【釣具レビュー/比較】 PR

【反則】と呼ばれるアジングワームは3つ・効果と使い方を解説

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

アジングアングラーに高評価を得ている反則ワーム「月下美人」、「スパテラ」、「アミアミ」の魅力を徹底解説します。さらに、これらワームの効果的な使い方や釣果を最大化するためのテクニックも紹介。反則ワームを駆使して、アジングでの釣果を確実にアップさせライバルに差をつけよう。

この記事を読んでわかること
  • 反則ワーム3選
  • 反則ワームの使いこなし方

»違う商品を探す方はこちら

反則アジング ワームの紹介

反則アジング ワームの紹介

 

ダイワ「月下美人シリーズ」

ダイワ「月下美人シリーズ」

 

いいね
いいね
月下美人シリーズは強いですね。
ザ・反則アジングワーム

Amazonで月下美人アジングビームを探す

アジングで高い評価を受けているダイワの「月下美人シリーズ」は、その効果と耐久性で多くのアングラーに支持されています。月下美人シリーズの特徴は、リアルな形状と動きです。これにより、アジの食欲を刺激し、効率的に釣果を上げることができます。

例えば、月下美人の「アジングビーム」は、細長いボディと独特のフリッパーテールが特徴です。これにより、アジが自然に捕食する小魚やプランクトンの動きを再現します。また、素材には柔軟なソフトプラスチックを使用しているため、耐久性にも優れています。

価格は平均して500円から700円程度と手頃で、さまざまなカラーバリエーションが揃っているため、状況に応じた選択が可能です。

»違う商品を探す方はこちら

イッセイ海太郎「スパテラ」

イッセイ海太郎「スパテラ」

 

つりぐっど
つりぐっど
動きに加えて匂いでも誘うチートワームです。
夜アジングならコレ

Amazonでスパテラを探す

次に紹介するのは、イッセイ海太郎の「スパテラ」です。このワームは、特にアジの夜釣りに効果を発揮することで知られています。スパテラの最大の特徴は、その柔軟性とリアルな動きです。これにより、アジの捕食本能を刺激しやすくなっています。

スパテラは、非常に細かいフリックテールを持ち、微細な波動を発生させます。これがアジの側線を刺激し、効率的にアジを誘い出します。さらに、スパテラにはエビや小魚のエキスが練り込まれており、その香りがアジの嗅覚を刺激します。

価格帯は600円から800円程度で、初心者でも使いやすい点が魅力です。特に、常夜灯の下や満月の夜など、視覚的なアプローチが難しい状況で力を発揮します。

»違う商品を探す方はこちら

ジャッカル「アミアミ」

ジャッカル「アミアミ」

 

デイアジングならコレ

Amazonでジャッカルアミアミを探す

最後に紹介するのは、ジャッカルの「アミアミ」です。アミアミは、その名の通り、網目状の形状を持つことで、水中での動きが非常に自然である点が特徴です。この独特な形状が、アジを含む多くの魚に対して高いアピール力を持っています。

アミアミは、特にクリアな水質の場所や昼間の釣りに適しています。そのリアルな動きと視覚的なアピール力により、アジを効率的に引き寄せることが可能です。また、耐久性にも優れており、一つのワームで複数匹のアジを釣ることができます。

価格は500円から700円程度で、手軽に購入できる点も魅力です。特に、初心者から中級者まで幅広く利用されているため、初めてアジングを試みる方にもおすすめです。

»違う商品を探す方はこちら

反則アジング ワームの選び方と使い方

反則アジング ワームの選び方と使い方

ワームのサイズ選び方

ワームのサイズ選び方

 

  • 昼間やクリアウォーターでは小さめの1.5インチ
  • 夜間や濁った水質では2.5インチから3インチ

ワームのサイズは、釣果を左右する重要な要素です。一般的に、アジングで使用するワームのサイズは1.5インチから3インチが適しています。大きすぎるワームはアジにとって不自然に見えることがあり、小さすぎると視認性が低下します。

例えば、昼間やクリアウォーターでは小さめの1.5インチが効果的です。一方で、夜間や濁った水質では2.5インチから3インチのワームがアピール力を発揮します。このように、状況に応じてワームのサイズを使い分けることが重要です。

ワームの形状とアクションの違い

ワームの形状とアクションの違い

 

  • ストレート系ワームはただ巻き
  • シャッド系ワームはトゥイッチング

ワームの形状も選択の際に重要なポイントです。細身のワームはナチュラルな動きを再現しやすく、アジが自然に捕食する小魚の動きを再現します。対して、太めのワームは視覚的なアピールが強く、アジの注目を集めやすいです。

例えば、ストレート系ワームはただ巻きで効果を発揮しやすく、シャッド系ワームはトゥイッチングでその真価を発揮します。これらを使い分けることで、さまざまな状況でアジの反応を得やすくなります。

カラー選びの重要性

  • クリアな水質ではナチュラルカラー(オキアミカラー)
  • 濁った水質では目立つカラー(ピンクカラー)

カラー選びは、アジングの成否を左右する大きな要素です。基本的には、水質と天候に応じたカラー選びが重要です。クリアな水質ではナチュラルカラー、濁った水質では目立つカラーを選ぶと良いでしょう。

具体的には、オキアミカラーやクリア系カラー、ピンク系カラーが効果的です。オキアミカラーは万能で、どんな状況でも安定した釣果をもたらします。クリア系カラーはクリアウォーターで自然にアピールし、ピンク系カラーは視認性が高く、濁った水質や夜間に有効です。

釣り場の条件に合わせた使い分け

釣り場の条件に合わせた使い分け

 

釣り場の条件も、ワーム選びに大きく影響します。例えば、流れの速いエリアでは重めのジグヘッドと組み合わせることで、ワームが流されずにターゲットにアプローチできます。逆に、流れのない静かなエリアでは軽めのジグヘッドを使用することで、自然なフォールを演出できます。

また、漁港や防波堤などの障害物が多い場所では、根掛かりしにくいワームやリグを選ぶことが重要です。これにより、トラブルを回避しつつ、効率的にアジを狙うことができます。

潮の流れとジグヘッドの重さの目安

  • 潮の流れが速い場合
    • 重めのジグヘッドを使用する(例:1.5g以上)
    • ジグヘッドが流されず、ターゲットにアプローチしやすい
  • 潮の流れが緩やかな場合
    • 軽めのジグヘッドを使用する(例:1g前後)
    • 自然なフォールを演出しやすい
  • 潮の流れが止まっている場合
    • 非常に軽いジグヘッドを使用する(例:0.5g~0.8g)
    • ワームの自然な動きを最大限に活かすことができる
  • 複雑な潮の流れ(巻き込みなど)
    • 中間の重さのジグヘッドを使用する(例:1g~1.5g)
    • 流れに対応しつつ、適度なアピールを保つ

効果的なカラーローテーション

アジングで釣果を上げるためには、効果的なカラーローテーションが欠かせません。釣り場の状況や時間帯に応じて、複数のカラーを試すことで、アジの反応を探ることができます。

例えば、オキアミカラーから始めて反応が薄ければ、クリア系やピンク系に切り替えると良いでしょう。このように、状況に応じたカラーローテーションを行うことで、釣果を最大化することができます。

それでも釣れない場合に確認すること

  • ワームの種類を変える
    • フレーバー付きや動きが異なるワームに変更する
    • 例:匂い付きワーム(ガルプ、エコギアなど)
  • カラーを変更する
    • 水の透明度や天候に合わせて、より目立つ色や自然な色に変更
    • 例:クリア系、ピンク系、オキアミカラーなど
  • アクションを変える
    • 巻きスピードやリトリーブのパターンを変更
    • 例:トゥイッチングやステイを取り入れる
  • ポイントを変える
    • 釣り場の違うエリアに移動し、魚の集まりやすい場所を探す
    • 例:漁港の灯りが当たる場所や潮の変わり目
  • 時間帯を変える
    • 活性が上がる時間帯に再挑戦する
    • 例:朝夕のマズメ時や夜間
  • タックルセッティングを見直す
    • リーダーの太さやラインの種類を変更する
    • 例:細めのリーダーに変更し、魚に違和感を与えないようにする
  • 他のテクニックを試す
    • 例えば、アジング以外の方法を試してみる
    • 例:サビキ釣りやカゴ釣りなど

【まとめ】

【まとめ】

 

  • 反則ワームの紹介: 月下美人スパテラアミアミ
  • 選び方のポイント: サイズ、形状、カラー
  • 使用方法: ジグヘッドの重さと潮の流れに応じた使い分け
  • カラーローテーション: オキアミカラー、クリア系、ピンク系
  • 釣れない場合の対策: ワーム変更、カラー変更、アクション変更、ポイント変更、時間帯変更、タックルセッティング見直し
こんな記事もおすすめ
\prime会員なら最短翌日に無料でお届け/
Amazonで購入
\prime会員なら最短翌日に無料でお届け/
Amazonで購入