【釣具レビュー/比較】 PR

ダイソールアーロッドでアジングはやめとけ!優秀な格安ロッドを紹介

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

アジングを始めるにあたり、ダイソーのルアーロッドで挑戦しようと考える方も多いでしょう。しかし、結論から言えば、ダイソーのロッドでのアジングはおすすめできません。理由は感度や耐久性に欠けるため、アジの微細なアタリを感じ取りにくいからです。少し予算を上げて、5000円前後のアジングロッドを購入することを強くおすすめします。これにより、より満足のいく釣り体験が得られるでしょう。

この記事を読んでわかること
  • ダイソーロッドの評価
  • 優秀な格安アジングロッド
コスパ◎

5000円以下の優秀アジングロッドを探す

ダイソールアーロッドアジングやめとけ

ダイソールアーロッドアジングやめとけ

ダイソールアーロッドの魅力と限界

つりぐっど
つりぐっど
※この記事はあくまで個人的な意見です。

ダイソーのルアーロッドは、その価格の安さで多くの人々を魅了しています。1100円(税込)で手に入るルアーロッドは、コストを抑えたい初心者や試しに使ってみたい方には魅力的です。価格が安いため、気軽に購入できる点は大きなメリットです。しかし、その低価格には理由があり、アジングには適さない点がいくつかあります。

ダイソールアーロッドは、耐久性や感度に問題があります。アジングは微細なアタリを感じ取り、正確に合わせることが求められますが、ダイソールアーロッドではその感度が不足しています。

がっかり…
がっかり…
海で使用するとガイドがすぐ錆びます…

アジングにおける感度の重要性

つりぐっど
つりぐっど
特にサイズの小さい鯵はあたりがわからないです…

アジングは、アジの微細なアタリを感じ取り、確実にフッキングすることが求められる釣りです。そのため、ロッドの感度や操作性が非常に重要となります。感度が高いロッドを使用することで、アジがルアーに触れた瞬間を逃さずに捉えることができます。

さらに、操作性が良いロッドは、アジを誘うための細かなアクションを容易に行うことができます。

[2024]ダイワルアーニスト完全レビュー:自分に合ったモデルの選び方とスペック解説ダイワのルアーニストシリーズの各ロッドを徹底解析。トラウト、バス、アジからシーバスまで、各釣り種に最適なモデルの特徴、メリット、デメリットを詳細に解説します。釣り具選びの参考にしてください。...

耐久性の低さがアジングに向かない理由

特に、海で頻繁に使用することでジョイント部やガイド部分が破損(錆)しやすくなります。

耐久性が低いロッドは、釣りの最中にトラブルを引き起こす可能性が高く、結果として釣果にも悪影響を与えます。

ダイソールアーロッドのコストパフォーマンス

ダイソールアーロッドのコストパフォーマンス
いいね
いいね
長期的に使用するならおすすめしません。

ダイソールアーロッドは、1100円(税込)という価格で購入できるため、コストパフォーマンスが高いと思われがちです。しかし、アジングに必要な性能を考えると、そのコストパフォーマンスは低いと言わざるを得ません。感度や耐久性に欠けるため、頻繁に使用することで追加の費用が発生する可能性が高まります。

また、初期投資を抑えたつもりでも、後々のメンテナンスや買い替えが必要になることを考えると、結果的に高コストになることもあります。アジングを楽しむためには、初期投資を少し増やしてでも、適切なロッドを選ぶことが重要です。

ダイソールアーロッドを使うメリットとデメリット

good
good
初めての釣りにはおすすめです。

ダイソールアーロッドを使用するメリットとしては、購入しやすい価格と手軽さが挙げられます。試しに使ってみたい、初心者が最初に手に取るロッドとしては適しています。また、軽量で持ち運びがしやすい点も魅力的です。

しかし、デメリットとしては、前述の通り感度や耐久性の低さが挙げられます。アジングにおいては、これらの要素が欠けていると釣果に影響が出るため、初心者であっても長く楽しむことが難しくなります。結果的に、満足のいく釣り体験を得ることが難しいでしょう。

【代替】おすすめの格安アジングロッド

H.Bコンセプト「W HUNTER AJING」

H.Bコンセプト「W HUNTER AJING」
いいね
いいね
2000円高いけど絶対おすすめ。

H.Bコンセプトの「W HUNTER AJING」は、3000円台で購入できるアジングロッドで、コストパフォーマンスに優れています。このロッドは、ソリッドティップとチューブラーティップの2本のティップが付属しており、状況に応じて使い分けることができます。ソリッドティップは軽量ジグヘッドに適し、チューブラーティップは重めのジグヘッドに対応しています。

このロッドの特徴は、感度の高さと操作性の良さです。アジの微細なアタリを逃さずに捉えることができ、フッキングも容易です。耐久性も高く、長期間使用しても安心して使える点が魅力です。

プロマリン「CBソルティーラガーライト」

プロマリン「CBソルティーラガーライト」
good
good
釣りに行く頻度が多くなるならおすすめです。

プロマリンの「CBソルティーラガーライト」は、4000円以下で購入できるアジングロッドで、特に初心者におすすめです。このロッドは、7.3ftの長さで、キャストのしやすさと操作性のバランスが良い点が特徴です。白く塗装されたロッドは、暗闇でも視認性が高く、夜釣りでも安心して使用できます。

このロッドの魅力は、オールラウンドに対応できる点です。アジングだけでなく、メバリングや他のライトゲームにも使用できるため、一本で多様な釣りを楽しむことができます。耐久性も高く、長期間使用しても安心して使える点が魅力です。

その他コストパフォーマンスに優れたロッドの紹介

その他コストパフォーマンスに優れたロッドの紹介

 

コストパフォーマンスに優れたロッドとして、H.Bコンセプトの「W HUNTER AJING」とプロマリンの「CBソルティーラガーライト」を紹介しましたが、他にも多くの優れたロッドがあります。例えば、OGKの「アジスティック68L」ソルフィエスタの「ONSHORE AJI 55L-S」などもおすすめです。

これらのロッドは、いずれも3000円~5000円の価格帯で購入でき、感度や操作性、耐久性に優れています。アジングを始める方にとって、これらのロッドはコストパフォーマンスが高く、長期間使用しても満足のいく釣り体験を提供してくれます。

初心者でも扱いやすいアジングロッドの特徴

初心者でも扱いやすいアジングロッドの特徴としては、軽量で操作性が良いことが挙げられます。軽量なロッドは、長時間使用しても疲れにくく、細かなアクションも行いやすいため、初心者にとって非常に扱いやすいです。

H.Bコンセプトの「ライトステップII アジング60S」やシェアーズの「ROCKBRAVE バルクタイプ 6.3f」などは、初心者でも扱いやすいアジングロッドとしておすすめです。これらのロッドは、感度や操作性に優れており、初めてのアジングでも満足のいく釣果を期待できます。

【まとめ】

コスパ◎

5000円以下の優秀アジングロッドを探す

  • ダイソーのルアーロッドは低価格で魅力的だが、アジングには不向き
  • 感度が低く、アジの微細なアタリを感じ取りにくい
  • 耐久性に問題があり、長期間の使用には適さない
  • 5000円前後のアジングロッドがおすすめ
  • H.Bコンセプト「W HUNTER AJING」やプロマリン「CBソルティーラガーライト」などが優秀
  • これらのロッドは感度、操作性、耐久性に優れ、初心者でも満足のいく釣りが楽しめる
こんな記事もおすすめ
\prime会員なら最短翌日に無料でお届け/
Amazonで購入
\prime会員なら最短翌日に無料でお届け/
Amazonで購入