【釣具レビュー/比較】 PR

本気でサーフを攻略したいなら[反則]ヒラメルアー18選チェック ※2024版

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

サーフに何度も足を運んだものの、ヒラメを釣り上げることができなかったあなたに朗報です。今回の記事では、そんなあなたのために、効果絶大で「反則」とまで言われるヒラメ専用ルアーを紹介します。ある程度のキャスティングができる方なら、このルアーを使えばヒラメ釣りの難易度が一気に下がり、劇的な釣果アップが期待できます。

いいね
いいね
反則だろうがとにかく釣りたい人必見です。

※マゴチ爆釣ルアーはこちら

サーフからヒラメを釣るコツ

ヒラメ釣りの概要と狙い目のポイント

  • 砂地に生息
  • 離岸流を狙う
  • 下潮がおすすめ

ヒラメ釣りで釣果を上げるためには、まずヒラメの生態と習性を理解することが重要です。ヒラメは底生の魚で、主に砂泥地や岩礁帯に生息し、イワシやサヨリなどの小魚を主食としています。また、ヒラメは砂地に潜んで獲物を待ち伏せる習性があり、特に活発に動く時間帯は夜間や早朝です。

次に、ヒラメが好む場所を知ることが釣果を上げる鍵となります。サーフでは、離岸流の周辺が狙い目です。離岸流は波が打ち寄せた後に沖へ戻る流れで、小魚が集まりやすい場所です。堤防やテトラポット周辺もヒラメが多く潜むスポットです。堤防は足場が良く初心者にも釣りやすい環境です。さらに、岩場も有望なポイントです。特に小魚が多く集まる秋口の岩場はヒラメが狙いやすいです。ただし、岩場では根掛かりのリスクが高いため、注意が必要です。

最後に、ヒラメ釣りに最適な時間帯と潮汐のタイミングを押さえておくと良いでしょう。朝マズメや夕マズメはヒラメが活発に捕食活動を行う時間帯です。また、潮の満ち引きも影響します。特に下げ潮のタイミングはヒラメとの距離が近くなり、釣果が期待できる時間帯です。離岸流が発生しやすくなるため、潮位の変化を見逃さないようにしましょう。

いいね
いいね
ボトムスレスレをただ巻きが有効

ヒラメ釣りの効果的なルアー選び

  • ヒラメに適したルアーの種類
  • 色とサイズの選び方
  • 季節や天候に応じたルアーの使い分け

ヒラメに適したルアーには、主にシンキングミノー、メタルジグ、ワームなどがあります。シンキングミノーは遠投しやすく、広範囲を探るのに適しており、ヒラメが潜むボトムエリアを効率的に狙うことができます。メタルジグはその重さから飛距離が出やすく、深い場所でも有効です。ワームはリアルな動きでヒラメの食いつきを促します。

ルアーの色とサイズ選びも重要です。ヒラメは視覚に頼る魚であるため、自然なイワシカラーや目立つレッドゴールド、オレンジベリーといった色が効果的です。サイズは12~14cmのシンキングミノーや、10cm程度のメタルジグが適しています。また、ルアーの発光色(グローやケイムラ)も暗い時間帯や濁りのある海での使用に有効です。

季節や天候に応じたルアーの使い分けも効果を高めます。春から秋にかけてはベイトフィッシュが多くなるため、ナチュラルカラーのルアーが効果的です。冬季には発光色のルアーがヒラメにアピールしやすくなります。また、晴天の日にはナチュラルカラー、曇天や夜間には発光色を選ぶと良いでしょう。

反則ヒラメルアー【早見表】

商品名サイズ重さカラーバリエーションタイプ
シマノ サイレントアサシン 129F129mm24g10色フローティング
ジャクソン アスリートプラス 105FVG105mm15g8色フローティング
NESSA メタルドライブ OO-332R60mm25g6色シンキング
NESSA ヒラメミノーSR150F150mm26g5色フローティング
ハードコア ヘビーショット100mm35g7色シンキング
45フラッグ スターターキット 21g60mm21g4色シンキング
サスケ 120裂波120mm17g9色フローティング
JigPara ジグパラサーフ JPSURF 30g5色シンキング
ショアラインシャイナーZ バーティス SD140F140mm23g6色フローティング
サーフボトムトレーラー 50g3色シンキング
ビーチウォーカー ハウル 28g8色シンキング
魚道 130 MD130mm21g7色ミディアムダイバー
sasuke 100HS 裂砂 #RS100H-116100mm18g5色シンキング
熱砂 スピンドリフト OM-110K 110HS 004110mm27g6色シンキング
ぶっ飛び君 95S95mm30g4色シンキング
かっ飛び棒 130BR130mm38g5色シンキング
オフベイト 40g4色シンキング
ヘンチマン 32g3色シンキング

反則ヒラメルアー【ランキング】

シマノ サイレントアサシン 129F

高い飛距離と精度が特徴のルアーです。AR-C重心移動システムを搭載し、長距離キャストが可能。リアルな魚模様と多彩なカラーリングで、様々な状況に対応。フローティングタイプで、表層を効果的に攻めることができます。

ジャクソン アスリートプラス 105FVG

バランスの良さと長時間使用に適したデザインが特徴。シンプルな操作性と高い耐久性を持ち、初心者から上級者まで幅広く支持されています。8色のカラーバリエーションがあり、状況に合わせた選択が可能です。

NESSA メタルドライブ OO-332R

高速リトリーブに対応したシンキングルアー。25gの重さとリアルな魚模様が特徴で、遠投性能が高く、広範囲を探ることができます。様々な状況下でのヒット率を向上させる設計がされています。

NESSA ヒラメミノーSR150F

  • ヒラメ専用に設計されたフローティングミノー。リアルなアクションと5色のカラーバリエーションで、ターゲットのヒット率を高めます。安定した泳ぎと長距離キャストが可能な設計です。

ハードコア ヘビーショット

耐久性が高く、遠投性能に優れたシンキングルアー。重さ35gで、深場や流れの速い場所でも効果的に使用できます。7色のカラーバリエーションで、ターゲットの食いつきを誘発します。

45フラッグ スターターキット 21g

初心者向けの操作が簡単なシンキングルアー。21gの重さで、遠投性能も十分。リアルな魚模様と4色のカラーバリエーションで、様々なシチュエーションに対応します。

BuddyWorks(バディーワークス)
¥968 (2024/05/20 16:24時点 | Amazon調べ)

サスケ 120裂波

強い波動と遠投性能が特徴のフローティングルアー。120mmのサイズと17gの重さで、広範囲を攻めることができます。9色のカラーバリエーションで、状況に応じた選択が可能です。

JigPara ジグパラサーフ JPSURF

砂浜での使用に特化したシンキングルアー。30gの重さとリアルな魚模様が特徴で、遠投性能が高く、広範囲をカバーします。5色のカラーバリエーションで、様々な魚種に対応します。

ショアラインシャイナーZ バーティス SD140F

安定した泳ぎと強化フックが特徴のフローティングルアー。140mmのサイズと23gの重さで、長距離キャストが可能。6色のカラーバリエーションで、ターゲットのヒット率を高めます。

サーフボトムトレーラー

ボトム狙いに特化したシンキングルアー。50gの重さで、深場でも効果的に使用可能。3色のカラーバリエーションで、様々な状況に対応します。

ビーチウォーカー ハウル

幅広い魚種に対応するシンキングルアー。28gの重さと8色のカラーバリエーションで、あらゆる状況下で効果を発揮します。安定した泳ぎと高い操作性が特徴です。

魚道 130 MD

リアクションバイトを誘発するミディアムダイバー。130mmのサイズと21gの重さで、中層を効果的に攻めることができます。7色のカラーバリエーションがあり、ターゲットのヒット率を高めます。

sasuke 100HS 裂砂 #RS100H-116

高速リトリーブに対応したシンキングルアー。100mmのサイズと18gの重さで、広範囲を素早く探ることができます。5色のカラーバリエーションで、様々な状況に対応可能です。

熱砂 スピンドリフト OM-110K 110HS 004

高速リトリーブとフラッシング効果が特徴のシンキングルアー。110mmのサイズと27gの重さで、深場でも効果的に使用できます。6色のカラーバリエーションで、ターゲットのヒット率を高めます。

ぶっ飛び君 95S

大遠投が可能なシンキングルアー。95mmのサイズと30gの重さで、広範囲をカバーします。リアルな魚模様と4色のカラーバリエーションが特徴です。

かっ飛び棒 130BR

高遠投性能を持つシンキングルアー。130mmのサイズと38gの重さで、長距離キャストが可能。5色のカラーバリエーションで、様々な状況に対応します。

オフベイト

幅広いターゲットに対応するシンキングルアー。45gの重さで、深場でも効果的に使用可能。4色のカラーバリエーションで、あらゆるシチュエーションに対応します。

BuddyWorks(バディーワークス)
¥1,265 (2024/05/20 16:32時点 | Amazon調べ)

ヘンチマン

耐久性と操作性が高いシンキングルアー。80gの重さで、深場でも効果的に使用できます。3色のカラーバリエーションで、様々な状況に対応します。

バディーワークス(Buddyworks)
¥990 (2024/05/20 16:33時点 | Amazon調べ)

ヒラメ釣りサーフの離岸流を見極める方法

いいね
いいね
離岸流を見つけられるかがポイント

ヒラメ釣りで釣果を上げるためには、離岸流の見極めが重要です。離岸流とは、波打ち際から沖へ向かって流れる強い流れのことで、ヒラメをはじめとする多くの魚が集まりやすいポイントです。この流れは、波が浜に打ち寄せた後、海へ戻る際に生じるため、見分けることができれば釣果を上げる大きな助けになります。

離岸流を見極めるための具体的な方法として、まず海面の色や波の形に注目します。離岸流が発生している場所では、海面が他の部分よりも色が濃く見えることが多いです。また、波が立たずに比較的穏やかであることも特徴の一つです。波打ち際をじっくり観察し、波の切れ目や戻り流れが強い場所を探すことがポイントです。

さらに、少し高い場所から海を見渡すと、離岸流の位置を確認しやすくなります。砂浜を歩き回りながら、潮の流れを感じることも大切です。これにより、目視だけでなく体感でも流れの強さや方向を判断できます。

ヒラメはベイトフィッシュを追いかける習性があり、離岸流が発生する場所はベイトフィッシュが集まりやすいため、結果的にヒラメも集まります。離岸流を見極めることで、効率的にヒラメを狙うことができるため、釣りの成果を大きく左右するポイントとなります。

ヒラメ釣りの具体的なテクニック

シンキングミノーの効果的な使い方

  • ボトムを取る(〜10秒)
  • アクションをつける
  • カラーを選ぶ

効果的な使い方の第一歩は、キャスティングの技術です。シンキングミノーは遠投性能が高いため、波打ち際から沖合へ向けてしっかりとキャストすることが重要です。キャスト後は、数秒待ってルアーが適切な深さまで沈むのを待ちます。ここでの待機時間は状況に応じて調整しますが、一般的には5秒から10秒が目安です。

次に、リトリーブ方法が鍵となります。リトリーブは、一定のスピードで巻くことが基本ですが、スローリトリーブとストップアンドゴーを組み合わせることで、ルアーの動きに変化をつけると効果的です。これにより、ヒラメの興味を引きやすくなり、バイトのチャンスが増加します。また、リールを巻く速度を変えながら、ルアーを上下に動かすアクションを加えると、より自然な動きで魚を誘うことができます。

いいね
いいね
  スローリトリーブとストップアンドゴーを実践しよう

環境や状況に応じた使い分けも重要です。日中の明るい時間帯には、ナチュラルカラーのシンキングミノーが有効です。逆に、曇りの日や朝夕の薄暗い時間帯には、目立つカラーを選ぶと良いでしょう。また、波が高い日や流れが強い日には、重めのシンキングミノーを使うことで、狙った深さをキープしやすくなります。

メタルジグの遠投テクニック

キャスティングの際は、ロッドを大きく振りかぶり、体全体を使って投げることがコツです。リリースポイントを適切に見極め、力強くスイングすることで、メタルジグをより遠くに飛ばすことができます。ロッドの長さは9フィートから11フィートが理想的で、遠投性を最大限に引き出せます。

いいね
いいね
動画を参考にしてキャスティングを学ぼう

遠投後のアクションも釣果を左右する重要な要素です。メタルジグが着底したら、ャーキングとリトリーブを組み合わせてアクションを付けることが効果的です。リールを巻きながら、ロッドを上下に振ることで、メタルジグが不規則な動きをし、ヒラメの興味を引きます。この時、リトリーブの速度を変えながらアクションを加えると、より自然な動きとなり、バイトの確率が高まります。

また、風や潮の流れを読むことも重要です。追い風を利用すると、さらに遠くに投げることができますし、潮の流れに逆らわずにキャストすることで、メタルジグの自然な動きを引き出すことができます。遠投テクニックを磨くことで、広範囲にいるヒラメを効率的に狙うことが可能です。

河口や岩場のヒラメの狙い方

河口は海水と淡水が交わりベイトがたくさん集まります

「汽水域」はベイトフィッシュが豊富に集まるため、ヒラメも自然と寄ってきます。岩場は変化に富んだ地形で、小魚が隠れやすく、ヒラメにとって絶好の狩場となります。特に、岩場の隙間や障害物の周辺はヒラメが潜んでいる可能性が高いです。

いいね
いいね
雨上がりと下潮が狙い目

次に、効果的な釣り方とタイミングについてです。河口では、雨が降った直後が狙い目で、川から流れ込む淡水がベイトフィッシュを集めます。この時、ヒラメも活発に捕食行動をとるため、釣果が期待できます。

一方、岩場では潮の動きが重要で、特に満潮から干潮にかけての時間帯が良いでしょう。潮の動きに合わせてヒラメも移動するため、このタイミングで釣ることが効果的です。また、夜明けや夕方の「マズメ時」はヒラメが活発に動く時間帯なので、釣行の時間を合わせることをおすすめします。

雨の日や濁りの多い日の攻略法

いいね
いいね
雨の日はチャンス

雨の日や濁りの多い日は、ヒラメ釣りにとって特別な状況を作り出します。まず、雨の日や濁りの多い日の特性と影響について理解することが重要です。雨が降ると河口や沿岸部の水が濁り、視界が悪くなります。しかし、この濁りが逆にヒラメの警戒心を低下させ、ベイトフィッシュが活発に動き出すため、ヒラメの捕食行動が増加します。また、雨によって川から流れ込む淡水は、ベイトフィッシュを集めるため、ヒラメもそのエリアに集中する傾向があります。

次に、効果的なルアー選びと使用方法です。濁りの多い日には、視認性の高いルアーを選ぶことが重要です。例えば、派手なカラーのルアーや振動や音を出すバイブレーションルアーは、ヒラメにアピールしやすいです。特に、ゴールドやチャートリュース、レッドなどの目立つ色が効果的です。また、シンキングミノーやメタルジグも有効で、リトリーブ速度を変えながら誘いをかけると良いでしょう。

ヒラメの締め方と持ち帰り方法

ヒラメの締め方

  • ヒラメのエラの付け根に包丁を差し込み、血管を切断する。
  • ヒラメの尾の付け根に包丁を入れ、背骨を切断する。
  • ヒラメを海水で満たした容器に入れ、完全に血を抜く。

持ち帰り方法

  • クーラーボックスに氷を敷き詰める。
  • ヒラメをタオルや新聞紙で包み、直接氷に触れないようにする。
  • ドレンを利用して、氷が溶けてもヒラメが水に浸からないようにする。

持ち帰り時の注意点

  • 長時間の移動が予想される場合は、途中で氷を補充する準備をする。
  • クーラーボックスは直射日光を避け、車内でも涼しい場所に置く。
  • 保冷剤も併用してクーラーボックス内の温度を維持する。

[ヒラメ]反則ルアーまとめ

  • 効果絶大な「反則」ヒラメ専用ルアーを紹介
  • ヒラメは砂地や岩礁帯に生息し、離岸流周辺が狙い目
  • 朝マズメや夕マズメ、下げ潮が釣りのベストタイム
  • シンキングミノー、メタルジグ、ワームなどが有効なルアー
  • カラーとサイズ選びが重要
  • 雨や濁りの日には視認性の高いルアーが効果的
  • 離岸流を見極めることで釣果が向上
  • ヒラメの締め方と持ち帰り方法も解説
こんな記事もおすすめ
\prime会員なら最短翌日に無料でお届け/
Amazonで購入
\prime会員なら最短翌日に無料でお届け/
Amazonで購入