【釣具レビュー/比較】 PR

【スネコン】の飛距離と購入ポイント:全モデルの特徴と選び方

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

スネコンシリーズは、その飛距離性能と多彩なサイズ展開が魅力のルアーです。各モデルにはそれぞれ異なるスペックがあり、ターゲットや釣り場に応じて最適なものを選ぶことができます。この記事では、スネコンの各モデルのスペックと推奨設定を詳しく解説し、どのサイズを購入すべきかが一目で分かるようにまとめました。スネコンの飛距離を最大限に活かすためのポイントも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

いいね
いいね
陸・船・どんな魚を狙うのか購入する目安にしてください。
この記事を読んでわかること
  • スネコンのスペックと飛距離
  • 適したモデル選び
  • 最適な設定方法
用途・自分に合ったモデル

Amazonでスネコンを探す

スネコンの飛距離について解説

スネコン飛距離の魅力
モデル希望小売価格全長重さ推奨リング推奨フックレンジ
スネコン220S3,800円〜4,300円220mm158g#9#4/020cm
スネコン180S3,100円〜3,600円180mm100g#8#3/020cm
スネコン150S2,730円〜3,030円150mm51g#5#1/020cm
スネコン130S2,580円〜2,880円130mm23g#3#320cm
スネコン90S1,910円〜2,210円90mm15g#6#620cm
スネコン50S1,500円〜1,800円50mm3g#14#1430cm

 

スネコン220S

スネコン220S

 

つりぐっど
つりぐっど
遠くのナブラ打ちなどにおすすめです。

スネコン220Sは、重心移動構造を採用しているため、圧倒的な飛距離を実現しています。全ウエイトが後方に移動することで、キャスト時にルアーが空中で安定し、遠投が可能です。この設計により、スネコン220Sはショアからでもオフショアからでもストレスなく飛距離を稼ぐことができます。

用途・自分に合ったモデル

Amazonでスネコンを探す

スネコン180S

スネコン180S

 

つりぐっど
つりぐっど
こちらも青物などに対応するパワールアーです。

スネコン180Sも、スネコン220S同様に重心移動構造を採用しています。これにより、飛距離性能が高く、大型魚を狙う場面での使用に適しています。180mmという大きなボディながらも、全ウエイトが後方に移動することで、安定した飛行姿勢と優れた飛距離を実現しています。この特性は、オフショアのヒラマサやGT、ロックショアの大型魚にも対応できるため、非常に多用途です。

スネコン150S

スネコン150S

 

いいね
いいね
オフショアでキャストの制度を重視したいならコレ。

スネコン150Sは、全長150mm、重さ51gの設計で、ショアやオフショアでの使用に最適です。重心移動構造により、キャスト時の飛行姿勢が安定し、優れた飛距離を実現しています。特にシーバスや青物を狙う際に、その飛距離とアクションが効果的です。さらに、内部のウエイトボールによるゴトゴト音が広範囲から魚を引きつけます。

スネコン130S

つりぐっど
つりぐっど
ショアでも活躍するミドルバランスです。

スネコン130Sは、全長130mm、重さ23gの設計で、スネコンシリーズの中でも特にバランスの取れたモデルです。重心移動構造により、キャスト時の飛行姿勢が安定し、優れた飛距離を実現しています。スネコン130Sは、特に河口や湾内での使用に適しており、そのユラユラとしたアクションでターゲットの捕食スイッチを刺激します。

圧倒的存在感【スネコン130S】がサーフで威力を発揮する理由スネコン130Sは、サーフでの釣りに最適なルアーです。破壊力抜群のS字軌道と飛距離性能で、ヒラメやシーバスの釣果を劇的に向上させます。初心者から上級者まで使える具体的な使い方を解説します。...

スネコン90S

スネコン90S
いいね
いいね
陸っぱりで攻めるならまずこのサイズがおすすめです。

スネコン90Sは、全長90mm、重さ15gの設計で、軽量ながらも重心移動構造を採用しています。これにより、キャスト時の飛行姿勢が安定し、優れた飛距離を実現しています。スネコン90Sは、特に小型のターゲットや浅場での使用に適しており、スローリトリーブでその特徴を最大限に発揮します。

なんで⁉︎【スネコン90S】で釣れない理由と解決法スネコン90Sで釣れない理由とその対策を徹底解説します。リトリーブ速度やキャスト方向、タックルバランスなど、釣果を上げるための具体的な方法を紹介します。...

スネコン50S

つりぐっど
つりぐっど
アクションとチェイスが見えて楽しめます。

スネコン50Sは、全長50mm、重さ3gの設計で、ライトゲームに最適です。重心移動構造により、キャスト時の飛行姿勢が安定し、サイズに対して優れた飛距離を実現しています。スネコン50Sは、特にメバルや小型のターゲットを狙う際に有効で、そのS字アクションがスレた魚にも効果的です。

ブローウィン80sの代用ルアー5選:使いこなすための条件とは? ブローウィン80Sの代用ルアーを探している方へ。シマノ サイレントアサシン 80Sやダイワ ショアラ...

スネコン飛距離を最大化する方法

スネコン飛距離を最大化する方法

重心移動構造の仕組みと効果

重心移動構造の仕組みと効果

 

スネコンシリーズの飛距離性能の鍵となるのが重心移動構造です。この仕組みでは、キャスト時にルアー内部のウエイトが後方に移動し、飛行姿勢を安定させます。これにより、空中での抵抗が減り、飛距離が飛躍的に向上します。

用途・自分に合ったモデル

Amazonでスネコンを探す

効果的なキャスティングテクニック

つりぐっど
つりぐっど
動画を参照して実践してみましょう。

スネコンの飛距離を最大限に引き出すためには、正しいキャスティングテクニックが重要です。まず、キャスト前にルアーを垂らし、しっかりと後方に振りかぶることで初速をつけます。次に、リリースタイミングを適切に調整し、ルアーが直線的に飛ぶようにします。このとき、体の軸とリールを持つ手を前方に押し出すことで、さらに飛距離を伸ばすことができます。

スネコンシリーズのフックとリングセッティング

スネコンシリーズの飛距離を維持するためには、適切なフックとリングのセッティングが重要です。各モデルには推奨のフックとリングサイズが指定されており、これを守ることでルアーのバランスが保たれ、飛距離が安定します。

例えば、スネコン220Sには#4/0のフックと#9のリングが推奨されています。適切なセッティングを行うことで、キャスト時のルアーの動きが最適化されます。

スネコン飛距離UPのためのタックル選び

スネコンの飛距離を最大化するためには、適切なタックル選びが重要です。ロッドはキャスト時の力を効率よく伝えるために、MH以上の硬さを持つものが推奨されます。また、リールも適切なラインキャパシティとギア比を持つものを選ぶと良いでしょう。

風の影響を受けにくいキャストのコツ

いいね
いいね
野球に似たイメージです。ライナーだと風の影響を受けにくいです。

風の影響を受けにくくするためには、いくつかのコツがあります。まず、低めのキャストを心がけることで、風の影響を最小限に抑えることができます。また、キャスト時にリリースポイントを調整し、ルアーが風に対して斜めに飛ぶようにすることで、飛距離を保つことができます。さらに、ラインの太さや種類を選ぶ際にも、風の影響を考慮することが重要です。

【まとめ】

  • スネコンシリーズは優れた飛距離性能を持つルアーです。
  • 重心移動構造により、キャスト時の飛行姿勢が安定し、遠投が可能です。
  • 各モデルの特徴と飛距離性能を比較し、釣りのスタイルやターゲットに応じた最適なサイズを選びましょう。
  • スネコン220Sと180Sは大型魚狙いに最適で、圧倒的な飛距離を実現します。
  • スネコン150S、130S、90S、50Sは、それぞれのサイズに応じた飛距離と使いやすさを兼ね備えています。
  • 正しいキャスティングテクニックとタックル選びで、スネコンの飛距離性能を最大限に引き出すことが重要です。
こんな記事もおすすめ
\prime会員なら最短翌日に無料でお届け/
Amazonで購入
\prime会員なら最短翌日に無料でお届け/
Amazonで購入