【気になる記事】 PR

2024年決定版!ヒラメ爆釣反則ルアー完全ガイド

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
サーフで何度も挑戦しているが、なかなか釣れないしルアーのせい?と悩んでいるあなたへ。本記事は、確実に1枚を手にするための実績あるルアー選びとその使い方にフォーカスします。万全の準備でサーフヒラメを見事ゲットできるようにサポートします。
 
つりぐっど
つりぐっど
数投投げてからあれを買っておけばよかった…ってよくありますよね。せっかく苦労してエントリーした場所で悔いの残らない釣行にしたいですね。

この記事のポイント

  • ヒラメルアーランキング
  • 最強ヒラメルアー
  • 入手困難な人気ルアー
  • ヒラメ釣りの重要なコツ
【熱砂ヒラメミノーSR130F/130Sフラッシュブースト】が反則と呼ばれる理由ヒラメミノーSR130F/130Sフラッシュブーストは、シマノの最新ヒラメ専用ルアー。圧倒的なアピール力と飛距離性能で「反則級」と呼ばれる理由を徹底解説します。...

ヒラメ爆釣ルアーの選び方

ヒラメ爆釣ルアーの選び方

 

【最新】ルアーランキングベスト10

人気ランキング10のルアーをご紹介します。

順位商品名メーカー名詳細
1ハードコア ヘビーショットデュエル重量: 20g、長さ: 85mm、カラー: アカキン
2熱砂 スピンビームTGシマノ重量: 30g、長さ: 90mm、カラー: キョウリンイワシ
345フラッグ スターターキット 21g45フラッグ重量: 21g、内容: ルアー4個、カラー: ミックス
4レンジバイブ55TGバスデイ重量: 14.5g、長さ: 55mm、カラー: ピンクレインボーGB
5メタルガレージ プレートバイブデュオ重量: 10g、長さ: 50mm、カラー: コノシロ
6ビーチウォーカー ハウルデュオ重量: 21g、長さ: 90mm、カラー: ピンクイワシRB
7熱砂 スピンドリフトシマノ重量: 23g、長さ: 80mm、カラー: キョウリンイワシ
8サスケ 裂波アムズデザイン重量: 17g、長さ: 120mm、カラー: アカキン
9JPSLOW-10メジャークラフト重量: 10g、長さ: 50mm、カラー: イワシ
10ヘビーサーファーアムズデザイン重量: 28g、長さ: 90mm、カラー: 玉彩

 

最強ヒラメルアー

最強ヒラメルアーエフリード 90S FL-90S

 

Amazonでエスフリード90sを購入する

パームス公式HP

ユーザー
ユーザー
そこそこ飛ぶ。デッドスローでもプリプリ動くよ。

ユーザー
ユーザー
飛距離がイマイチでかなり潜る…水深あるなら逆に良い。

エスフリード90Sが効果を発揮するシチュエーション

エスフリード90Sが効果を発揮するシチュエーション

 

濁りがある水質:フラッシュピンクのカラーリングは濁った水中でも視認性が高く、ヒラメに対して強いアピールを発揮します。

波が高い状況:波立つサーフや荒れた海況での使用に適しており、強いアクションでヒラメを引き寄せます。

深場の攻略:シンキングタイプなので、深めのレンジも攻めやすく、底近くを狙うヒラメに有効です。

早朝や夕暮れのマヅメ時:視認性の高いカラーとアクションで、視覚的にアピールしやすく、ヒラメの活性が高まるタイミングで効果的です。

これらの条件下で、エスフリード90Sはその性能を最大限に発揮します。

 

入手しやすく座布団を狙えるルアー

アダスタ(Adusta) シーシェイカー 90 25g

 

Amazonでシーシェイカー90を購入する

公式HP 

ユーザー
ユーザー
このグラム数のプラグの中では一番飛距離が出るのでは?ゆっくり巻かないと浮きます。

シーシェイカー90が効果を発揮するシチュエーション

シーシェイカー90が効果を発揮するシチュエーション

 

シャローサーフ
シーシェイカー90は、浅場での釣りに特化しています。浅い水深のサーフで効果的に使用できます。

デッドスローリトリーブ
デッドスローリトリーブでは、ハイピッチ系ロールアクションを引き出し、弱々しい小魚のような泳ぎを演出します。このアクションがヒラメなどの捕食者を引き寄せます。

ノーマルリトリーブ
ノーマルリトリーブ以上の速度で巻くと、スイングアクションに変わります。これにより、様々なリトリーブ速度に対応でき、状況に応じたアピールが可能です。

ラフウォーター(荒れた水面)
シーシェイカー90の特徴的なボディ形状は、水噛みが良く、荒れた水面下でも安定してリトリーブできます。厳しいフィールド条件でも効果を発揮します。

【入手困難】な人気ルアー

商品名メーカー詳細
 VJ-22COREMAN(コアマン)22gのバイブレーションジグヘッド。シーバス、青物に最適。
フリッパーZ36DUO36gのメタルジグ。ヒラメや青物釣りに適している。
ジョルティ 30セットブルーブルー(Blue Blue)30gのジグヘッドとシャッドテールワームのセット。多用途に使える。
メタルジグ オフベイトBuddyWorks(バディーワークス)30gのメタルジグ。ヒラメ、マゴチ、シーバスに適している。

どんなシチュエーションで効果を発揮する⁉︎

どんなシチュエーションで効果を発揮する⁉︎

 

  • COREMAN(コアマン) ワーム VJ-22

    • ヒラメが浅いレンジにいる時
    • 波動でヒラメにアピールしたい時
  • DUO フリッパーZ36

    • 深場でヒラメを狙う時
    • ルアーを早く沈めたい時
    • 遠投が必要な時
  • ブルーブルー(Blue Blue) ジョルティ 30セット

    • ヒラメが釣れている時
    • ジグヘッドで底を探りたい時
    • 色々なカラーでヒラメの反応を見たい時
  • BuddyWorks(バディーワークス) メタルジグ オフベイト

    • ヒラメが底近くにいる時
    • ルアーの動きをゆっくりさせたい時
    • 風が強い日で飛距離が必要な時

サーフからヒラメを釣るコツを順番に解説

サーフからヒラメを釣るコツを順番に解説

 

狙い目(ヒラメが生息する)ポイント

  • 砂地に生息
  • 離岸流を狙う
  • 下潮がおすすめ

ヒラメ釣りで釣果を上げるためには、まずヒラメの生態と習性を理解することが重要です。ヒラメは底生の魚で、主に砂泥地や岩礁帯に生息し、イワシやサヨリなどの小魚を主食としています。また、ヒラメは砂地に潜んで獲物を待ち伏せる習性があり、特に活発に動く時間帯は夜間や早朝です。

次に、ヒラメが好む場所を知ることが釣果を上げる鍵となります。サーフでは、離岸流の周辺が狙い目です。離岸流は波が打ち寄せた後に沖へ戻る流れで、小魚が集まりやすい場所です。堤防やテトラポット周辺もヒラメが多く潜むスポットです。堤防は足場が良く初心者にも釣りやすい環境です。さらに、岩場も有望なポイントです。特に小魚が多く集まる秋口の岩場はヒラメが狙いやすいです。ただし、岩場では根掛かりのリスクが高いため、注意が必要です。

最後に、ヒラメ釣りに最適な時間帯と潮汐のタイミングを押さえておくと良いでしょう。朝マズメや夕マズメはヒラメが活発に捕食活動を行う時間帯です。また、潮の満ち引きも影響します。特に下げ潮のタイミングはヒラメとの距離が近くなり、釣果が期待できる時間帯です。離岸流が発生しやすくなるため、潮位の変化を見逃さないようにしましょう。

いいね
いいね
ボトムスレスレをただ巻きが有効

ヒラメ釣りサーフの離岸流を見極める方法

いいね
いいね
離岸流を見つけられるかがポイント

  • 離岸流とは、波が打ち寄せた後、海岸から沖に向かって戻る強い流れのことです。

ヒラメ釣りで釣果を上げるためには、離岸流の見極めが重要です。離岸流とは、波打ち際から沖へ向かって流れる強い流れのことで、ヒラメをはじめとする多くの魚が集まりやすいポイントです。この流れは、波が浜に打ち寄せた後、海へ戻る際に生じるため、見分けることができれば釣果を上げる大きな助けになります。

離岸流を見極めるための具体的な方法として、まず海面の色や波の形に注目します。離岸流が発生している場所では、海面が他の部分よりも色が濃く見えることが多いです。また、波が立たずに比較的穏やかであることも特徴の一つです。波打ち際をじっくり観察し、波の切れ目や戻り流れが強い場所を探すことがポイントです。

さらに、少し高い場所から海を見渡すと、離岸流の位置を確認しやすくなります。砂浜を歩き回りながら、潮の流れを感じることも大切です。これにより、目視だけでなく体感でも流れの強さや方向を判断できます。

ヒラメはベイトフィッシュを追いかける習性があり、離岸流が発生する場所はベイトフィッシュが集まりやすいため、結果的にヒラメも集まります。

河口や岩場も狙い目

河口は海水と淡水が交わりベイトがたくさん集まります

「汽水域」はベイトフィッシュが豊富に集まるため、ヒラメも自然と寄ってきます。岩場は変化に富んだ地形で、小魚が隠れやすく、ヒラメにとって絶好の狩場となります。特に、岩場の隙間や障害物の周辺はヒラメが潜んでいる可能性が高いです。

いいね
いいね
雨上がりと下潮が狙い目

次に、効果的な釣り方とタイミングについてです。河口では、雨が降った直後が狙い目で、川から流れ込む淡水がベイトフィッシュを集めます。この時、ヒラメも活発に捕食行動をとるため、釣果が期待できます。

一方、岩場では潮の動きが重要で、特に満潮から干潮にかけての時間帯が良いでしょう。潮の動きに合わせてヒラメも移動するため、このタイミングで釣ることが効果的です。また、夜明けや夕方の「マズメ時」はヒラメが活発に動く時間帯なので、釣行の時間を合わせることをおすすめします。

雨の日や濁りの多い日の攻略法

いいね
いいね
雨の日はチャンス

雨が降ると河口や沿岸部の水が濁り、視界が悪くなります。しかし、この濁りが逆にヒラメの警戒心を低下させ、ベイトフィッシュが活発に動き出すため、ヒラメの捕食行動が増加します。また、雨によって川から流れ込む淡水は、ベイトフィッシュを集めるため、ヒラメもそのエリアに集中する傾向があります。

次に、効果的なルアー選びと使用方法です。濁りの多い日には、視認性の高いルアーを選ぶことが重要です。例えば、派手なカラーのルアーや振動や音を出すバイブレーションルアーは、ヒラメにアピールしやすいです。特に、ゴールドやチャートリュース、レッドなどの目立つ色が効果的です。また、シンキングミノーやメタルジグも有効で、リトリーブ速度を変えながら誘いをかけると良いでしょう。

ヒラメの締め方と持ち帰り方法

ヒラメの締め方

  • ヒラメのエラの付け根に包丁を差し込み、血管を切断する。
  • ヒラメの尾の付け根に包丁を入れ、背骨を切断する。
  • ヒラメを海水で満たした容器に入れ、完全に血を抜く。

持ち帰り方法

  • クーラーボックスに氷を敷き詰める。
  • ヒラメをタオルや新聞紙で包み、直接氷に触れないようにする。
  • ドレンを利用して、氷が溶けてもヒラメが水に浸からないようにする。

持ち帰り時の注意点

  • 長時間の移動が予想される場合は、途中で氷を補充する準備をする。
  • クーラーボックスは直射日光を避け、車内でも涼しい場所に置く。
  • 保冷剤も併用してクーラーボックス内の温度を維持する。
こんな記事もおすすめ
\prime会員なら最短翌日に無料でお届け/
Amazonで購入
\prime会員なら最短翌日に無料でお届け/
Amazonで購入