【釣具レビュー/比較】 PR

TGベイト釣れるカラーの選び方とは?買うべきおすすめカラー

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

釣りの準備万端、遊漁船の予約も済ませたあなた。でも、購入したTGベイトのカラーバリエーションが気になる方も多いのでは?この記事では、TGベイトの釣れるカラーを徹底解説します。カタクチ、マイワシ、ピンク、ブルピンといった人気のカラーの特徴や効果的な使い方を紹介し、釣果を最大限にUPさせるためのアドバイスを提供します。

 

がっかり…
がっかり…
悔いは残したくない。できる限りの準備をして出かけよう。

 

この記事を読んでわかること
  • 必須カラー
  • 持っておくべきカラーバリエーション
  • カラー別アクション方法
イワシ、ピンク系がおすすめ

AmazonでTGベイトを探す

TGベイト釣れるカラーの選び方

TGベイト釣れるカラーの選び方

カタクチカラーの特徴と効果

カタクチカラーの特徴と効果

 

いいね
いいね
イワシカラーは絶対持っておくべき基本カラーです。

TGベイトのカタクチカラーは、非常に人気のあるナチュラル系カラーです。このカラーは、リアルな魚の姿を模倣しており、特にベイトフィッシュが小さい状況で効果を発揮します。カタクチイワシを模したデザインは、自然な泳ぎを演出し、警戒心の強い魚にもアピールします。

また、このカラーは様々な状況に対応できるため、どの釣り場でも使用可能です。特に、ベイトがカタクチイワシである場合、その効果は絶大です。カタクチカラーを使うことで、自然な形でターゲットに近づくことができ、釣果を上げることができます。

【不安解消】TGベイト代用を徹底解説!他にも使える優秀なジグ一覧TGベイトは持っているけど不安な方に向けた代用品紹介記事。コソジグ、BOZLES TGイエヤス、ウロコジグなど、TGベイトと同様に釣れるおすすめジグを詳しく解説します。...

マイワシカラーが釣れる理由

マイワシカラーが釣れる理由

 

good
good
カタクチ、マイワシは必須カラー。

マイワシカラーもまた、TGベイトの中で人気の高いナチュラル系カラーの一つです。このカラーは、実際のマイワシの色合いを忠実に再現しており、ターゲットフィッシュにとって非常に魅力的です。特に、透明度の高い水質や晴天時に効果を発揮します。

マイワシカラーは、魚の警戒心を和らげる効果があり、捕食活動が活発でない魚をも引き寄せる力があります。そのため、釣り場や天候に関わらず、幅広く使用することができます。特に、青物や底物を狙う際に、このカラーは非常に効果的です。

ピンクカラーの使用シーン

ピンクカラーの使用シーン

 

つりぐっど
つりぐっど
ここからは好みになりますがあれば余裕が出ますね。バリエーションがないと常に不安になる…

ピンクカラーは視認性が高く、特に曇りの日や夕方などの光量が少ない状況で効果を発揮します。このカラーは、ターゲットに対するアピール力が強く、遠くからでも魚に気づかせることができます。特に、活性が低い魚を刺激して反応を引き出すことができるのが特徴です。

ピンクカラーは、青物だけでなく、根魚やヒラメなどの底物にも有効です。特に、フォール中のアピール力が高く、ヒット率を上げることができます。また、他のカラーとのローテーションで使用することで、釣果をさらに伸ばすことができます。

ブルピンカラーで釣果アップ

ブルピンカラーで釣果アップ

 

残念…
残念…
自然においては急に天候が変わる…そんな時にこれがあれば…

ブルピンカラーは、青とピンクのコントラストが特徴で、非常に視認性が高いカラーです。このカラーは、特に青物に効果的で、多くのアングラーから支持されています。ブルピンカラーは、水中での視認性が高いため、曇りの日や濁りのある水中でもアピール力を保つことができます。

また、ブルピンカラーはターゲットの活性が低い状況でも、その目立つカラーリングで反応を引き出すことができます。このカラーを使用することで、青物や底物の反応を引き出し、釣果を大幅にアップさせることができます。

ターゲット魚種別おすすめカラー

ターゲット魚種別おすすめカラー

 

  • 青物・ブルピンカラー
  • 底物・カタクチ、マイワシカラー
  • »Amazonで探す
ターゲット別にカラーチョイス

AmazonでTGベイトを探す

ターゲット魚種によって、効果的なカラーは異なります。例えば、青物にはブルピンカラーやピンクカラーが非常に有効です。これらのカラーは視認性が高く、活性が高い青物にアピールする力があります。一方、底物や根魚を狙う場合には、カタクチカラーやマイワシカラーが効果的です。これらのナチュラル系カラーは、魚の警戒心を和らげ、自然な形でアプローチすることができます。

ターゲット魚種に応じたカラー選びをすることで、釣果を最大限に引き出すことができます。釣り場の状況やターゲットの行動パターンを考慮しながら、適切なカラーを選択しましょう。

ブローウィン80sの代用ルアー5選:使いこなすための条件とは? ブローウィン80Sの代用ルアーを探している方へ。シマノ サイレントアサシン 80Sやダイワ ショアラ...

釣り場の状況に応じたカラー選び

釣り場の状況に応じたカラー選び

 

いいね
いいね
ポイントについていたらなぜか濁っていることがあります…

釣り場の状況に応じたカラー選びも重要です。例えば、透明度の高い水質ではナチュラル系カラーが効果的です。カタクチカラーやマイワシカラーは、自然な魚の姿を再現し、ターゲットの警戒心を和らげます。一方、濁りのある水質や光量が少ない状況では、視認性の高いピンクカラーやブルピンカラーが効果的です。

また、天候や時間帯によっても効果的なカラーは変わります。晴天時にはナチュラル系カラー、曇りの日や夕方には視認性の高いカラーを選ぶことで、釣果を最大限に引き出すことができます。

つりぐっど
つりぐっど
定番カラーに加えて天候、濁りに対応できるカラーがあると安心

季節ごとのカラーの使い分け

季節ごとのカラーの使い分け

季節によっても、効果的なカラーは異なります。例えば、春や秋にはベイトフィッシュが豊富で、ナチュラル系カラーが効果的です。これらの季節には、カタクチカラーやマイワシカラーを使用することで、自然なアプローチが可能になります。

一方、夏や冬には魚の活性が変わり、視認性の高いカラーが有効です。夏にはピンクカラーやブルピンカラーを使用して活性の高い魚を狙い、冬にはフォール中のアピール力が高いカラーを選ぶことで、釣果を伸ばすことができます。季節に応じたカラーの使い分けをすることで、年間を通じて高い釣果を得ることができます。

TGベイトのカラー活用法

TGベイトのカラー活用法

 

いいね
いいね
持っているだけでは釣果をUPさせれません…高価的な使い方もマスターして差をつけよう。

ナチュラル系カラーの効果的な使い方

ナチュラル系カラーの効果的な使い方
  • ゆっくりとしたリトリーブやフォール

ナチュラル系カラーは、ターゲットの警戒心を和らげる効果があります。これらのカラーは、実際の魚の姿を忠実に再現しており、自然な泳ぎを演出します。特に、透明度の高い水質や晴天時には、ナチュラル系カラーが非常に効果的です。

ナチュラル系カラーを使用する際は、ゆっくりとしたリトリーブやフォールを織り交ぜることで、ターゲットに自然なアプローチが可能です。これにより、警戒心の強い魚をも引き寄せることができます。

視認性の高いカラーのメリット

視認性の高いカラーは、特に光量が少ない状況や濁りのある水質で効果を発揮します。ピンクカラーやブルピンカラーは、遠くからでも魚に気づかせることができ、活性の低い魚を刺激する力があります。

これらのカラーは、アピール力が強いため、活性の低い魚を引き寄せる効果があります。また、他のカラーとのローテーションで使用することで、釣果をさらに伸ばすことができます。視認性の高いカラーを適切に活用することで、釣りの成功率を高めることができます。

カラーローテーションの重要性

カラーローテーションは、釣りにおいて非常に重要です。同じカラーを使い続けると魚が慣れてしまい、反応が鈍くなることがあります。そのため、複数のカラーをローテーションで使用することで、魚に新鮮なアピールを続けることができます。

例えば、カタクチカラーからピンクカラーに切り替えることで、異なるアプローチが可能になります。これにより、魚の反応を引き出しやすくなり、釣果を伸ばすことができます。カラーローテーションを取り入れることで、釣りの幅を広げることができます。

各カラーの特性と適したアクション

  • 定番カラー・フォールが効果的
  • 視認性カラー・早めのリトリーブやシャクリが効果的
  • »Amazonで探す

各カラーにはそれぞれ特性があり、それに応じた適したアクションがあります。例えば、カタクチカラーはゆっくりとしたリトリーブフォールが効果的です。これは、自然な魚の動きを再現するためです。

一方、ピンクカラーやブルピンカラーは、早めのリトリーブやシャクリが効果的です。これらのカラーは視認性が高く、アピール力が強いため、活発に動かすことで魚を引き寄せることができます。各カラーの特性を理解し、適したアクションを行うことで、釣果を最大限に引き出すことができます。

カラーチェンジで釣果を最大化する方法

カラーチェンジで釣果を最大化する方法
残念…
残念…
いくつかカラーバリエーションがないと太刀打ちできないことがあります…

カラーチェンジは、釣果を最大化するための重要なテクニックです。同じポイントで反応が鈍くなった場合、カラーを変更することで新たな反応を引き出すことができます。例えば、ナチュラル系カラーから視認性の高いカラーに切り替えることで、魚の興味を引くことができます。

カラーチェンジを行う際は、周囲の状況やターゲットの反応を観察しながら行うことが重要です。適切なタイミングでのカラーチェンジが、釣果を大きく左右します。カラーチェンジを積極的に行い、釣果を最大化しましょう。

初心者におすすめのカラー選び

いいね
いいね
予算的なこともあると思いますが派手なカラーを買うならまずは定番のカタクチカラーやマイワシカラーなどのナチュラル系カラーを購入しましょう。

初心者には、まずカタクチカラーやマイワシカラーなどのナチュラル系カラーをおすすめします。これらのカラーは、自然なアプローチがしやすく、様々な状況に対応できるため、初心者でも使いやすいです。

また、視認性の高いピンクカラーやブルピンカラーもおすすめです。これらのカラーは、魚に対するアピール力が強く、釣果を上げやすい特徴があります。初心者は、これらの基本的なカラーを揃え、釣り場や状況に応じて使い分けることで、効果的に釣りを楽しむことができます。

TGベイトのカラー選びは、釣果を大きく左右する重要な要素です。各カラーの特性を理解し、状況に応じた使い分けを行うことで、釣りの成功率を高めることができます。初めての方も、この記事を参考にして効果的なカラー選びを実践してみてください。

【まとめ】

持っておくべきカラー
  • カタクチカラー:ナチュラル系でベイトフィッシュが小さい状況に効果的。
  • マイワシカラー:警戒心の強い魚を引き寄せ、透明度の高い水質で有効。
  • ピンクカラー:視認性が高く、曇りの日や夕方に効果的。
  • ブルピンカラー:青とピンクのコントラストが青物に効果的。
  • ターゲット魚種別カラー選び:青物にはブルピン、底物にはカタクチやマイワシ。
  • 釣り場の状況に応じたカラー選び:透明度や光量に応じてカラーを変える。
  • 季節ごとのカラー使い分け:春秋はナチュラル系、夏冬は視認性の高いカラー。
  • ナチュラル系カラーの使い方:ゆっくりとしたリトリーブやフォール。
  • 視認性の高いカラーのメリット:光量が少ない状況や濁りのある水質で効果。
  • カラーローテーションの重要性:魚に新鮮なアピールを続ける。
  • 初心者におすすめのカラー選び:まずはナチュラル系カラー、次に視認性の高いカラー。
こんな記事もおすすめ
\prime会員なら最短翌日に無料でお届け/
Amazonで購入
\prime会員なら最短翌日に無料でお届け/
Amazonで購入