【気になる記事】 PR

ニジマスとサーモンの違いを解説!身の色の変化の秘密とは?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

今更聞けないニジマスとサーモンの違いを解説します。ニジマスとサーモンはどちらも人気の魚ですが、生態や分布、食用としての特性に違いがあります。また、ニジマスの身の色が赤いか白いかも気になるところ。本記事では、ニジマスとサーモンの基本的な違いと、ニジマスの身の色が変わる理由について詳しく説明します。

この記事を読んでわかること
  • ニジマスとサーモンの違い
  • ニジマスの身の色の違い
  • 食用としての特性
【エリアトラウト】爆釣ルアーランキングと効果的な使い分け方[2024] エリアトラウト釣りで爆釣を目指す釣り人にとって、適切なルアーの選択は釣果に大きな差をもたらします。しかし、数多く存在するルアーの中か...

ニジマスとサーモンの違いについて解説

ニジマスの生態と分布

つりぐっど
つりぐっど
虹鱒と書きますが外来種です。

ニジマス(レインボートラウト)は北アメリカ原産の淡水魚です。現在では世界中で養殖され、特に日本やアメリカではポピュラーな釣り魚として親しまれています。ニジマスは主に川や湖に生息し、その生態は比較的安定した淡水環境に依存しています。また、成長が早く、食用としても優れた特性を持つため、養殖が盛んに行われています。

サーモンの生態と分布

  • 淡水と海水の両方の環境に適応

一方、サーモンは主に海洋性の魚であり、広い分布域を持ちます。代表的な種類には、アトランティックサーモンやキングサーモンなどがあり、これらは太平洋や大西洋の冷たい海域に生息しています。

サーモンは成長すると川に遡上し、産卵を行うという特徴的な生活サイクルを持っています。このため、サーモンの生態は淡水と海水の両方の環境に適応しています。

ニジマスとサーモンの産卵行動

  • ニジマス:川で産卵
  • サーモン:海で暮らして川で産卵

ニジマスとサーモンの大きな違いは、その産卵行動にあります。ニジマスは淡水で一生を過ごし、淡水域で産卵を行います。一方、サーモンは海で成長し、産卵のために川に戻るという回遊性を持っています。この回遊行動は、サーモンの持つ特有の遺伝的プログラムに基づいており、川に戻る際には非常に長い距離を移動することがあります。

ニジマスの食用としての特性

いいね
いいね
ニジマスは淡白な白身で、様々な料理法に適しています。

ニジマスは淡白な白身魚として知られ、焼き物や揚げ物、刺身など幅広い料理法に適しています。特に、淡水魚特有の臭みが少なく、クセのない味わいが特徴です。

そのため、料理のバリエーションが豊富で、多くの人に愛されています。また、ニジマスは高タンパク低脂肪の健康食材としても注目されています。

サーモンの食用としての特性

good
good
女性に大人気のおなじみサーモンです。

サーモンは脂が乗った赤身の魚で、その濃厚な味わいが多くの人に好まれています。刺身や寿司、グリル、燻製など、さまざまな調理法で楽しまれています。

サーモンの赤身はアスタキサンチンという抗酸化物質を豊富に含んでおり、美容や健康にも良いとされています。そのため、高級食材としても位置付けられています。

ニジマスとサーモンの身の色の違い

ニジマス、サーモンに関しても食べるエサの種類によって身の色が変わります。

ニジマスの身の色が変わる理由

ニジマスの身の色は、食べ物によって大きく変わります。ニジマスがエビやカニなどの甲殻類を食べると、これらに含まれるアスタキサンチンという色素により、身が赤くなります。

これに対して、普通の餌を食べるニジマスは、身が白いままです。このため、自然環境や養殖場で与えられる餌の種類によって、ニジマスの身の色が決まります。

サーモンの身の色と食べ物

サーモンの身の色も、主に食べ物によって決まります。自然界のサーモンは、海でエビやオキアミなどを捕食し、その結果、身が赤くなります。

養殖サーモンの場合も、アスタキサンチンを含む特別な餌を与えることで、自然界のサーモンと同様に身が赤くなります。これにより、市場で売られるサーモンは、美しいオレンジ色の身を持つことができます。

ニジマスとサーモンの養殖方法

つりぐっど
つりぐっど
サーモンは養殖管理が難しい…だから高いんだ。

ニジマスとサーモンの養殖方法にも違いがあります。ニジマスは淡水で養殖され、比較的管理が簡単です。養殖場では、水質や温度の管理を徹底することで、品質の高いニジマスを生産しています。

一方、サーモンの養殖は、海洋養殖が主流であり、広い海域を利用して行われます。海洋養殖は、水質や餌の管理が難しく、高度な技術が必要です。

アスタキサンチンの役割

good
good
色で美味しく見せているだけではなかった。

アスタキサンチンは、ニジマスやサーモンの身を赤くするだけでなく、強力な抗酸化作用を持つ成分です。この抗酸化作用により、アスタキサンチンは健康や美容に良い影響を与えます。

例えば、紫外線から肌を守る効果や、免疫力を高める効果が期待されています。そのため、アスタキサンチンを豊富に含む赤身の魚は、健康食品としても注目されています。

ニジマスの赤身と白身の見分け方

つりぐっど
つりぐっど
実際捌いてみないとわからない

ニジマスの赤身と白身の見分け方は、主に魚の種類や餌の内容に依存します。前述の通り、エビやカニを含む餌を食べているニジマスは赤身になりやすく、普通の餌を食べるニジマスは白身になります。

また、スチールヘッドと呼ばれる特定の種類のニジマスは、赤身になる可能性が高いです。スチールヘッドは、銀化した体と腹側の黒点が少ないことが特徴です。

【まとめ】ニジマスとサーモンの違い

  • ニジマスは北アメリカ原産の淡水魚で、世界中で養殖されている。
  • サーモンは海洋性で、川に遡上して産卵する魚。
  • ニジマスの身の色は餌によって変わり、エビやカニを食べると赤身になる。
  • サーモンの身の色も餌に含まれるアスタキサンチンで決まる
  • ニジマスは淡白な白身で、様々な料理法に適している。
  • サーモンは脂が乗った赤身で、濃厚な味わいが特徴。
  • アスタキサンチンは抗酸化作用があり、健康や美容に良い。
  • ニジマスは淡水養殖、サーモンは海洋養殖が主流。
  • ニジマスとサーモンはそれぞれの特徴を生かした調理法がある。
[2024]ネイティブトラウト爆釣ルアー特集:エリアトラウトで培った技術を活かす!ネイティブトラウト釣りで釣果を上げるためのおすすめルアー17選を紹介。各ルアーの特性や使い方を詳しく解説し、初心者からベテランまで最適な選び方をサポートします。釣行を成功に導く必須アイテムをチェックしましょう。...
こんな記事もおすすめ
\prime会員なら最短翌日に無料でお届け/
Amazonで購入
\prime会員なら最短翌日に無料でお届け/
Amazonで購入