【釣具レビュー/比較】 PR

[ダイワルアーキャッチャー]インプレ徹底検証 ※購入前に確認

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ダイワのルアーキャッチャーは、根掛かりしたルアーを回収するための便利なツールです。多くのアングラーがその効果について肯定的な意見を持っており、ルアーを救うことができたという報告がありますが実際にどうなのでしょうか?

メリット・デメリットと実際のレビューを記事にまとめました。購入を考えている方の参考になれば幸いです。

ダイワルアーキャッチャーは使えるのか⁉︎

ダイワルアーキャッチャー基本情報

残念…
残念…
新品のルアーが根がかり…

ダイワルアーキャッチャーは、根掛かりしたルアーを効率的に回収するために開発された釣り具です。

構造的には、ステンレス製の重い頭部と長いロープが特徴で、頭部がルアーに届きやすく設計されています。操作方法はシンプルで、ルアーが根掛かりした場合、キャッチャーをラインに取り付けてルアーに向けて滑らせるだけです。

市場での価格はおよそ3,000円から5,000円で、釣具店やオンラインで容易に入手可能です。

アイテムカラー重さ(g)メーカー希望価格
ルアーキャッチャーヘビーウエイトグレー約1203,700円
ルアーキャッチャー約1003,400円
ルアーキャッチャーヘビーウエイト収納バッグ付きグリーン約1205,680円
ルアーキャッチャー収納バッグ付き約1005,450円

ダイワルアーキャッチャーのメリット

  • 高価なルアーのロストをなくす
  • 思い切ってキャストできる

①ルアーの回収率を高めることで、高価なルアーを失うリスクを軽減します。

また、ルアーを失うことなく②安心して挑戦的なポイントにアプローチできるため、釣りの幅が広がります。これにより、釣りの技術向上にも寄与することが期待されます。

ダイワルアーキャッチャーのデメリット

  • 複雑な地形では使えない…
  • 回収技術が必要…

多くの利点を持つ一方で、特定の状況下での制限やデメリットも存在します。まず、この道具は特に静水や流れの少ない水域での使用に最適化されており、流れが強い場所や藻場などの複雑な地形では効果が低下します。

操作面では、ルアーを効果的に回収するためにはある程度の技術と練習が必要です。特に初心者の間は、ルアーにキャッチャーが届かなかったり、誤って他の障害物に引っ掛かることがあります。

ダイワルアーキャッチャーのインプレ20選

いいね
いいね
回収率100%ではないけどあったら心強い
  1. ボートで非常に役立ちました。
  2. オカッパリでは回収率が40%程度。
  3. 重いけど、使う価値あり。
  4. 高所からの使用推奨。
  5. ゴロタ石エリアでは使いづらい。
  6. 海岸からでは角度が出にくい。
  7. ジグやジグヘッドの回収率約80%。
  8. 細いラインでは使用が難しい。
  9. 初日でルアー3個回収成功。
  10. 藻場ではほぼ使えず。
  11. 持ち運びが少し大変。
  12. 狭い場所では効果抜群。
  13. 岩場での効果はかなり高い。
  14. ロープが切れやすいので注意。
  15. 傾斜が必要、平地では効果を発揮しない。
  16. チェーンがトリプルフックに引っかかりにくい。
  17. 流れが強い場所では使えない。
  18. 根掛かり解消には有効。
  19. 釣行ごとに必ず持って行く。
  20. 軽量化されればもっと良い。

ダイワルアーキャッチャー改造したらどうなる?

改造を加えることでより性能アップを図ることができます。例えば、重さを軽減するための材質の変更や、より強固なロープの使用、さらには回収効率を高めるための構造の変更などが考えられます。

ただし、改造にはそれなりのリスクも伴います。元の製品設計の意図に反する改造は、製品の破損や安全性の低下を招くことがあります。

※改造例

  • ルアーキャッチャーのヘッド部分に繋がっているロープを切断
  • 切ったロープをレスキューロボのヘッド部分に繋げる

※以下の商品で改造できます。

比較検討: 他のルアー回収ツールとの比較

他の回収ツールと比較して、ダイワルアーキャッチャーはどのような利点があるのでしょうか?

いいね
いいね
耐久性がある

他のツールと比較した場合、ダイワ ルアーキャッチャーは特に構造の堅牢さと使いやすさで優れています。多くのユーザーがその使いやすさを評価しており、複雑な操作が不要で直感的に使用できる点が魅力的です。また、その耐久性は他の多くの製品と比較しても高く、長期間にわたって安定した性能を保ちます。

しかしながら、価格面では他の製品と比べてやや高めであることも事実です。この点が唯一のデメリットと言えるでしょう。しかし、その高い初期投資が長期間の使用においてコストパフォーマンスとして結果的には得となるケースが多いです。

残念…
残念…
他の製品より若干高い…

【早見表】他社ルアー回収ツール

いいね
いいね
それぞれ特徴があるので直接商品を確認しよう
商品名参考価格特徴メーカー長さ主な機能
ルアーキャッチャー2,573円強力磁石装備ダイワ不明ルアー回収専用
レスキューテポドン A-00282,271円ロングレンジ設計タカ産業不明水中障害物回避機能
レスキューロボ1,804円ロボットアーム操作T2企画不明高度な操作性
たんたんたぬきのルアーリトリーバー2,505円かわいいデザインカハラジャパン不明親しみやすい外観
テイルウォーク LURE CATCH BAR STRONG1,984円強靭な造りエイテック不明高い耐久性
ルアーリターン2455,875円コンパクト設計ベルモント245cm持ち運びやすさ
スライドシャフト40018,867円スライド式長さ調整エバーグリーン400cm使用時の長さ調節可能
ルアーリトリーバーヘッド1234,239円小型で扱いやすいハイドアップ不明狭い場所での使用に適している

【まとめ】購入前に知っておくべきこと

ダイワ ルアー キャッチャーは釣り愛好家にとって非常に便利なツールですが、購入前にいくつかの重要な点を把握しておくことが必要です。まず第一に、この製品は根がかりしたルアーを効率的に回収するために設計されています。それゆえに、使用する環境やルアーの種類によってその効果が異なります。主に、平坦で障害物の少ない場所での使用が推奨されています。

次に、ダイワ ルアー キャッチャーのコストとその耐久性を考慮することも重要です。価格は他のルアー回収ツールと比較してやや高めですが、その分、耐久性と回収率が優れています。しかし、この製品は一部の特殊な状況下ではうまく機能しない場合があり、特に激しい流れや岩が多い場所では使用が難しいことを理解しておく必要があります。

購入を考えている方は、これらの条件下での使用頻度や、必要とされる機能性を考慮し、他の製品との比較検討も行うと良いでしょう。最終的に、ダイワルアーキャッチャーは高い性能を誇る製品ですが、全ての釣り状況において最適なわけではないため、購入前にはしっかりとしたリサーチが推奨されます。

こんな記事もおすすめ
\prime会員で最短翌日に 無料でお届け/
Amazonで購入
\prime会員で最短翌日に 無料でお届け/
Amazonで購入