【気になる記事】 PR

【潮干狩り】で採れる貝の価値は⁉︎1キロあたりの価格を調べてみた

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

潮干狩りで採れる様々な貝類、それぞれの1キロあたりの市場価格はどのように決まるのでしょうか? この記事では、特に人気の高い「蛤」「浅利」「バカ貝」「マテ貝」の4種類に焦点を当て、それぞれの貝の市場価格と個数、そして旬の時期と価格の関係性について詳しく掘り下げます。

  • 蛤: 約100円/個
  • 浅利: 約37円/個
  • マテ貝: 約166円/個
  • バカ貝: 約300円/個

つりぐっど
つりぐっど
いくら分の貝が採れたかな⁉︎

【潮干狩り】で採れる貝の価値は⁉︎

 

【蛤】1キロあたりの市場価格

  • 価格: 約2000円
  • 個数: 約20~30個

蛤は、日本全国で人気のある貝です。春が旬であり、この時期には特に新鮮で美味しい蛤が市場に多く出回ります。1キロあたりの価格は約2000円で、そのサイズによって個数は20~30個程度となります。

蛤の魅力は、独特の甘みとぷりぷりとした食感にあり、特に蒸し料理や味噌汁の具として高い評価を受けています。市場での価格は季節や漁獲量によって変動するため、旬の時期を狙うhttps://tsurigood.com/shizuoka-clam-hunting/ことがコストパフォーマンスも高くなります。

【浅利】1キロあたりの市場価格

  • 価格: 約1500円
  • 個数: 約40~50個

浅利は、砂地に生息するため砂抜きが重要なポイントです。1キロあたり約1500円で手に入り、その中には約40~50個のアサリが含まれています。アサリは、潮干狩りの主役とも言える貝で、特に春から夏にかけての季節に多く採れることが特徴です。

アサリの利用方法は多岐にわたり、味噌汁の他にもパスタやバター焼き</shttps://tsurigood.com/shihigari/pan>など、様々な料理に使われます。価格は安定しており、手軽に楽しめる貝として親しまれています。

【マテ貝】1キロあたりの市場価格

  • 価格: 約2500円
  • 個数: 約10~15個

マテ貝は、その大きさと風味の濃厚さで知られる貝です。市場価格は1キロあたり約2500円とやや高めですが、その価値は十分にあります。1キロで約10~15個の個数となり、大きい個体が多いことが特徴です。

マテ貝は煮物や酒蒸しなど、じっくりと火を通す料理に向いており、その旨味が存分に引き出されるために高級料亭などでも好んで使用されています。市場での需要は安定しており、質の高いマテ貝を求める声は常に高いです。

【バカ貝】1キロあたりの市場価格

つりぐっど
つりぐっど
バカ貝は割れやすいので一番上に乗せよう

  • 価格: 約3000円
  • 個数: 約5~10個

バカ貝、別名「青柳」は、その大きさと味わいで知られる高級貝です。市場での価格は1キロあたり約3000円で、その中には5~10個のバカ貝が含まれています。特に、バカ貝の肉厚な身は、独特の食感と潮の香りを持ち、料理人から高く評価されています。

この貝は、伊勢湾など特定の海域で採れるため、産地によって価格が変動することもあります。料理方法は蒸しや焼きが一般的で、その濃厚な味を活かす調理法が推奨されます。

旬の時期と価格の関係

  • 旬: 春〜初夏
  • 価格: 安定傾向

貝の市場価格は、旬の時期に大きく左右されます。多くの貝類がそうであるように、旬の時期には豊富な供給が見られるため価格が下がりやすいです。特にバカ貝の場合、春から初夏にかけてが最も美味しい時期とされ、この時期に市場に多く流通することから、比較的手頃な価格で購入が可能になります。

逆に、旬を過ぎると漁獲量が減少し、価格が上昇する傾向にあります。消費者は、旬の時期を見計らうことで、コストパフォーマンスの高い買い物が可能になります。

貝の保存方法

  • 保存温度: 0〜5℃
  • 保存期間: 短期間

貝類の保存は、鮮度を保つために非常に重要です。バカ貝のような大型の貝は、特に注意深く管理する必要があります。貝は冷蔵庫での低温保存が推奨され、最適な保存温度は0〜5℃です。冷蔵保存する際には、貝が生きている間は湿らせた新聞紙や海藻で覆い、適度な湿度を保つことが大切です。

しかし、保存期間は短く、購入後はできるだけ早く消費することが望ましいです。長期保存が必要な場合は、急速冷凍が有効ですが、解凍後の食感や風味の変化には留意が必要です。

 

 
 
こんな記事もおすすめ
\prime会員で最短翌日に 無料でお届け/
Amazonで購入
\prime会員で最短翌日に 無料でお届け/
Amazonで購入