【釣具レビュー/比較】 PR

【中級者以上】エリアトラウトのハイギアリールの選び方[2024]

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

エリアトラウト釣りを楽しむ中級者以上の皆さんへ、今回はハイギアリールの魅力とそのメリットについて詳しく解説します。既に自分のタックルを持っているけれど、異なるスペックのタックルが気になっている方も多いのではないでしょうか。

ハイギアリールを導入することで、釣りのスタイルや効率がどのように変わるのか、その具体的な利点をお伝えします。この記事を読むことで、エリアトラウトの釣りの幅が広がります。

いいね
いいね
あくまでサブ機として準備しパターンにハマったら一気に手返しよく釣果が出せるのがハイギアのメリットです。

※ハイギアリールのスペック、使い方を学び自分のスタイルに合ったサブ機を選択しましょう。

この記事を読んでわかること
  • ハイギアリールとは何か
  • ハイギアリールの選び方

ハイギアリールのおすすめモデル

[ダイワ]エリアトラウトおすすめハイギアリール

20レブロス LT2000S-XH

20ダイワレブロスLT2000S-XHは、初心者に最適なスピニングリールです。重さ215g、最大ドラグ力5kg、ギア比6.2:1。手軽に使える性能が特徴です。

いいね
いいね
思ったより軽い

23レガリス LT2000S-XH

23ダイワレガリスLT2000S-XHは、高コストパフォーマンスが魅力のスピニングリールです。重さ205g、最大ドラグ力5kg、ギア比6.2:1。バランスの良い性能が魅力です。

[シマノ]エリアトラウトおすすめハイギアリール

23ストラディックC2000SHG

シマノ23ストラディックC2000SHGは、高性能で信頼性の高いスピニングリールです。重さ190g、最大ドラグ力3kg、ギア比6.0:1。精密な操作が可能です。

21ナスキーC2000SHG

シマノ21ナスキーC2000SHGは、高コストパフォーマンスが特徴のスピニングリールです。重さ220g、最大ドラグ力3kg、ギア比6.2:1。初心者にも最適です。

17セドナ C2000HGS

シマノ17セドナC2000HGSは、高耐久性を持つスピニングリールです。重さ235g、最大ドラグ力3kg、ギア比6.2:1。長時間の使用にも耐えられます。

[早見表]エリアトラウトおすすめハイギアリール

商品名特徴重量最大ドラグ力ギア比ベアリング数ラインキャパシティハンドル価格(税込)
【ダイワ】20レブロス LT2000S-XH初心者向け215g5kg6.2:15+14lb-150m片側7,500円
【ダイワ】23レガリス LT2000S-XH高コスパ205g5kg6.2:15+14lb-150m片側9,000円
【シマノ】23ストラディックC2000SHG高性能190g3kg6.0:16+14lb-130m片側18,000円
【シマノ】21ナスキーC2000SHG高コスパ220g3kg6.2:14+14lb-150m片側10,000円
【シマノ】17セドナ C2000HGS高耐久性235g3kg6.2:13+14lb-150m片側8,500円

 

エントリーモデルとハイエンドモデルの違い

  • 素材と耐久性の違い。
  • ドラグ性能の差。
  • 巻き心地と感度の違い。

エントリーモデルとハイエンドモデルの違いは、釣り具選びにおいて重要なポイントです。まず、素材と耐久性の違いが挙げられます。エントリーモデルはコストを抑えるために、比較的安価な素材が使用されることが多いです。一方、ハイエンドモデルは高品質な素材を使用しており、耐久性に優れています。

次に、ドラグ性能の差があります。エントリーモデルのドラグシステムは基本的な構造であることが多く、細かい調整が難しい場合があります。しかし、ハイエンドモデルは精密なドラグシステムを搭載しており、滑らかなドラグ出しが可能です。これにより、細いラインを使用する釣りでも、ラインブレイクを防ぎやすくなります。

さらに、巻き心地と感度の違いも重要です。エントリーモデルは内部のギアやベアリングの品質が限られているため、巻き心地が粗く感じることがあります。一方、ハイエンドモデルは高精度のギアと多くのベアリングを使用しており、非常に滑らかな巻き心地と高い感度を提供します。これにより、ルアーの動きや魚のアタリをより敏感に感じ取ることができます。

good
good
性能を重視するならハイエンドモデル

エリアトラウトでのハイギアリールの使い分け方

  • シチュエーションに応じた選択が重要。
  • 使用するルアーの種類に合わせる。
  • 魚の活性状況に応じた使い分け。

エリアトラウトでのハイギアリールの使い分けは、釣りの成果を大きく左右する重要なポイントです。まず、シチュエーションに応じた選択が重要です。エリアトラウトでは、場所や天候、時間帯によって釣りの条件が大きく変わります。これに応じてハイギアリールを使い分けることで、効率的な釣りが可能になります。

次に、使用するルアーの種類に合わせることが大切です。例えば、ミノーやトップウォータールアーを使用する場合、ハイギアリールはその特性を最大限に活かすことができます

これにより、素早い動きやラインスラッグの処理が容易になり、アクションの幅が広がります。一方、スプーンやクランクベイトのような一定速度でのリトリーブが求められるルアーには、ノーマルギアやローギアのリールが適しています。

さらに、魚の活性状況に応じた使い分けも重要です。魚の活性が高い場合、ハイギアリールを使用することで、迅速な対応が可能となり、バイトチャンスを逃しにくくなります。逆に、活性が低い場合やデッドスローで誘う必要がある場合には、低ギアリールが効果的です。このように、状況に応じてリールを使い分けることで、釣果を最大化することができます。

いいね
いいね
活性がいい時はハイギアで手返しよく一気に釣る

エリアトラウトでの釣りを成功させるためには、シチュエーション、ルアーの種類、魚の活性状況を考慮してハイギアリールを適切に使い分けることが重要です。これにより、釣りの効率が向上し、より多くの魚をキャッチすることが可能になります。

初心者におすすめのハイギアリールとは

  • 扱いやすさと軽量設計。
  • 価格帯が手頃でコストパフォーマンスが高い。
  • 基本性能が優れていること。

初心者におすすめのハイギアリールとは、まず扱いやすさと軽量設計が重要です。初心者が長時間使用しても疲れにくいリールを選ぶことで、釣りの楽しさを長く維持できます。軽量でありながらも頑丈な設計のリールは、初心者にとって理想的です。

次に、価格帯が手頃でコストパフォーマンスが高いリールを選ぶことがポイントです。初めてのリールに高額な投資をするのはリスクがあるため、1万円前後で購入できるモデルが適しています。この価格帯であれば、十分な性能を持ちながらも手軽に購入できるため、エントリーモデルとして最適です。

good
good
1万円前後がおすすめ

また、基本性能が優れていることも初心者にとって重要です。例えば、滑らかなドラグ性能やスムーズな巻き心地は、釣りの快適さを大きく向上させます。特にドラグ性能が優れているリールは、魚とのやり取りをスムーズに行えるため、ラインブレイクのリスクを減少させます。

初心者におすすめのハイギアリールとして、シマノの「ナスキーC2000SHG」やダイワの「レブロスLT2000S-XH」などが挙げられます。これらのリールは、軽量かつ頑丈な設計で、価格も手頃です。さらに、基本性能が優れているため、初心者でも安心して使用できます。これにより、釣りの楽しさを存分に味わうことができるでしょう。

エリアトラウトハイギアリールの選び方

ハイギアリールの基本情報とメリット

  • ハンドル1回転での巻き取り量が多いリール。
  • ルアーの操作や回収が速くなる。
  • 主に素早い動きが求められる釣りに適している。

ハイギアリールとは、リール内部のギア比が高く、ハンドル1回転あたりのラインの巻き取り量が多いリールを指します。具体的には、ハンドルを1回転させると、ローターやスプールが6回以上回転し、迅速にラインを巻き取ることができます。このため、ルアーの操作や回収が速くなるという特徴があります。

まず、ハイギアリールは、ルアーの操作性を高める点が挙げられます。ミノーやトップウォーターなど、素早く動かす必要があるルアーを使う場合に、素早くラインを回収できることで、より正確なアクションが可能になります。

次に、手返しが良くなる点も重要です。釣り場でルアーを素早く回収できるため、キャストの回数を増やし、より多くの魚にアプローチすることが可能です。特に、限られた時間内での釣果を求める場合には、この点が大きなメリットとなります。

最後に、ラインスラッグを迅速に処理できるという利点があります。ボトムフィッシングなど、ラインが緩む状況でも、ハイギアリールなら素早くラインを張ることができ、バイトに対する反応が速くなります。

※釣れすぎトラウトスピナー記事はこちら

ハイギアリールのデメリット

  • スローリトリーブが難しい。
  • 巻きの重さが増す。
  • 巻きムラが発生しやすい。

ハイギアリールのデメリットには、いくつかの重要な点があります。まず、スローリトリーブが難しいことが挙げられます。ハイギアリールはハンドル1回転での巻き取り量が多いため、ゆっくりとした巻き取りが求められる釣りには不向きです。スプーンやクランクベイトを一定速度でリトリーブする際に、スピードのコントロールが難しくなります。

次に、巻きの重さが増すという点もデメリットです。ハイギアリールはギア比が高いため、巻き取り時に必要な力が大きくなります。特に、大型の魚を相手にするときや長時間の釣りでは、腕や手首にかかる負担が増え、疲労がたまりやすくなります。

さらに、巻きムラが発生しやすいことも問題です。ハイギアリールは一回の巻き取り量が多いため、一定速度で巻くことが難しく、結果としてラインのテンションにムラが生じやすくなります。これが原因で、ルアーのアクションが不自然になり、魚のバイトを逃すことがあります。

ミノーの使用に適しているハイギアリール

いいね
いいね
繊細なアクションでバイトに即時対応できる

ミノーの使用に適したハイギアリールには、いくつかの特長があります。まず、素早いラインスラッグの回収が可能である点が挙げられます。ミノーを使用する際、トゥイッチやジャークといったアクションでラインが緩むことが多いため、ハイギアリールなら素早くラインスラッグを回収し、常にテンションを保つことができます。

次に、繊細なアクションを維持できるという点も重要です。ミノーは細かな動きが求められるルアーですので、ハイギアリールを使うことで、その動きを正確に再現することが可能です。素早い巻き取りにより、アクションのレスポンスが良くなり、魚に対してより自然な動きを演出できます。

さらに、バイトに対する即時対応が可能である点もメリットです。魚がルアーにバイトした瞬間に、迅速にラインを巻き取ることで、フッキングの成功率を高めることができます。特に、活性の高い魚が素早くアプローチしてくる場合に、ハイギアリールの速さが大いに役立ちます。

ボトムフィッシングにおけるハイギアリールのメリット

  • ラインスラッグの迅速な処理。
  • デジ巻き時のテンポ維持。
  • 魚のバイトに対する即時対応。

ボトムフィッシングにおけるハイギアリールのメリットは、効率的な釣りを実現するための重要な要素です。まず、ラインスラッグの迅速な処理が可能な点が挙げられます。ボトムフィッシングでは、ルアーが底に接触するたびにラインが緩むことが多いため、ハイギアリールを使用すると素早くラインを回収し、テンションを保つことができます。

次に、デジ巻き時のテンポ維持が重要です。ボトムフィッシングでは、ルアーを一定のリズムで動かし続けることが求められます。ハイギアリールは高い巻き取り速度を持つため、テンポよくデジ巻きを行い、魚に対して常に魅力的なアクションを提供することができます。

さらに、魚のバイトに対する即時対応が可能である点も利点です。ボトムフィッシングでは、魚がルアーにバイトする瞬間に素早くラインを巻き取る必要があります。ハイギアリールの高い巻き取り速度により、即座にラインを張り、確実なフッキングを実現することができます。

スローリトリーブにはハイギアリールは不向き?

  • 一定速度での巻き取りが難しい。
  • 巻きムラが発生しやすい。
  • 魚の警戒心を誘発しやすい。

スローリトリーブにはハイギアリールは不向き?という疑問に対して、いくつかの理由が挙げられます。まず、一定速度での巻き取りが難しい点が大きな要因です。ハイギアリールはハンドル1回転での巻き取り量が多いため、ゆっくりとした速度で巻くことが求められるスローリトリーブでは、速度のコントロールが難しくなります。

次に、巻きムラが発生しやすいという問題があります。ハイギアリールは高速巻き取りに適しているため、スローリトリーブ時にはハンドルの回転にムラが生じやすくなります。この巻きムラにより、ルアーの動きが不自然になり、魚に違和感を与えてしまう可能性があります。

さらに、魚の警戒心を誘発しやすい点も考慮すべきです。スローリトリーブは、魚が警戒心を持たずにルアーに近づくために有効な手法です。しかし、ハイギアリールでは一定速度でのリトリーブが難しいため、ルアーの動きが不自然になり、魚が警戒心を抱きやすくなります。

こんな記事もおすすめ
\prime会員なら最短翌日に無料でお届け/
Amazonで購入
\prime会員なら最短翌日に無料でお届け/
Amazonで購入