜けが促されるため、シーバスが捕食に活動的になる可能性が高まります。このため、月齢を考慮して釣行日を選ぶとより効果的です。

しかし、バチ抜けが発生する正確な時間帯はその日の潮の流れや気候条件によって変わるため、事前に潮時表をチェックし、現地の条件に合わせて臨機応変に対応することが重要です。これらのポイントを抑えることで、バチ抜け時にシーバスを効果的に狙うことができるでしょう。

【バチ抜け】の条件を知ろう

バチ抜けの条件は、主に時期、潮の状態、および水温に大きく依存します。バチ抜けが始まる主な時期は、一般的に2月下旬から6月にかけてとされていますが、地域やその年の気候によって前後することがあります。この期間中、特に活発にバチが抜けるのは、潮の動きが大きな「大潮」の前後です。大潮時には、潮の流れが強くなり、それに乗じてバチが海底から水面近くへと移動しやすくなります。

また、バチ抜けには水温も重要な要素です。一般に水温が10度以上になるとバチの活動が活発化し、特に15度を超えるとバチ抜けのピークとなることが多いです。しかし、急激な水温の変化はバチの活動に影響を与え、バチ抜けのタイミングがずれることもあるため注意が必要です。

これらの条件を踏まえ、釣り人は事前に潮時表や気象情報を確認し、バチ抜けが予想される日や時間帯を見極めることが大切です。また、現地の水温や潮の流れを実際に観察し、その日の状況に合わせて釣りを楽しむことが、成功への鍵となります。

【バチ抜け】に最適な場所の選び方

バチ抜けに最適な場所を選ぶ際には、いくつかの要素を考慮する必要があります。まず、バチが多く生息している砂泥底やゴカイ類が豊富な海底を持つエリアを選ぶことが重要です。これらの場所は、バチ抜けの際にシーバスが集まりやすい環境を提供します。

次に、河口付近や港湾部など、陸地に近い場所もバチ抜けには好条件です。これらのエリアでは、バチが海底から水面近くへ移動する際に、シーバスが捕食しやすい環境が形成されます。また、これらの場所には人工の光が多いため、夜間でもバチやシーバスを観察しやすいというメリットがあります。

さらに、潮の流れが強い場所もバチ抜けに適しています。潮の流れが強いと、バチが一斉に移動しやすくなり、シーバスがそのバチを追って集まりやすくなります。特に、大潮の期間中は潮の流れが強くなり、バチ抜けが活発になる傾向があります。

このように、バチ抜けに最適な場所を選ぶ際には、バチの生息環境、シーバスの捕食行動、そして潮の流れの特性を考慮することが重要です。これらの要素を踏まえた上で、地元の釣り人や釣具店のスタッフから情報を収集し、効率的な釣り場を見つけ出しましょう。

【愛知県】バチ抜けシーバス釣りのコツ

  • タックル選び
  • 基本の釣り方とテクニック
  • おすすめルアー
  • 水中環境の読み方

【バチ抜け】シーバスのタックル選び

※初心者におすすめのシーバスタックル

竿メーカー特徴価格
シーバスハンターX 90L・Rダイワバチ抜けに適した柔らかいティップと、しっかりとしたバットパワーを持つロッド。約13,000円
ディアルーナ S86L-Sシマノソリッドティップで超繊細なアタリを感じ取れるロッド。重心移動システムで飛距離も抜群。約30,000円
トリプルクロス TCX-892Lメジャークラフト4軸カーボンとクロスフォースで作られたトルクフルなブランクス。軽量Kシリーズガイドで操作性も良い。約18,000円
リールメーカー特徴価格
セルテート LT3000ダイワ軽量で高剛性なボディと、滑らかな回転性能を持つリール。ATDドラグで安定したブレーキ力。約30,000円
ヴァンキッシュ C3000シマノマグナムライトローターで軽快な巻き心地。Xプロテクトで耐水性と耐久性を高めたリール。約50,000円
ルビアス LT2500ダイワエアローターで軽量化と回転バランスを向上。タフデジギアでパワフルな巻き上げが可能なリール。約20,000円

バチ抜け時のシーバス釣りでは、タックル選びが非常に重要です。適切なタックルを選ぶことで、バチを模したルアーのアクションを自然に演出し、シーバスを誘うことが可能になります。

まず、ロッドに関しては、軽いルアーを正確に遠投できるミディアムライト〜ミディアムアクションのものがおすすめです。長さは9フィート前後が扱いやすく、バチ抜け特有の繊細なルアーワークに対応できます。この長さだと、ルアーを遠くへ正確に投げることができ、また、シーバスのフォローも視覚的に捉えやすくなります。

リールは、スムーズなドラグ性能と十分な巻き取りスピードが求められるため、2500〜3000番台のスピニングリールが適しています。軽量で操作性が高く、バチ抜け時に頻繁に行う細かなリトリーブ調整や、突然のシーバスのヒットにも対応できる性能を持つものを選びましょう。

ラインは、軽いルアーの飛距離を確保し、デリケートなアクションを伝えるために、PEラインの0.6号〜1号を基本とします。バチ抜け釣りでは、ルアーの細かな動きをシーバスに伝えることが重要であり、PEラインはその感度の良さから適しています。リーダーはフロロカーボンの3〜4号を使用し、シーバスの鋭い歯や障害物によるラインブレイクを防ぎます。

このように、バチ抜けシーバスのタックル選びは、ルアーの演出と釣り場の状況に合わせて慎重に行うことが成功の鍵となります。経験と情報収集を基に、自分に合ったタックルを選びましょう。

Amazonで探す

【バチ抜け】シーバスの基本の釣り方とテクニック

バチ抜けシーズンにおけるシーバスの釣り方とテクニックは、繊細かつ戦略的なアプローチが求められます。この時期、シーバスはバチを捕食するために活発に動き回ります。そのため、ルアー選びからリトリーブ方法まで、細部にわたって工夫を凝らす必要があります。

まず、ルアー選択では、バチを模した細長いペンシルベイトや、フローティングタイプの小型のミノーを使用するのが一般的です。これらのルアーは、バチが水面近くで活動している様子をリアルに再現できます。特に、バチが表層で乱舞する様子を表現できるルアーを選ぶことが重要です。

リトリーブ方法については、ゆっくりとした速度で一定のリズムを保ちつつ、時折、小刻みなトゥイッチを入れることで、バチの不規則な動きを演出します。この際、ルアーの動きをシーバスに気づかせるためにも、表層近くを意識的に引くことがポイントです。また、バチが密集しているエリアでは、ルアーをバチの群れの外側や隙間に投げ入れることで、自然なバチの逸脱者としてシーバスの関心を引きやすくなります。

さらに、バチ抜けのピーク時には、シーバスがルアーに反応しやすくなるため、一つのポイントに留まらず、広範囲を探ることも効果的です。ルアーが水面を切る音や波紋が、シーバスを引き寄せるトリガーになることもあります。

これらの基本的な釣り方とテクニックをマスターすることで、バチ抜けシーズンにおいてもシーバスを効率よく狙うことが可能になります。状況に応じて柔軟に対応し、シーバスの活性や行動パターンを見極めながら、釣りを楽しみましょう。

【バチ抜け】おすすめルアーで差をつける

※おすすめの【バチ抜け】ルアー

ルアー名メーカータイプ特徴
コルトスナイパー ロックドリフトシマノフローティングミノーバチ抜けにもマッチする。ジェットブーストシステムで飛距離と水中安定性が高い。
スタッガリングスイマーシマノフローティングミノー重心移動システムで飛距離が抜群。S字スラロームアクションでナチュラルに誘う。
スライダイワフローティングミノー水面直下に強い。大野ゆうき氏監修。姿勢バランスが絶妙で安定したシャローラン。
メンボーアズーロフローティングペンシルロッドを立てて巻くと本物のバチそっくりな引き波が立つ。ミディアムリトリーブではサヨリにも対応。
プレックスロンジンシンキングリップレスジョイントタイプでリアルなアクション。飛距離も安定。水流の変化にも対応するトリッキー波動。
コルセアエバーグリーンシンキングペンシルバチ抜けにもマッチする。ファットテールでしっかりアピール。ナチュラルな誘いが可能。
ペンシルベイトメガバスフローティングペンシルバチ抜けにも効果的なサイズと形状。ダイナミックなスプラッシュとローリングアクションでアピール。
フラッシュブーストラパラフローティングミノーフラッシュブーストテクノロジーで魚の目を惹く。リアルなボディとカラーリング。
フラップスラップメガバスシンキングミノーバチ抜けにも対応するサイズと重量。フラップするようなアクションで水面直下を攻める。
フィッシュアローフィッシュアローシンキングペンシルバチ抜けにも効果的な細身のボディ。重心移動システムで飛距離と姿勢安定性が高い。

バチ抜けシーズンにおいて、シーバスを狙う際には、選ぶルアーが成功の鍵を握ります。この時期に特に効果的なルアーは、バチの形や動きを模倣したものです。具体的には、スリムで長いボディを持つペンシルベイトや、バチのように細長いソフトルアーがおすすめです。また、バチが水面に出現するため、トップウォータールアーを使うと良い反応が得られます。

ジャクソンの「にょろにょろ」というルアーは、バチ抜け時に特に有効です。細長い形状で、ゆっくりとしたリトリーブでバチの泳ぎをリアルに再現できます。もう一つのオススメは、ダイワの「シルバーウルフ スリム」です。このルアーもバチを模したデザインで、シーバスにとって魅力的なターゲットとなります。

さらに、風がある日や、バチが密集している場所では、少し重めのメタルジグやバイブレーションを使用すると良いでしょう。これらは遠投が可能で、広範囲を探ることができます。特に、シマノの「コルトスナイパー ロックウォーク」は、その飛距離とアクションの良さで、多くのシーバスアングラーから支持されています。

ルアー選びの際は、バチのサイズや活動状況を考慮することが大切です。例えば、大きなバチが多い時期には、それに合わせたサイズのルアーを選ぶ必要があります。また、バチの活動が活発な夜間や早朝には、よりリアルな動きをするルアーが効果的です。

これらのルアーを適切に選び、使いこなすことで、バチ抜けシーズンにおけるシーバス釣りの成功率を大きく高めることができます。様々なルアーを試しながら、その日の状況に最適なルアーを見つけ出しましょう。

【バチ抜け】期における水中環境の読み方

バチ抜け期にシーバスを効率良く釣り上げるためには、水中の環境を正確に読み解くスキルが不可欠です。まず、バチ抜けが起こるのは主に春先から初夏にかけてであり、この時期に活動するバチは、特定の環境条件下で群発的に水面に出現します。バチ抜けのポイント選びにおいて重要なのは、潮の流れ、水温、そして月の周期です。

潮の流れはバチの移動パターンに大きく影響を及ぼします。特に、満潮や干潮のタイミングでバチの活動が活発になる傾向があります。したがって、釣行前には潮位表を確認し、潮の動きが大きい日を狙うと良いでしょう。また、水温もバチの活動に密接に関係しています。春先の水温上昇は、バチの活動を刺激し、バチ抜けを誘発します。

さらに、バチ抜けは月の満ち欠け、特に満月や新月の周辺で顕著になることが多いです。これは、バチが月光を目印にして産卵活動を行うためと考えられています。したがって、月齢を考慮に入れ、満月や新月の前後を狙うのも一つの戦略です。

これらの環境要因を踏まえ、釣り場を選ぶ際には、河口や港湾部、またはバチが抜けやすい砂泥底が多いエリアを優先的に選びましょう。また、バチ抜け時にシーバスがバチを捕食する様子を直接目撃することも多く、そのような場合は、即座にルアーを投入することで、高い確率でヒットにつながります。

このように、バチ抜け期の環境を理解し、潮の流れ、水温、月の周期を見極めることが、シーバス釣りの成功に直結します。自然のリズムに合わせた釣りを心がけることで、より多くのシーバスを釣り上げることができるでしょう。

【まとめ】バチ抜けシーバス

バチ抜けシーズンは、シーバス釣りにおいて最も期待が高まる時期の一つです。この期間、イソメやゴカイなどの多毛類が産卵のために大量に水面に出現し、それを狙うシーバスが活発に活動します。バチ抜けのタイミングは主に春先から初夏にかけてであり、地域や年によって異なるため、その年の状況を把握することが重要です。

バチ抜けを狙う際のおすすめの時間帯は、夕方から夜にかけての下げ潮時が最も効果的とされています。この時間帯には、バチが一斉に活動を始め、それに伴いシーバスも活発になります。釣り場選びでは、潮の流れや月の満ち欠けを考慮し、バチが集まりやすい河口や港湾部を狙うと良いでしょう。

タックル選びにおいては、バチ抜けに特化した細身のルアーや、バチを模したソフトルアーが効果的です。また、シーバスがバチを捕食する際の特徴的な動きや水面の波紋を見逃さないよう、観察力を磨くことも成功の鍵です。

バチ抜け期に釣果を上げるためには、自然のリズムを理解し、適切な場所と時間を選ぶことが重要です。また、環境に応じたルアー選びや釣り方の工夫も欠かせません。これらのポイントを押さえることで、シーバス釣りの醍醐味を存分に味わうことができるでしょう。初めてバチ抜けシーバスを狙う方も、これらのポイントを参考にしながら、挑戦してみてください。

Amazonで探す

こんな記事もおすすめ
\prime会員なら最短翌日に無料でお届け/
Amazonで購入
\prime会員なら最短翌日に無料でお届け/
Amazonで購入