【釣具レビュー/比較】 PR

なんで⁉︎【スネコン90S】で釣れない理由と解決法

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

スネコン90Sはシーバス釣りにおいて非常に人気のあるルアーですが、釣果が思うように上がらないこともあります。その原因は、リトリーブ速度やキャスト方向、タックルバランスなどの細かな調整不足にあります。この記事では、スネコン90Sで釣れない場合の対処方法を徹底解説し、知っておくべき意外な落とし穴について詳しく紹介します。これらのポイントを理解するだけで釣果に差が出ます。

»違うルアーを探す方はこちら

つりぐっど
つりぐっど
魚がいれば釣れます。
この記事を読んでわかること
  • 釣果が出ない理由
  • リトリーブ速度
使いこなせ‼︎

Amazonでスネコン90Sを探す

【スネコン】の飛距離と購入ポイント:全モデルの特徴と選び方スネコンシリーズの飛距離性能と各モデルの特徴を徹底解説。購入ガイドとおすすめサイズを紹介し、最適なルアー選びをサポートします。...

【スネコン90s】で釣れない場合の対処方法

【スネコン90s】で釣れない場合の対処方法

リトリーブ速度を変えてみる

リトリーブ速度を変えてみる

 

つりぐっど
つりぐっど
まずはゆっくりリトリーブがおすすめです。

»違うルアーを探す方はこちら

スネコン90Sで釣れないと感じたら、まずリトリーブ速度を変えてみましょう。リトリーブ速度とは、ルアーを巻き取る速さのことです。スローリトリーブからハイスピードリトリーブまで、様々な速度で試すことで、魚の反応を確認することができます。魚の活性が低い時は、ゆっくりとしたスローリトリーブが有効です。

圧倒的存在感【スネコン130S】がサーフで威力を発揮する理由スネコン130Sは、サーフでの釣りに最適なルアーです。破壊力抜群のS字軌道と飛距離性能で、ヒラメやシーバスの釣果を劇的に向上させます。初心者から上級者まで使える具体的な使い方を解説します。...

スローリトリーブの効果

スローリトリーブの効果

 

いいね
いいね
僕もそうですが釣れないと早巻きになってしまいます…

スローリトリーブは、ルアーをゆっくりと引いてくる方法です。魚が警戒心を抱かずに近づきやすくなるため、食いつきやすくなります。また、スネコン90Sの特性であるS字アクションがより強調され、自然な動きで魚を誘います。特に冬場や水温が低い時期には、スローリトリーブが効果的です。

ストップ&ゴーで試す

ストップ&ゴーで試す

 

ストップ&ゴーは、ルアーを巻くのを一旦止めて再び巻き始めるテクニックです。これにより、ルアーが不規則に動き、魚の興味を引きます。ストップのタイミングを変えて、複数回試してみることで、魚の反応を探ることができます。特に警戒心が強い魚には、この方法が効果的です。

»違うルアーを探す方はこちら

キャスト方向を変える

キャスト方向を変えることも重要です。流れに対してアップストリームやダウンストリームにキャストすることで、ルアーの動きや魚の反応が変わります同じ場所でもキャストの方向を変えることで、より多くの魚にアピールすることができます。

アップストリームとダウンストリームの使い分け

つりぐっど
つりぐっど
潮の流れを読むことも大事なポイントです。

アップストリームとは、流れに逆らってルアーを投げる方法です。これにより、ルアーが自然な動きで流れに逆らうように見え、魚の捕食本能を刺激します。一方、ダウンストリームは流れに沿ってルアーを投げる方法で、自然に流れてくるベイトフィッシュのように見せることができます。状況に応じて使い分けることがポイントです。

【紫外線】がきつい今こそ釣り偏光サングラス!目を保護するためのガイド紫外線が強い昨今、釣り偏光サングラスは必須アイテムです。この記事では、目を保護しながら水中の様子をクリアに見る方法や、釣果アップに繋がる選び方を詳しく解説します。...

色やサイズの異なるルアーを試す

色やサイズの異なるルアーを試す

 

スネコン90Sで釣れない場合、色やサイズの異なるルアーを試すことも有効です。魚の反応はその日のコンディションやベイトフィッシュの種類によって変わります。色を変えることで、視覚的に魚の興味を引くことができます。また、サイズを変えることで、異なる種類の魚をターゲットにすることができます。

»違うルアーを探す方はこちら

圧倒的存在感【スネコン130S】がサーフで威力を発揮する理由スネコン130Sは、サーフでの釣りに最適なルアーです。破壊力抜群のS字軌道と飛距離性能で、ヒラメやシーバスの釣果を劇的に向上させます。初心者から上級者まで使える具体的な使い方を解説します。...
使いこなせ‼︎

Amazonでスネコン90Sを探す

タックルバランスを見直す

タックルバランスも重要な要素です。ロッド、リール、ラインのバランスが悪いと、ルアーの動きや飛距離に影響出ます。特にPEラインの号数やリーダーの太さは、ルアーの動きやキャストのしやすさに直接関係します。適切なタックルバランスを見直すことで、より効果的にスネコン90Sを使うことができます。

スネコン90Sを使用する際のおすすめのタックルは以下の通りです。

  • ロッド:長さ8フィート前後のミディアムライト~ミディアムクラスのスピニングロッド
  • リール:2500番~3000番のスピニングリール
  • ライン:PEライン0.8号~1.2号
  • リーダー:フロロカーボンリーダー12ポンド~16ポンド(約3号~4号)
  • ルアーウェイト:適合ルアーウェイト5g~25g程度のロッド

これらのタックルを使用することで、スネコン90Sの性能を最大限に引き出し、効果的に釣りを楽しむことができます。

スネコンに合ったタックル

【スネコン90s】で釣果を上げるコツ

【スネコン90s】で釣果を上げるコツ

PEラインの号数を調整

つりぐっど
つりぐっど
1号程度がベスト

PEラインの号数を調整することは、ルアーの動きや飛距離に大きな影響を与えます。軽いラインを使うことで飛距離が伸び、重いラインを使うことで強度が増します。スネコン90Sの場合、1号程度のPEラインを使用することで、バランスの良いキャストと操作が可能です。

リーダーの太さを変える

つりぐっど
つりぐっど
渋い時こそ細めがおすすめです。

リーダーの太さも重要です。細いリーダーを使うことでルアーの動きが自然になり、魚の警戒心を和らげることができます。一方で、障害物が多い場所では太めのリーダーを使用し、根掛かりやラインブレイクを防ぐことが必要です。

飛距離を改善する方法

いいね
いいね
文章でうまく伝えれません…動画を参照して実践してみましょう。

飛距離を改善するためには、キャスティングの技術とタックルバランスが重要です。適切なタックルバランスを保ち、キャスティングの際にはしっかりとしたフォームを意識することで、飛距離を伸ばすことができます。また、ラインのメンテナンスも忘れずに行いましょう。

流れのある場所で使用する

スネコン90Sは、流れのある場所で使用することが最も効果的です。流れの中で自然に泳ぐ姿は、魚にとって非常に魅力的です。特に、河口や水門周辺など、流れが一定している場所で使用することで、釣果を上げることができます。

ウェーディングのポイント

ウェーディングをする際には、安全性を最優先に考えましょう。流れの速い場所では無理をせず、浅瀬での釣りを心がけてください。また、ウェーダーやライフジャケットなどの装備をしっかりと準備し、安全に釣りを楽しんでください。

【ライフジャケット】に合う見た目良しのウエストバッグ併用法を徹底解説ライフジャケットとウエストバッグの併用時の注意点や、おしゃれで機能的なウエストバッグを紹介。見た目も重視しつつ、安全性を確保する方法を詳しく解説します。...

【まとめ】流れに対して自然に投げ込む技術

なんで⁉︎【スネコン90S】で釣れない理由と解決法

流れに対して自然に投げ込む技術は、釣果を上げるための重要なポイントです。流れに対してアップストリームにキャストし、ルアーが自然に流れるようにリトリーブすることで、魚の警戒心を解き、食いつきを良くします。この技術を磨くことで、より多くの魚を釣ることができるでしょう。

»違うルアーを探す方はこちら

スネコン90Sで釣れないと感じた場合、上記の対処方法を試してみてください。リトリーブ速度の調整やキャスト方向の変更、タックルバランスの見直しなど、様々な方法を試すことで、釣果を上げることができるはずです。ぜひ、これらのポイントを実践して、スネコン90Sでの釣りを楽しんでください。

使いこなせ‼︎

Amazonでスネコン90Sを探す

こんな記事もおすすめ
\prime会員なら最短翌日に無料でお届け/
Amazonで購入
\prime会員なら最短翌日に無料でお届け/
Amazonで購入