【釣具レビュー/比較】 PR

【堤防青物】思考停止でタダ巻くだけで青物が釣れる「都合のいいルアー」とは

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

「ただ巻き」というテクニックの基本とその応用方法について解説しています。ただ巻きとは、リールを均一に巻き続けることでルアーを一定速度で水中を移動させ、青物のような捕食本能が強い魚に対してルアーを逃げる小魚と認識させる方法です。

記事では、ただ巻きのコツ、青物が好むスピードの理解、季節や天候に応じたルアーの選び方、さらには青物がルアーに反応しない時の対処法までを詳しく説明しています。これらの知識は、青物釣りをより効率的かつ楽しむための重要なポイントを提供しています。

https://tsurigood.com/daiwaru-lure-catcher

【堤防青物】思考停止でタダ巻くだけで青物が釣れる

ただ巻きとは:基本から理解する

  • 一定速度で巻く

ただ巻きはルアーフィッシングの基本テクニックの一つで、特に青物をターゲットにする際に効果的です。ただ巻きとは、リールを均等に巻き続けることでルアーを一定の速度で水中を移動させる方法です。

この単調な動作は、青物のような捕食本能が強い魚に対して、ルアーを逃げる小魚と認識させ、攻撃的な反応を引き出します。

ただ巻きのコツは、ルアーの泳層を理解し、狙いの魚がいるであろう水深でルアーを泳がせることです。また、リールの巻き速度を一定に保つことが求められ、これによりルアーは自然な泳ぎを見せます。ルアーの選択にも注意が必要で、青物が好むサイズや形状、カラーパターンを選ぶことが大切です。このテクニックを駆使することで、青物のGET率を高めることが可能です。

青物が好むただ巻きのスピードとは

青物が好むただ巻きのスピードを理解することは、効率よく魚を釣るために非常に重要です。青物は高速で移動するベイトフィッシュを捕食するため、ルアーの動きが速いほど自然な獲物に見え、強い反応を示します。ただし、あまりにも速すぎるとルアーに追いつけず、また遅すぎると警戒されてしまう可能性があります。

理想的な速度は、ルアーが最も自然に泳ぎ、かつ魚の捕食本能を刺激する範囲内で行う必要があります。通常、ミディアムからファストリトリーブが推奨され、ルアーによってはその速度を少し上下させることで、より良い反応が得られることがあります。

※一般的な目安としては、以下のようなスピードが推奨されています:

  • 低速・スロー:リールのハンドルを1秒間に1回転くらいまで
  • 中速:リールのハンドルを1秒間に1.5回転~2回転くらいまで
  • 高速・速巻き:リールのハンドルを1秒間に2回転以上
  • 特に活性が高い時は、全力で巻く

ただ巻きのスピードを保つコツ

  • リズム
  • 姿勢
  • 巻き取り量
  • 練習
  1. リズムを意識する:リールのハンドルを均等な力で、一定のリズムで回すように心がけます。これには、リールのギア比や自分の巻きやすい速度を知ることが大切です。
  2. 姿勢を安定させる:ロッドをブレさせないように、安定した姿勢で巻くことが重要です。これにより、力の入れ方が均一になり、スピードを一定に保ちやすくなります。
  3. 巻き取り量の変化に注意する:特にベイトリールを使用する場合、遠投先と手前で巻き取り量が異なることを意識し、スピードを調整します。
  4. 練習を重ねる:実際の釣りでこれらのコツを意識しながら練習を重ねることで、自然と一定のリトリーブスピードを保てるようになります。
https://tsurigood.com/embankment-nabla

季節、天候によるルアーの選び方

※季節によるルアー選択は以下の通りです

  • :水温が上昇し始める春は、青物の活性も高まります。この時期は、表層を意識したルアー選びが重要です。明るい色や反射するカラーのルアーが効果的です。
  • :夏は青物が最も活発に活動する季節です。水面近くでの反応が良いため、トップウォータールアーやペンシルベイトがおすすめです。
  • :秋は青物が越冬のために脂を蓄える時期で、食い気があります。この季節は、サイズが大きめのルアーや、魚の動きを真似たアクションのルアーが有効です。
  • :冬は青物の活性が低下します。スローフォール系のジグやただ巻きルアー、または重さを軽くしてフォールを遅くするルアーがおすすめです。特に夕マズメが狙い目とされています。

※天候によるルアー選択方法は以下の通りです

天候に関しては、晴れた日は光を反射するシルバーやブルーのルアーが、曇りや雨の日は視認性の高いピンクやオレンジのルアーが効果的です。また、濁りのある水では、ゴールドやチャートリュースなどの目立つカラーがおすすめ。

https://tsurigood.com/beginner-bluefish-fishing

青物がいるのに喰わない時の対処法

※青物がいるにも関わらずルアーに反応しない場合、以下の対処法を試してみてください

  1. ルアーサイズの変更:ベイトが小さい場合は、より小型のルアーを使用することで、青物の注意を引くことができます。
  2. カラーパターンの変更:クリアカラーやオールグローカラーを使うことで、ルアーのシルエットをぼかし、青物が警戒するのを防ぐことができます。
  3. トップウォーターのルアー:表層を狙うトップウォータープラグで泡を立てることで、青物の興味を引くことができます。
  4. アクションの変更:速巻きやトゥイッチなど、アクションを入れることで、リアクションバイトを誘発することがあります。
  5. レンジの変更:青物がいる水深が異なる可能性があるため、異なるレンジを狙ってみることが重要です。

これらの方法を試しながら、青物の活性や反応を見極めてください。状況に応じて柔軟に対応することが、釣果を上げる鍵となります。

ただ巻きジグ:青物に効くジャックアイシリーズ

青物釣り初心者が選ぶべきルアーの特徴

青物釣り初心者が選ぶべきルアーの特徴は、以下の通りです

  1. 青物専用に設計されているか:青物が掛かった際にフックが曲がったり、ボディが破損しないよう、太軸フックや強靭なボディを備えたルアーを選びましょう。
  2. 扱いやすさ:特に初心者には、ただ巻きするだけで効果を発揮するメタルバイブやスピンテールジグなど、簡単に扱えるルアーがおすすめです。
  3. ブレード付きルアー:ブレードは、ただ巻きするだけで「フラッシング(反射)」と「波動」を生み出し、青物を引き寄せる効果があります。ブレード付きのルアーは、近年特に人気があります。

これらの特徴を持つルアーを選ぶことで、初心者でも青物釣りで釣果を上げられる可能性がアップします。

https://tsurigood.com/the-value-of-natural-beauty

ジャックアイマキマキシリーズ

ジャックアイマキマキの種類は以下の通りです。

ジャックアイマキマキは、ハヤブサ社が製造する釣り用のメタルジグで、特にサーフフィッシングやショアジギングに適しています。その主な特徴は以下の通りです

  • ブレード付きメタルジグ:ジャックアイマキマキは、光を反射して強烈なフラッシング効果を生み出し、魚の注意を引くホロ貼りブレードが特徴です。
  • 投げて巻くだけ:このルアーは、ただ投げて巻くだけで様々な魚種を狙うことができ、使い方が非常にシンプルです。
  • 多彩なアクション:ただ巻きだけでなく、リフトアンドフォールやストップアンドゴー、軽めのジャークなど、多彩な誘いが可能です。
  • 飛距離:後方重心の設計により、安定した飛行姿勢で良好な飛距離を実現しています。
  • フォールアクション:フォール時には水平に近い姿勢でゆっくり沈み、ブレードが抵抗を受けるため、フォール中のバイトも拾いやすいです。

巻くだけ喰わせ系ジグヘッドワーム

ジャックアイ青物シャッドは、ハヤブサ社が開発した青物専用のジグヘッドワームで、ショアジギングに最適な特徴を備えています。以下はその主な特徴です:

 

  • 巻くだけの簡単操作:基本的なアクションは、ただ巻くだけで効果的です。高速巻きにも対応しており、青物攻略には欠かせない機能を持っています。
  • 3.5インチの絶妙なサイズ感:青物が喰いやすいとされる3.5インチのサイズで、メタルジグでは出せない「柔らかさ」を持っています。
  • 超低重心ヘッド:レンジキープ力に優れ、超高速巻きでもバランスが崩れにくい設計です。
  • ビッグデール3.5インチタフワーム:広範囲にアピールし、喰わせやすく、耐久性も高いです。
  • 6色展開:様々な状況に対応するため、複数のカラーバリエーションが用意されています。
https://tsurigood.com/sawara

カンタン巻くだけライトブレードジグ ジャックアイ 豆マキマキ

ジャックアイ豆マキマキは、ハヤブサ社が提供するライトゲーム用のブレードジグで、小型の青物やメバル、アジ、カマスなどのライトターゲットに適しています。以下はその主な特徴です:

 

  • ただ巻きで効果的:投げて巻くだけでブレードが回転し、ターゲットを引き寄せるシンプルな使い方が特徴です。
  • フォール時もアピール:フォール時にもブレードが回転し、バイトを誘発するため、アクティブな魚だけでなく、パッシブな魚にも効果的です。
  • リトリーブ速度の幅広い対応:スローからファストまで、幅広いリトリーブ速度に対応しており、様々な状況に適応できます。
  • 水平スイム姿勢:スイム姿勢が水平を保つため、よりナチュラルに誘うことが可能です。
  • フッキングのしやすさ:ブレードにはスイベルがセットされており、リアのフックとの干渉が少なく、フッキングが決まりやすい設計になっています。

ぶっ飛びふらふらスロージグジャックアイグロッキー

ぶっ飛びふらふらスロージグジャックアイグロッキーは、ハヤブサ社から発売されているジギング用ルアーで、特に遠投性能とスローフォールアクションに優れていることが特徴です。以下はその主な特徴です:

 

  • 遠投性能に優れたコンパクトボディ:空気抵抗が少なく、スロージグでありながら類を見ない飛距離を実現する設計です。
  • スイッチホロ:左右で異なるフラッシングを演出し、瞬間的な視覚変化により、ターゲットのリアクションを引き出します。
  • SABIKIアシスト:ジグのカラーにマッチした擬餌付きアシストを標準装備し、アピール力を高めながら違和感なくフックを喰わせます。
  • 多彩なカラーバリエーション:様々な状況に対応するため、複数のカラーバリエーションが用意されています。

木の葉が舞い落ちるようなスロージグらしいフォールアクションは、弱ったベイトを演出し、魚のバイトを誘発します。根が荒いエリアでも根掛かりしにくいフックセッティングで、磯やゴロタサーフ等活躍の場が幅広く、シチュエーションごとに攻略することができるルアーです。

カンタン巻くだけネクタイテールジグ ジャックアイ クネクネ

カンタン巻くだけネクタイテールジグ ジャックアイ クネクネは、ハヤブサ社が提供するジギング用ルアーで、特にショアジギングやスーパーライトジギングに適している製品です。以下はその主な特徴です:

 

ハヤブサ(Hayabusa)
¥780 (2024/05/24 17:58時点 | Amazon調べ)
  • ネクタイ独自の波動アピール:ネクタイから発生する波動が魚を寄せ、リアルな動きで誘います。
  • フィンテールネクタイ:飛距離ロスが少なく、ターゲットに対して効果的なアピールを行います。
  • タフティンコートフック:サビに強く、耐久性に優れたフックを採用しています。
  • スイッチホロ:左右で異なるフラッシングを演出し、ターゲットのリアクションを引き出します。
  • 多彩なカラーバリエーション:様々な状況に対応するため、6色のカラーバリエーションが用意されています。

これらの特徴により、ただ巻きするだけで、まるで生きているかのような艶めかしいアクションを演出し、青物はもちろん、根魚や真鯛、フラットフィッシュなど、多様なターゲットの喰い気を誘うことができます。

ジャックアイマキマキバイブ

 

ジャックアイマキマキバイブは、ハヤブサ社が提供する青物専用のメタルバイブで、特にショアジギングに適しています。以下はその主な特徴です:

  • ハイアピール腹ビレブレード:腹部にスウィング式のホログラムブレードを搭載しており、メタルバイブ本来のアクションに加えて、左右に揺れるブレードが相まって、高いアピール力を発揮します。
  • 肉厚ロングプレート:大型青物にも負けない肉厚1.2mmステンレスプレートを採用し、ロングボディを生み出すフラッシングが青物に強烈なアピールを行います。
  • 多様なラインアイ:4つのラインアイを自由に変えることができ、高速巻きはもちろん、ブレードにより超低速巻きでも圧倒的なアピール力を発揮し、あらゆるスピードに対応します。
  • 太軸トリプルフック:大型青物が掛かっても安心の太軸トリプルフックを標準装備し、錆びに強い防錆加工が施されています。
  • カラーバリエーション:様々な状況に対応するため、複数のカラーバリエーションが用意されており、選択肢が豊富です。

【まとめ】ただ巻きで青物を釣る

この記事では、青物釣りにおける「ただ巻き」テクニックの効果的な使用法や、季節や天候に合わせたルアー選び、さまざまなルアーの特性について詳しく説明されています。ただ巻きはリールを一定のリズムで巻き続けることでルアーを自然に泳がせ、青物の捕食本能を刺激する基本的な釣り技術です。

効果的なリトリーブ速度やルアーの選択、季節や天候に応じたルアーの使い分けが、成功の鍵となります。

こんな記事もおすすめ
\prime会員で最短翌日に 無料でお届け/
Amazonで購入
\prime会員で最短翌日に 無料でお届け/
Amazonで購入