【レジャー特集】 PR

【日間賀島】と【篠島】どっちがいい⁉︎究極の島選びガイド

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

愛知県の名古屋からほど近い日間賀島篠島は、美しい自然と豊かな海の幸に恵まれた島々です。どちらの島も訪れる価値があり、「食べる、遊ぶ、癒される」ことを求める旅行者にとって理想的な選択肢となっています。しかし、「日間賀島と篠島どっちがいい?」と悩む方も多いでしょう。この記事では、それぞれの島が提供するユニークな体験や魅力を比較し、あなたの旅行スタイルに合った島選びの手助けをします。両方の島にはそれぞれ異なる魅力があるため、何を求めているかによって最適な選択が変わってきます。日間賀島の活気ある雰囲気で多彩なグルメやアクティビティを楽しみたい方、篠島の静かな環境で自然に囲まれて心身ともに癒されたい方、この記事を通じてあなたの旅の目的に最適な島を見つけてください。

この記事のポイント
  • 特徴と魅力を比較
  • 代表的なグルメ
  • 宿泊施設の種類と予算
  • アクセス方法

【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!

日間賀島と篠島どっちがいい⁉︎ さまざまな角度で比較

  • 日帰りプランの比較
  • 宿泊プランの比較
  • 観光スポットを比較
  • 名産を比較

日帰りプランの比較

項目日間賀島篠島
アクセス名古屋から高速船で約10分名古屋から高速船で約20分
主な観光スポットタコのモニュメント、サンセットビーチキラキラ展望台、恋人の聖地
グルメタコ料理、フグ料理新鮮な海の幸、特に鯛としらす
体験活動釣り体験、海水浴のんびり散歩、自然体験
お土産タコ関連グッズ、フグのぬいぐるみしらす製品、鯛の加工品
滞在の雰囲気賑やかで活気がある静かでリラックスできる

日間賀島と篠島、どちらも愛知県にある魅力的な離島ですが、日帰りプランを立てる際にはそれぞれの特徴を押さえておくことが重要です。日間賀島は、名古屋からアクセスしやすく、活気あふれる漁村の文化と豊富な海産物が楽しめます。特に、タコやフグといった海の幸が有名で、海辺でのバーベキューや海産物を味わうレストランが多く点在しています。また、家族連れにはビーチや短いトレイルが楽しめ、日間賀島特有の自然の美しさを堪能できます。

一方、篠島はもっと静かで、のどかな漁村の風情を感じられる場所です。鯛やしらす、そして近年注目のカキなど、地元の新鮮な魚介類を堪能できる点は日間賀島と共通していますが、篠島はよりリラックスした時間を過ごしたい方にお勧めです。また、伝統的な篠島の宿泊施設では、地元の素材を活かした料理を提供しており、ゆっくりと島の時間を味わうことができます。

要するに、日間賀島は活動的でエネルギッシュな日帰り旅を楽しみたい方に、篠島は静寂と自然を愛する旅行者にそれぞれ適しています。どちらの島もそれぞれの魅力があり、訪れる目的や好みに応じて選ぶことが大切です。

宿泊プランの比較

項目日間賀島篠島
平均宿泊料金(1泊2食付き)15,000円〜20,000円12,000円〜18,000円
高級宿泊施設の料金30,000円〜50,000円25,000円〜40,000円
民宿・格安宿泊施設の料金6,000円〜10,000円5,000円〜9,000円
宿泊プランの多様性豊富標準
宿泊施設の数多いやや少なめ

日間賀島と篠島での宿泊プランを比較する際、各島の特色と提供されるサービスに注目する必要があります。日間賀島は、観光客に向けた多様な宿泊施設が特徴で、家族向けのリゾートホテルからカップルに人気の温泉旅館まで幅広く選択肢があります。多くの施設が海の幸をふんだんに取り入れた料理を提供し、活気ある島の雰囲気を楽しむことができます。また、日間賀島には夜を楽しむためのバーやイベントも豊富で、宿泊を通じて島の文化を体験できるプランも人気です。

対照的に、篠島の宿泊施設は、静かで落ち着いた時間を過ごすことに重点を置いています。小規模ながら心温まるおもてなしを提供する民宿や、自然を身近に感じられる宿泊施設が中心です。篠島では、穏やかな海を眺めながら新鮮な魚介類を堪能できる食事プランが魅力。また、篠島特有の穴子やカキなど、地元の特産品を使った料理を楽しむことができます。

総じて、日間賀島はダイナミックな体験と充実した設備を求める旅行者に、篠島は静かで自然に溶け込むような滞在を望む人に適しています。どちらの島もその地域ならではの魅力を宿泊プランに反映しており、訪れる人々に忘れられない体験を提供しています。

観光スポットを比較

日間賀島の人気観光スポット篠島の人気観光スポット
タコのモニュメントキラキラ展望台
ハイジのブランコ神明神社
ドルフィンビーチあなごの宿 三船亭
日間賀島灯台篠島海水浴場
安楽寺八王子社

日間賀島と篠島、二つの島は愛知県に属し、それぞれ独自の観光スポットを持つことで知られています。日間賀島では、海の幸を堪能できる「海鮮市場」や、名物の「タコとフグ」をテーマにしたモニュメントが訪れる人々を楽しませます。

さらに、家族連れに人気の「サンセットビーチ」では、夏場には水遊びやサンセットを楽しむことができます。一方、篠島は、自然の美しさを保持しつつ、歴史的な「神明神社」や「八王子社」などの静かな神社があり、訪れる人々に落ち着きと和の文化を感じさせます。また、「篠島灯台」からの景色は、訪問者に開放的な海の景色と対照的に静寂な時間を提供します。

このように、日間賀島は活動的で楽しいアトラクションが豊富にあり、観光客にエネルギッシュな体験を提供します。対照的に篠島は、自然と歴史を大切にする静かな時間を過ごしたい人に適しています。それぞれの島が持つ独特の魅力は、訪れる人々に忘れがたい印象を与えるでしょう。どちらの島も、美しい景色、豊かな自然、地元の文化を体験したいと考えている旅行者には魅力的な選択肢となります。

名産を比較

日間賀島と篠島、どちらも愛知県に属し、豊かな海の恵みに恵まれた島ですが、それぞれ特色ある名産品があります。日間賀島は「タコ」と「フグ」の名産地として有名です。タコは特に肉厚で、そのプリプリとした食感が好評であり、フグは繊細な味わいが特徴で、多くの食通を魅了しています。一方、篠島は「しらす」や「真鯛」、「あなご」の名産地として知られており、特にしらすは日本一の漁獲量を誇り、その新鮮さが評価されています。真鯛は、その上質な味わいが、伊勢神宮への奉納品としても選ばれるほどです。また、篠島のあなごは、独特の甘みとふっくらとした食感が特徴で、地元で人気の高い料理の一つです。

これらの名産品は、それぞれの島の飲食店やお土産店で楽しむことができ、島ならではの新鮮な海の幸を味わうことができます。日間賀島と篠島、どちらも海の幸を楽しみたい方には外せない観光地であり、それぞれの島が持つ独自の魅力を存分に味わうことができるでしょう。

【日間賀島】賑やかな雰囲気でショップも多数

日間賀島は、そのアクセスの良さと豊かな自然環境で知られる愛知県の人気観光地です。名古屋市内からも近く、日帰りで訪れる旅行者にとっても魅力的な島です。特に、島の賑やかな雰囲気と多様なショップの存在は、訪れる人々に多彩な体験を提供します。

島内には、新鮮な海の幸を扱う飲食店が多く、地元で獲れたタコやフグを使った料理を提供する店舗が特に人気です。また、観光客向けのお土産店では、日間賀島ならではの特産品や工芸品を手に入れることができ、その種類の豊富さには目を見張るものがあります。

さらに、日間賀島には小さながらも個性的なカフェや雑貨店が点在しており、散策しながら新たな発見を楽しむことができます。島のどこを歩いても、地元の人々の温かなおもてなしと活気あふれる雰囲気に触れることができるでしょう。

賑やかながらもどこか懐かしい雰囲気を持つ日間賀島は、訪れる人々に心地よい時間を提供します。観光スポットとしての魅力はもちろん、地元の生活にふれあえる機会も多く、島ならではの魅力を存分に味わうことができるのです。

【篠島】静かに流れる時間と自然が魅力

篠島は、愛知県南知多町にある静寂と自然が魅力の離島です。名古屋から船で約30分とアクセスしやすい場所にありながら、訪れる人を別世界のような落ち着いた雰囲気で迎えます。この島の最大の魅力は、都会の喧騒から離れ、自然と共に静かに流れる時間を過ごせることにあります。

篠島は美しい海岸線と豊かな自然に恵まれており、季節ごとに異なる自然の美しさを堪能することができます。特に、海水浴シーズンには透明度の高い海での水泳やマリンスポーツが楽しめ、釣りやウォーキング、サイクリングなどアウトドア活動の拠点としても人気です。

また、島内には歴史ある神社や自然を活かした観光スポットも点在し、篠島の歴史や文化に触れることもできます。地元の漁師が捕れたばかりの新鮮な魚介を提供する飲食店もあり、篠島ならではの美味を味わうことが可能です。

静かでゆったりとした時間を過ごしたい人、自然の中で心身をリフレッシュしたい人にとって、篠島は最適な選択肢です。日々の忙しさを忘れさせてくれる篠島の自然と、そこで過ごす穏やかな時間は、訪れる人々にとってかけがえのない宝物となるでしょう。

日間賀島と篠島どっちがいい⁉︎おすすめの選び方

  • 【日間賀島】グルメ
  • 【篠島】海の幸
  • 【日間賀島】でアクティブに過ごす
  • 【篠島】でのんびり過ごす
  • 日帰りおすすめプラン
  • 【まとめ】日間賀島と篠島どっちがいい⁉︎

【日間賀島】で楽しむ多彩なグルメ

日間賀島は、愛知県に属し、美味しい海の幸で知られる小さな島です。この島のグルメは、新鮮な海産物を中心に、訪れる人々に多彩な美味しさを提供します。特に有名なのは、島の象徴である「タコ」と「フグ」です。日間賀島のタコは、その肉厚で味わい深い食感が特徴で、刺身、たこ焼き、またはシンプルに茹でて楽しむことができます。また、フグ料理も島の特色あるグルメの一つで、フグ刺しやフグ鍋など、さまざまな調理法でその繊細な味わいを堪能することができます。

さらに、日間賀島では、釜揚げしらすやアナゴなど、他にも多くの魚介類が豊富に水揚げされ、地元の食材を活かした料理が多数存在します。地元で捕れた新鮮な魚介を使った海鮮丼は、島を訪れた際にはぜひ味わいたい一品です。島内には、これらの美味しい食材を提供する飲食店が数多くあり、島ならではの美味しい料理を気軽に楽しむことができます。

また、地元の漁師が営む民宿では、家庭的な海の幸をふんだんに使った手作りの料理を提供しており、観光客に人気です。日間賀島での食事は、ただ食べるだけではなく、地元の人々の暖かさや海の恵みを感じることができる貴重な体験となります。

日間賀島で楽しむグルメは、その多彩さと新鮮さ、そして地元の人々の手による温かみある料理が魅力です。この小さな島でしか味わえない美味しさを、ぜひ訪れて体験してみてください。


【篠島】で味わう新鮮な海の幸

篠島は愛知県南知多町にある、自然豊かな離島です。この島は、特に「鯛」「しらす」「ふぐ」「蛸」「あなご」など、新鮀な海の幸で知られています。篠島の鯛は、その甘みとしっかりした肉質で知られ、伊勢神宮に奉納されるほどの品質を誇ります。また、しらすは春から夏にかけての旬の時期に、釜揚げしらすとして地元の食卓を彩ります。篠島では、これらの海の幸を使った料理を提供する飲食店が多く、訪れる人々に新鮮な味わいを提供しています。

ふぐ料理も篠島の冬の味覚として人気があり、厳しい寒さの中で獲れる天然のとらふぐは格別の味わいを楽しむことができます。蛸はその柔らかさと甘みが特徴で、地元では丸茹でやたこ飯など、さまざまな料理で楽しまれています。あなごは、特に夏から秋にかけての旬に、その柔らかくてジューシーな味わいが楽しめます。

篠島を訪れたら、地元の漁師直営の食堂や、海の幸をふんだんに使った料理を提供する旅館で、これらの新鮮な海の幸を堪能することがおすすめです。自然の恵みが豊富な篠島では、四季折々の海の幸を味わいながら、島ならではのゆったりとした時間を過ごすことができます。篠島での食事は、新鮮な海の幸を直に感じることができる、忘れられない体験となるでしょう。

【日間賀島】でアクティブに過ごす

インスタ映えするポイント5選
  • 西港のにっしーと東港のがっしー:日間賀島のシンボルとも言える、タコのモニュメントです。それぞれ右手と左手を挙げていて、ピンクのハートマークが隠れています。
  • ハイジのブランコ:日間賀神社の東側の高台にある、海に向かってブランコをこぐスポットです。風を感じながら、絶景を楽しめます。
  • ドラえもんのどこでもドア:サンライズビーチに置かれた、ピンク色の扉です。海や島の風景を背景に、どこでもドアに入ってみたい気分になります。
  • たこの駐在所:西港前の通りの一番南側にある、タコの形をした建物です。実際に駐在さんが住んでいるそうです。タコの顔がとても愛嬌があります。
  • タコとフグのマンホール:島内にある、タコとフグの絵が描かれたマンホールです。かわいいデザインで、見つけるのも楽しいです。
この投稿をInstagramで見る

m i h o(@hiraco)がシェアした投稿

日間賀島は、活動的な旅行を楽しみたい方にとって理想的な目的地です。この島は、その美しい海岸線、豊かな自然、そして多様なアクティビティで知られています。まず、島の海岸沿いには、散策やサイクリングに最適な道が広がっており、島の美しい景色を満喫できます。レンタサイクルサービスも充実しており、島の各所を自由に探索することが可能です。

店名場所料金備考
いこい西港1時間 550円子供用や子乗せ自転車もあり
いこい東港1時間 550円子供用や子乗せ自転車もあり

※レンタル竿もあるので釣りもできます。

また、日間賀島では、海水浴やシュノーケリング、ダイビングなどの水中アクティビティも楽しめます。特に夏季には、透明度の高い海で色とりどりの魚や珊瑚を観察することができ、水中の世界を存分に体験できます。加えて、釣り愛好家にとっても魅力的なスポットが多く、岸からでも船からでも、タコやフグなど、地元で有名な海の幸を釣り上げることができます。

アクティブな休暇を求める方には、日間賀島が提供する自然の中での体験が、忘れられない思い出を作ることでしょう。日間賀島では、体を動かしながら島の美しさを感じることができるので、アウトドア活動を楽しみたい方には特におすすめの場所です。

【篠島】でのんびり過ごす

インスタ映えするポイント5選
  • 篠島サンサンビーチ:白い砂浜と青い海が美しい海水浴場です。夕陽が落ちる時の景色は絶景で、恋人の聖地のハートのモニュメントもあります。
  • 歌碑公園:篠島を詠んだ万葉集の歌碑が建つ公園です。展望台からは三河湾や松島などが一望できます。日本の夕陽百選にも選ばれています。
  • 太一岬 キラキラ展望台:篠島の最南端にある展望台です。伊勢湾を見渡せる絶景スポットで、恋人の聖地としても認定されています。鳥居は伊勢神宮の古材を使っています。
  • 神明神社:1200年以上の歴史を持つ神社です。伊勢神宮の遷宮により下賜された古材を使っています。縁結びのご利益もあると言われています。
  • 釣り天国:愛知県唯一の海上釣堀です。篠島港から船で約10分で行けます。鯛やフグなどの魚が釣れます。釣った魚は持ち帰ることもできます。

篠島は、のんびりとした時間を過ごしたい方にとって、まさに理想の場所です。この島は静けさと自然の美しさが魅力で、都会の喧騒から離れて心身ともにリラックスしたい方に最適です。篠島の美しい海岸線は散歩や瞑想に最適で、静寂に包まれた環境での時間は、日常のストレスから解放される絶好の機会となります。

この島では、地元の漁師から直接新鮮な魚介類を購入し、自然の中でピクニックを楽しむこともできます。また、島内には、温かいおもてなしの民宿や小さなレストランが点在しており、地元の料理を味わうことができます。特に、篠島の新鮮な海の幸は絶品で、静かな環境の中で食べる食事は格別の味わいがあります。

島の中心部から少し足を延ばせば、古くからの神社や自然豊かな公園も訪れることができ、篠島の歴史や文化を感じることができます。さらに、夕日が海に沈む景色は、篠島での滞在をより特別なものにしてくれるでしょう。

篠島でのんびりと過ごすことは、心のリフレッシュにぴったりです。自然の美しさの中で過ごすゆったりとした時間は、忙しい日常を忘れさせ、心を穏やかにしてくれます。

日帰りおすすめプラン

出発地目的地大人(片道)子供(片道)
師崎港日間賀島1,300円650円
師崎港篠島1,200円600円
日間賀島篠島1,500円750円

※名鉄高速船

日間賀島と篠島、両方を訪れるなら、効率的かつ充実した日帰りプランをおすすめします。まずは早朝、名古屋から出発し、日間賀島へと向かいます。名古屋からは車や公共交通機関で河和港または師崎港へアクセスし、そこから高速船で日間賀島へ渡ります。日間賀島では、朝の新鮮な空気を感じながら、島の名物であるタコやフグを堪能し、活気あふれる地元の市場を散策するのがおすすめです。

昼過ぎには日間賀島を出発し、次は篠島へ。篠島へは師崎港から高速船またはフェリーでアクセス可能です。篠島では、のどかな島の風景を背景に、新鮮な海の幸を楽しむランチタイムを過ごします。また、篠島はしらすや穴子など、独自の美味しさを持つ海産物が豊富で、それらを使った料理を堪能できます。

午後は篠島の自然を満喫しましょう。静かなビーチでの散歩や、島の神社でのんびりとした時間を過ごすのがおすすめです。また、篠島の魅力は何と言っても、美しい夕日です。帰りの船の時間に合わせて、絶景の夕日を見ながら一日を締めくくります。

このプランでは、両島の異なる魅力を存分に味わうことができます。日間賀島の賑やかさと篠島の穏やかさ、それぞれの島の美味しい食べ物と自然の美しさを楽しむことができるでしょう。ただし、船の時間と移動の計画をしっかりと立て、時間管理に注意してください。

【穴場満載】愛知県サビキ釣りスポットを厳選して紹介愛知県内のサビキ釣り穴場スポットを厳選紹介。混雑を避けるコツ、期待できる釣果、必要な装備、安全な釣り方まで、初心者から上級者まで楽しめる情報満載です。...

【まとめ】日間賀島と篠島どっちがいい⁉︎

日間賀島と篠島、どちらが訪れる価値があるのかは、あなたの求める旅のスタイルによって異なります。日間賀島は賑やかな雰囲気とショップの多さが特徴で、アクティブに過ごしたい方にぴったり。一方で、篠島は静かに流れる時間と自然の美しさが魅力で、のんびりとした休日を過ごしたい方に最適です。

日間賀島では、多彩なグルメを楽しみながら、タコやフグといった地元の名産を味わうことができます。また、アクティブに過ごすための観光スポットも豊富にあります。一方、篠島では、新鮮な海の幸を堪能し、自然の中でゆったりとした時間を過ごすことが可能です。また、篠島の夕日は格別の美しさを誇ります。

両島ともに日帰りや宿泊プランが充実しており、それぞれ異なる魅力を持っています。日間賀島は賑やかな島でアクティブな体験を求める方に、篠島は静かで自然豊かな島でリラックスしたい方におすすめです。また、時間が許せば日帰りで両島を訪れるのも一つの方法です。

最終的にどちらが良いかは、あなたが何を求めているかによります。アクティブに楽しみたいのか、それとも静かな自然の中でリフレッシュしたいのか。あなたの好みと旅の目的に合わせて、日間賀島と篠島のどちらか、または両方を訪れてみてください。

【初心者必見】サビキ釣りで釣れない[原因と対策法]を学んで釣果UPサビキ釣りで釣果が出ないと悩む初心者から経験者までを対象に、釣れる時間帯の選び方、釣れない時間の対処法、爆釣の仕掛け、夜のサビキ釣りのコツなど、釣れない原因とその解決策を詳しく解説します。...
こんな記事もおすすめ
\prime会員なら最短翌日に無料でお届け/
Amazonで購入
\prime会員なら最短翌日に無料でお届け/
Amazonで購入