釣具/レジャー PR

【爆釣液】の正しい使い方と効果。最強エサ作り方(自作)も解説

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

釣り愛好家の間で「爆釣液」の効果が話題となっています。その見た目は少々怪しいかもしれませんが、この特殊な液体が本当に魚を釣り上げる助けになるのか、多くの釣り人が疑うことでしょう。しかし、正しい知識と使い方を身につければ、爆釣液はただのアイテムではなく、釣果を大きく左右する強力なツールに変わります。この記事では、爆釣液がどう使われるべきか、その効果の真実、そしてコスパに至るまで詳細に解説していきます。爆釣液の使い方一つで、釣りの成果が大きく変わることを知ってください。

この記事のポイント
  1. 爆釣液とは何か
  2. 自作方法
  3. 使用方法
  4. 漬け込み時間
つりぐっど
つりぐっど
見た目結構怪しいと思っていましたが…知る人ぞ知るアイテムです。

↓爆釣液ランキング↓

押江込蔵】 爆釣液 アミノスメルリキッド

魚はアミノ酸を多く含むえさを探し求めると知られています。アミノ酸の匂いと味を独自に凝縮した イエロー爆釣液は魚を引き寄せ捕食へ導きます。化学的根拠を合わせ持った理想的な爆釣液です。

‎イエロー
サイズ‎600g
素材‎アミノ酸
用途‎オールラウンド

Amazonで購入公式ページ

ユーザー
ユーザー
釣りなので、これさえあればの魔法の液ではない。
クロダイ釣りで、餌を10分程も浸している。
ヒットの有無、数で統計の目で見て大差が出てい
る。 明らかに、アタリ、ヒットに繋がり易いと
言える。 エサ取りを押しのけて餌を拾いに近寄
るクロダイに餌を届ける強いメンタルとエサ取り
に食い散らかされる様子の把握をできる観察眼は
必須となる。入れがかりする程もクロダイの魚影
が濃くはない過酷な釣り場で、釣りを成立させる
必須アイテムとして常用している。
とまれダメな潮まわりではダメだ。
ユーザー
ユーザー
ヤリイカ用にササミを漬け込んで乾燥させてみました。問題なくUV発光してくれます!
押江込蔵】パワーアップ爆釣液 オキアミ専用紫外線発光

パワーアップ爆釣液につけ込みされたオキアミはプリッシャキに仕上りイエロー色・匂い・味が魚へインパクトを与え捕食へと導きます。解凍したオキアミ汁を捨ててから必ず身が液に浸かる位につけ込んで下さい。つけ込み時間は3時間位がベスト。 つけ込み後常温保存が可能です。

‎イエロー
サイズ‎225g
素材‎アミノ酸
用途‎オキアミ専用

Amazonで購入公式ページ

ユーザー
ユーザー
期待通りの良い品物でした。
ユーザー
ユーザー
漬け込むと固くなりすぎて食いがめちゃくちゃ悪くなります。使い物にならない餌になっても良ければ漬け込んで下さい。
押江込蔵】爆釣液アミノスメルリキッド

魚はアミノ酸を多く含むえさを探し求めると知られています。アミノ酸の匂いと味を独自に凝縮した ブルー爆釣液は魚を引き寄せ捕食へ導きます。化学的根拠を合わせ持った理想的な爆釣液です。

‎ブルー
サイズ‎120g
素材‎アミノ酸
用途‎オールラウンド

Amazonで購入公式ページ

ユーザー
ユーザー
まぁ釣り人の自己満足アイテムと理解して、キンメ釣りに使用しています。効果は無いよりはマシなのかなぁ。

※4位はRED

爆釣液の効果と基本情報

  • 基本情報
  • オリジナルエサの作り方(自作)
  • 使い方
  • 漬け込み時間

爆釣液の基本情報

会社名所在地電話番号
株式会社ブレイン東京都港区芝浦3-4-1 芝浦アイランドグローブタワー03-3456-7890

爆釣液は、釣りの際に使用される特殊な液体で、主成分としてアミノ酸を含んでいます。このアミノ酸が、魚の嗅覚を刺激し、エサへの興味を引き寄せることにより釣果を向上させるとされています。市場には、様々なタイプの爆釣液が存在し、色や香り、成分の違いによって魚種ごとの効果に特化した製品が開発されています。使用方法はシンプルで、直接エサに塗布したり、エサに混ぜて使用したりします。ただし、使用する際には、対象とする魚種や釣りをする環境に合わせて適切な爆釣液を選ぶことが重要です。また、過剰に使用すると逆効果になることもあるため、製品の指示に従って適量を守ることが肝心です。

爆釣液でオリジナルエサの作り方(自作)

  1. スーパーマーケットで購入したむきえびを冷凍状態から解凍します。
  2. 解凍したむきえびをタッパーに移し、塩をかけて水分を抜きます。
  3. むきえびに塩をかけた後、タッパーの中でよく揉み込み、余分な水分を捨てます。
  4. タッパーに集魚剤、にんにく、はちみつ、マルキューアミノ酸αを加え、よく混ぜ合わせます。
  5. 混合した集魚剤にむきえびを漬け込み、一晩冷蔵庫で寝かせた後、釣行時に使用します。

爆釣液を自作することで、釣りの楽しみがさらに広がります。基本的に、爆釣液の自作にはアミノ酸を豊富に含む成分が必要です。市販のアミノ酸サプリメントや魚介類から抽出したエキスが適しています。手始めに、小さな容器にアミノ酸サプリメントの粉末を入れ、そこに水またはエタノールを少量加えて溶かします。この溶液に、さらに魅力を加えるために、ガーリックパウダーやイカスミ、ビタミンB群などの魚が好む成分を加えると良いでしょう。混合物が均一になったら、エサに直接塗布するか、エサが浸る程度の容器に入れて漬け込みます。重要なのは、使用する前にしっかりと混ぜ合わせることと、魚種や釣り場の環境に合わせて成分を調整することです。自作の爆釣液は、既製品にはないオリジナリティを出すことができ、釣りの成功率を高める秘訣となり得ます。

爆釣液の使い方

  • エサに直接混ぜ込む: 爆釣液をエサに直接混ぜ込み、魚の食欲を刺激する。
  • 餌木(ルアー)に塗布する: ルアーやジグに爆釣液を塗布し、自然な匂いを付けることで警戒心の強い魚を誘う。
  • マキエに添加する: 釣り場で使用するマキエ(撒き餌)に爆釣液を加え、広範囲から魚を集める。
  • フックベイトの浸漬: エサを爆釣液に浸漬し、数時間から一晩置いてから使用することで、持続的な効果を発揮させる。
  • 浮き餌への応用: パンやチーズなどの浮き餌に爆釣液を含ませ、表層を泳ぐ魚種に対するアピールを強化する。

爆釣液の使い方を理解することは、その効果を最大限に引き出す鍵となります。まず、釣りたい魚種や釣り場の状況に応じて、適切な爆釣液を選びましょう。たとえば、淡水域でのブラックバス釣りには、甘い香りを放つ爆釣液が、海釣りでのマダイやアジを狙う場合には、塩味の強いものやアミノ酸を多く含むタイプが適しています。

使用する際には、エサに直接爆釣液を塗布するか、エサを爆釣液に浸すことで、その効果を発揮します。塗布する量は少量から始め、魚の反応を見ながら徐々に調整していくことが重要です。過剰に使用すると、逆効果となる場合があるため、注意が必要です。

また、爆釣液はエサだけでなく、ルアーや仕掛けにも使用できます。ルアーに塗布することで、自然な魚の餌の匂いを再現し、魚の興味を引きつけやすくなります。仕掛けに使用する際には、糸や針に爆釣液を軽く塗り、魚を誘う効果を狙います。

爆釣液を使用する際には、その成分や効果をよく理解し、釣りの状況に合わせた適切な使い方を心掛けることが、成功への近道となります。

爆釣液漬け込み時間

爆釣液漬け込み時間は、使用する爆釣液の種類や目的の魚種、さらには釣行する環境によって大きく異なります。一般的に、エサを爆釣液に漬け込む際の基本的な時間は、短くても15分から30分程度。これは、エサが爆釣液の成分を適度に吸収し、その効果を発揮するための最低限必要な時間です。しかし、より強烈な匂いを求める場合や、長時間効果を持続させたい状況では、数時間から一晩漬け込むこともあります。

漬け込み時間を決める際には、ターゲットとする魚の活性や水温、水質も考慮する必要があります。例えば、水温が低く魚の活性が低い時期には、より長時間漬け込むことで、魚を誘う匂いや味を強化すると良いでしょう。逆に、活性が高い時期や、匂いに敏感な魚種を狙う場合には、短時間の漬け込みで十分な効果が期待できます。

また、漬け込む容器や温度も重要な要素です。室温で漬け込む場合と冷蔵庫で漬け込む場合では、爆釣液の成分がエサに浸透する速度が異なるため、目的に応じて適切な方法を選びましょう。

爆釣液を利用する際は、これらのポイントを踏まえ、最適な漬け込み時間を見極めることが、釣果向上の鍵となります。

爆釣液を活用した釣りのテクニックと効果

  • 釣果アップさせる漬け込み方
  • 使用した釣りのコツ
  • 種類と選び方
  • 使用時の注意点

釣果アップさせる漬け込み方

  1. 漬け込み液にエサを入れる前に、エサの水分を軽く拭き取り、漬け込み液がエサに均等に行き渡るようにする。
  2. 漬け込み時間は、エサの種類に応じて調整し、通常は12~24時間が理想的であることを覚えておく。
  3. 漬け込み後のエサは、使用しない分は冷蔵保存し、次回使用時にも鮮度を保つ工夫をする。

爆釣液の効果的な漬け込み方を知ることは、釣りの成功率を高める上で非常に重要です。まず、使用する爆釣液を選ぶ際には、ターゲットとする魚種や釣行の環境を考慮して、最適なタイプを選ぶことが重要です。例えば、淡水域でのブラックバス釣りには、アミノ酸や特定の香り成分を豊富に含んだ爆釣液が適しています。一方、海釣りでのターゲットが青物の場合は、塩分濃度が高く、魚を引き寄せる成分を含んだ爆釣液が有効です。

エサに爆釣液を漬け込む際には、容器に爆釣液を注ぎ、そこにエサを完全に浸すことが基本です。漬け込み時間は、短時間であれば15分程度、長時間であれば数時間から一晩が目安です。ただし、漬け込み時間が長すぎるとエサが崩れる場合があるため、エサの種類にも注意が必要です。

また、漬け込み後の爆釣液は、魚に対する誘引効果を最大限に発揮させるため、釣り場の水温や水質、季節に合わせて選択することが重要です。たとえば、水温が低い場合は、より強烈な香りの爆釣液を選ぶと良いでしょう。

効果的な漬け込み方をマスターすることで、爆釣液の魅力を最大限に引き出し、釣果を大幅に向上させることが可能になります。重要なのは、漬け込みの基本原則を理解し、それを自分の釣りスタイルや目的に合わせて応用することです。

爆釣液を使用した釣りのコツ

爆釣液を使用した釣りのコツを把握することは、釣りの成果を飛躍的に向上させる可能性を秘めています。最初に覚えておくべきポイントは、爆釣液の種類を正しく選ぶことです。釣りたい魚種や釣り場の環境に応じて、最適な成分を含む爆釣液を選択する必要があります。例えば、海水魚を狙う場合は塩分濃度が高めの液体を、淡水魚の場合は甘味や酸味を感じるタイプが効果的です。

爆釣液をエサに塗布する際には、均等に液体が行き渡るように注意しましょう。エサに直接塗布する方法以外にも、スプレータイプの爆釣液を使って軽く霧吹きすることも一つの手法です。これにより、エサの鮮度を保ちつつ、魚を引き寄せる効果を高めることができます。

また、爆釣液の量も重要です。過剰に使用すると魚が警戒してしまう場合があるため、使用量を調節し、状況に応じて少しずつ加減することがコツです。釣り場の水温や水質、季節に合わせて、爆釣液の種類や使用量を変えてみると良いでしょう。

釣りを始める前に、爆釣液を使って準備をすることで、魚の活性を高めることが期待できます。ただし、どの爆釣液も万能ではないため、実際の釣り場での反応を見ながら、最適な使い方を見つけ出すことが大切です。効果的な爆釣液の使用法をマスターすることで、釣りの楽しさと成功率を同時に高めることができます。

【トリックサビキ】はせこい⁉︎実は釣りの効率を極める最強サビキです「トリックサビキせこい」という疑問に答え、実エサを用いるトリックサビキの効果的な使い方、釣果の秘密、適切な使い分け方を徹底解説。釣りの効率を極めたいあなたへ。...

爆釣液の種類と選び方

爆釣液の種類特徴適用魚種使用シーンコストパフォーマンス
レッド爆釣液アミノ酸を豊富に含む淡水魚全般川釣り、湖釣り
イエロー爆釣液視覚効果を高める黄色い発色マダイ、シマアジ海釣り、磯釣り
ブルー爆釣液夜光効果で夜間釣りに最適イカ、アオリイカ夜釣り、船釣り
至上爆釣液最強の集魚力全魚種全ての釣りシーン

爆釣液の種類と選び方を理解することは、釣りの成果を大きく左右します。爆釣液には、主に「アミノ酸系」「フェロモン系」「ビタミン系」の3種類があり、それぞれが特定の魚種や環境に適しています。アミノ酸系は魚の食欲を刺激し、フェロモン系は魚の本能をくすぐり、ビタミン系は魚の健康状態を向上させる効果があります。

選び方のポイントは、まず狙う魚種を明確にすることです。海水魚と淡水魚では、好む成分が異なるため、ターゲットに合わせた爆釣液を選ぶ必要があります。次に、釣りを行う環境を考慮します。例えば、濁りの強い水域では、匂いで魚を引きつけるフェロモン系が効果的です。逆に、透明度の高い場所では、視覚的にアピールするカラーが入った爆釣液が適しています。

また、季節によって魚の活性が変わるため、季節ごとに最適な爆釣液を選ぶことも重要です。夏場は魚の代謝が活発になるため、食欲を刺激するアミノ酸系を、冬場は本能に訴えかけるフェロモン系を選択すると良いでしょう。

適切な爆釣液を選ぶことで、釣果を大幅に向上させることが可能です。しかし、どの爆釣液も全ての魚種や条件に対応しているわけではないため、実際に使用してみて、その効果を確認しながら、最適なものを見つける試行錯誤が求められます。

爆釣液使用時の注意点

  • 使用前に対象魚種と水域に合った爆釣液を選ぶこと。
  • 漬け込み時間を守り、過剰な使用を避けること。
  • 環境への影響を考慮し、適量を守ること。
  • 保存時は直射日光を避け、子供の手の届かない場所に保管すること。

爆釣液を使用する際には、いくつかの注意点があります。まず、使用する爆釣液が対象とする魚種や釣り環境に適しているかを確認することが重要です。すべての魚種や水域に万能な爆釣液は存在しないため、事前のリサーチが必要です。

次に、爆釣液の適切な使用量を守ることも大切です。過剰に使用すると、逆に魚を遠ざけてしまう場合があります。商品の指示に従い、推奨される量を守ってください。また、爆釣液を餌やルアーに均等に塗布することで、魚を効果的に誘引できます。

さらに、爆釣液は自然環境や他の生物に影響を及ぼす可能性があるため、使用後は適切に処理することが求められます。釣り場のルールや地域の規制にも注意し、環境に配慮した使用を心がけましょう。

爆釣液は保存状態にも注意が必要です。直射日光や高温多湿を避け、冷暗所で保管することで、品質を長持ちさせることができます。不適切な保管は、爆釣液の効果を低下させる原因となります。

これらの注意点を守ることで、爆釣液を安全に、かつ効果的に使用することが可能です。爆釣液は釣りをより楽しく、成功率を高めるためのツールですが、正しい知識と使用法が重要となります。

【愛知県】バチ抜けシーバスを釣り‼︎おすすめの時期と時間帯バチ抜けシーバスを成功させるための詳細ガイド。最適な時期、時間帯、場所の選び方、おすすめのタックルとルアー、基本の釣り方とテクニックまで初心者にもわかりやすく解説します。 ...

【まとめ】爆釣液の効果

【まとめ】爆釣液の効果は、適切な使用法と理解に基づいているときに最大化されます。爆釣液は魚の嗅覚を刺激し、特定の魚種を誘引するために設計された化学物質です。その効果は、魚種、使用環境、漬け込み時間、および爆釣液の種類によって異なります。爆釣液を使うことで、特に難易度の高い環境や大型魚を狙う際に釣果を向上させることが可能です。しかし、その使用には適切な知識が必要で、過剰な使用や不適切な使用法は逆効果を招くこともあります。また、爆釣液を使う際には、環境への配慮と適切な保管方法を守ることが重要です。

爆釣液の選び方には、狙う魚種や釣りの種類に合わせて最適なものを選ぶことが肝心です。例えば、海水魚には塩分に強い爆釣液が、淡水魚には甘味やアミノ酸を含んだ爆釣液が適しています。また、爆釣液の漬け込み時間は、餌に爆釣液が十分に浸透するのに十分な時間を確保することで、より高い誘引効果を得ることができます。

このように、爆釣液は釣りをする上で有力なツールとなり得ますが、その効果を最大限に引き出すためには、魚種や釣り環境に応じた適切な選択と使用方法が不可欠です。また、爆釣液の使用は釣り人の倫理観と環境保護の観点からも、慎重に行うべきです。

こんな記事もおすすめ