釣具/レジャー PR

【どれを買えばいいの⁉︎】堤防釣りタモの長さの選び方ガイド

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

堤防釣りでは、予期せぬ大物を釣り上げた時の喜びは格別です。しかし、その大物を無事に陸に上げるためには、実際に適切なタモ網の長さを知っておく必要があります。特に初心者の方にとっては、堤防や磯での釣りに最適なタモ網の長さや値段がわからないことも多いでしょう。この記事では、「堤防釣りタモ長さ」というキーワードで検索している皆さんに向けて、大物を確実に釣った後に安全に取り込むためのタモ網選びのポイントを詳しく解説します。

つりぐっど
つりぐっど
タモない…そういう時に限って大物釣れるんだよなぁ…
この記事のポイント
  1. 堤防釣りに適したタモの長さの基準
  2. 愛知県の堤防のタモの長さの目安
  3. タモの値段と品質
  4. 堤防の高さに合わせたタモ選びのポイント

Amazonで探す

堤防釣りタモ長さの基準を知ろう

  • 【愛知県堤防釣り】タモの長さの目安
  • 【堤防釣り】で必要なタモの深さ
  • 【堤防釣り用】タモ値段の比較
  • 【堤防釣りタモ】おすすめのモデル選び
  • 【堤防釣りタモ】折りたたみ式が便利
  • フレーム形状の種類について

【愛知県堤防釣り】タモの長さの目安

場所推奨タモ網の長さ
南知多町 豊浜釣り桟橋6 ~ 7m
知多市 新舞子マリンパーク6 ~ 7m
美浜町 冨具崎港堤防6 ~ 7m
南知多町 大井漁港5 ~ 6m
常滑市 りんくう釣り護岸5 ~ 6m
武豊町 武豊緑地ファイザー岸壁5m
碧南市 碧南海釣り広場5m
吉良町 吉良サンライズパーク6m
田原市 赤羽根港5 ~ 6m
田原市 伊良湖港5 ~ 6m

 

愛知県の堤防釣りにおいて、タモ網の選択は成功のカギを握ります。地元愛知県の釣り場は、その地形の多様性から、タモ網の長さに特別な注意を払う必要があります。一般的に、愛知県の堤防では、5~7メートルのタモ網が推奨されます。この長さの範囲は、海面からの距離をカバーし、さまざまな種類の魚を安全に取り込むのに十分な柔軟性を提供します。特に、南知多町や知多市などの人気釣りスポットでは、この長さが有効です。しかし、具体的な釣り場の条件や目指す魚種によっては、長さを調整することが求められます。例えば、より高い堤防やテトラポットが多い場所では、より長いタモを選ぶことが賢明です。一方で、足場が安定しており、海面までの距離が短い場所では、操作性を考慮して短めのタモを選択することもあります。このように、愛知県での堤防釣りには、釣り場の特性を理解し、適切なタモ網を選ぶことが不可欠です。

【堤防釣り】で必要なタモの深さ

堤防釣りにおけるタモ網の深さは、釣りの成功率を大きく左右します。理想的な深さは、釣り上げる魚の種類や大きさに応じて変わりますが、一般的なガイドラインとして、深さ60cm以上が推奨されます。この深さがあれば、中から大型の魚も安全に取り込むことができます。特に、シーバスやハマチなど、体長が長く活発に動く魚種を狙う場合には、この深さがあることで、魚を網の中で安定させ、逃がすリスクを減らすことが可能です。しかし、深さがある分だけ、タモ網自体の取り扱いがやや複雑になり、特に風が強い日には扱いづらく感じることもあります。そのため、使用するタモ網の深さを選ぶ際には、釣り場の環境やターゲットとする魚種、さらには自身の技術レベルも考慮に入れることが重要です。深さがあるタモ網は、堤防からの釣りだけでなく、磯釣りや船釣りにおいてもその有効性を発揮します。結局のところ、タモ網の深さは、釣りの種類や状況に応じて柔軟に選択し、最適なものを使用することが、釣果を向上させる鍵となります。

【堤防釣り用】タモ値段の比較

ブランド/モデル長さ材質特徴価格帯
プロックス オールインワンソルト500 (AIOS500)5mアルミニウムコンパクト収納、オーバル型フレーム¥15,000~¥20,000
TAKAMIYA H.Bコンセプト ラストウイニング ランガンシャフト3903.9mPVCコーティングネット耐久性が高い、軽量¥10,000~¥15,000
メジャークラフト ランディングシャフトコンパクト (LS-300CP)3mカーボン六角形フレーム、コンパクト¥12,000~¥17,000
プロマリン CBブルーベイ磯玉セット5405.4mアルミニウムロングサイズ、持ち運び易い¥20,000~¥25,000
OGK 小継磯玉の柄 エフゼロセット3603.6mアルミニウム抜群の操作性、軽量¥8,000~¥13,000
サンライク カーボン製ランディングネット 9段階伸縮式3m~6mカーボン高強度、長さ調節可能¥18,000~¥23,000
エイテック ランディングギア5005mアルミフレーム折り畳み式、ベルトハンガー付き¥15,000~¥20,000
ダイワ ランディングポールⅡ磯玉網60-50可変アルミニウムギャフ交換可能、耐久性¥20,000~¥25,000

 

堤防釣り用タモ網の値段は、その素材、サイズ、機能性によって大きく異なります。入門レベルのモデルでは、数千円から手に入れることができますが、より専門的な釣りを求める方や、耐久性や機能性を重視する方は、1万円以上のモデルを選択することが一般的です。例えば、軽量で持ち運びやすいカーボン素材のタモ網は、価格が高めですが、長時間の釣りでも疲れにくいというメリットがあります。一方、ステンレス製のタモ網は重さがありますが、価格が手頃で耐久性に優れています。また、折りたたみ機能が付いているモデルや、伸縮自在の柄を持つモデルは、携帯性と使用の便利さを考慮すると、少々高価になりますが、その価値は十分にあります。

タモ網を選ぶ際には、初めにどのような魚を狙うのか、またどれくらい頻繁に釣りをするのかを考慮することが大切です。たとえば、週末ごとに釣りに出かける熱心なアングラーであれば、少し高価でも耐久性と機能性を備えたモデルに投資する価値があります。逆に、たまにしか釣りに行かない場合や、子どもとの釣りが主な目的であれば、手頃な価格のモデルで十分な場合もあります。値段だけでなく、使用する環境や目的に合わせて最適なタモ網を選ぶことが、堤防釣りの楽しさと成功を左右する重要な要素となります。

【堤防釣りタモ】おすすめのモデル選び

堤防釣りにおけるタモ網の選び方には、いくつかの重要なポイントがあります。まず、網の長さですが、これは釣りをする堤防の高さに依存します。5m程度の長さが一般的に推奨されますが、より高い堤防や、海面からの距離がある場所では、それ以上の長さが必要となる場合もあります。次に、網の深さについては、60cm以上が理想的です。これにより、大きな魚を確実に捕獲することができます。

おすすめのモデルを選ぶ際には、素材も重要な要素です。軽量で耐久性のあるカーボン製の柄が人気がありますが、価格はやや高めです。一方で、アルミ製やステンレス製のタモ網は、重さがありますが、価格が手頃で初心者にも扱いやすいというメリットがあります。折りたたみ機能や伸縮式の柄を持つモデルは、携帯性と収納の便利さから、多くのアングラーに推奨されます。

特におすすめのモデルとしては、操作性と耐久性を兼ね備えた「プロックス(PROX) オールインワンソルト」や、価格と機能性のバランスが取れた「ダイワ(DAIWA) ランディングポールII」などが挙げられます。これらのモデルは、さまざまな釣り環境に適応し、長期間にわたって使用することができるため、初心者から上級者まで幅広く支持されています。

堤防釣り用のタモ網を選ぶ際には、これらのポイントを考慮して、自分の釣りスタイルや目的に最適なモデルを選ぶことが重要です。適切なタモ網を選ぶことで、釣りの楽しさと成果をさらに高めることができます。

【堤防釣りタモ】折りたたみ式が便利

堤防釣りにおいて、タモ網の選択は釣果に直結する重要な要素です。中でも折りたたみ式のタモ網は、その携帯性と利便性から多くの釣り愛好家に支持されています。折りたたみ式タモ網の最大の魅力は、持ち運びの容易さにあります。使用しない時はコンパクトに折りたたむことができ、釣り具箱やリュックサックに簡単に収納することが可能です。これにより、釣行時の荷物の負担を大幅に軽減することができます。

また、折りたたみ式タモ網は伸縮性に富んでいるため、様々な釣り場の環境に柔軟に対応することができます。例えば、高い堤防や岸壁からの釣りには長い柄のモデルを、狭いスペースでの釣りには短い柄のモデルを選ぶことができます。さらに、網部分の素材には耐久性が高く魚を傷つけにくい素材が用いられていることが多く、魚の扱いにも配慮されています。

選ぶ際の注意点としては、折りたたみ機構の強度と耐久性を確認することが重要です。頻繁に使用することを考えると、簡単に折りたためるだけでなく、しっかりと固定される構造のモデルを選ぶことが望ましいです。また、網の大きさや深さも、狙う魚種に合わせて選ぶ必要があります。

折りたたみ式タモ網は、堤防釣りにおける必需品の一つです。その選択は釣りの効率だけでなく、楽しさを大きく左右します。適切なモデルを選ぶことで、釣行がより快適なものになるでしょう。

フレーム形状の種類について

フレーム形状はタモ網を選ぶ際に重要な要素の一つです。形状によって、使い勝手や目的魚への適応性が異なります。主に、正円形、楕円形、三角形の3種類があります。

正円形は最も一般的で、バランスが良く、全方位から魚を取り込みやすい形状です。その均等な負荷分散により、耐久性も高く、多種多様な魚種に対応できます。特に、体高がある魚を取り扱う際に適しています。

楕円形は長い魚や大型魚を取り込むのに適した形状で、特にシーバスやブリなどの標的に優れています。幅広い開口部が魚をすくいやすくし、特にランディング時にその効果を発揮します。

三角形はあまり一般的ではありませんが、特定の状況下で非常に便利です。角を利用して岩場や障害物の間での使用や、狭いスペースでの魚の捕獲に適しています。また、魚を迅速に網に誘導する際に役立つ形状です。

各フレーム形状は、それぞれ特定の用途や好みに最適化されています。したがって、使用する環境や狙う魚種を考慮して、最も適した形状を選択することが重要です。例えば、岩場での根魚狙いには三角形が、広い海域での大型魚狙いには楕円形が適しているなど、釣りのシチュエーションに応じた選択が求められます。

適切な堤防釣りタモ長さの選び方

  • 【長さ5m】のタモが一般的
  • 【網の深さ】は60cm以上がおすすめ
  • 【ホームグランド】の高さに合わせた選択をしよう
  • タモの【材質】と【重量】の違いと影響
  • 【まとめ】堤防釣りのタモの長さ

【長さ5m】のタモが一般的

長さ5mのタモ網は堤防釣りにおいて一般的な選択肢です。この長さは、多くの釣りシーンにおいてバランスが良く、特に標準的な高さの堤防や磯での使用に最適です。5mという長さは、足元から海面までの距離をカバーしやすく、魚を安全かつ効率的にランディングするのに十分な範囲を提供します。

また、5mのタモ網は扱いやすさと機能性のバランスが良い点でも推奨されます。長すぎず、短すぎないこの長さは、初心者から経験豊富な釣り人まで、幅広く対応可能で、堤防の高さが中程度の場所で特にその価値を発揮します。海面までの距離が比較的近い環境では、魚をスムーズに網に誘導しやすいですし、適度な距離感で操作できるため、ランディング時の安定感が増します。

さらに、5mタモは携帯性においても優れています。折りたたみ式や伸縮式のオプションが多く、持ち運びや保管が容易です。これにより、釣行時の荷物を効率的に管理でき、場所を選ばずに使用可能です。

いくら堤防釣りが趣味であっても、不適切な長さのタモ網では、釣果に大きく影響する可能性があります。長さ5mのタモ網は、その点で理想的な選択肢となり、多くの釣り場面でのニーズに応える汎用性と実用性を兼ね備えています。

Amazonで探す

【網の深さ】は60cm以上がおすすめ

堤防釣りにおいて、タモ網の深さは非常に重要な要素です。特に、60cm以上の深さを持つタモ網が推奨される理由には、実用性と効率性が挙げられます。この深さがあれば、大型の魚でも安全に取り込むことが可能で、魚が網から飛び出すリスクを大幅に低減できます。

網の深さが60cm以上あると、魚を取り込む際に余裕を持って操作できるため、特に青物や大型のシーバスを狙う際にその価値を発揮します。これらの魚種は、釣り上げる過程で強い抵抗を示すことが多く、網の深さが浅いと簡単に逃げられてしまうことがあります。また、魚を水面から網に誘導する際、深い網は魚をスムーズに収容しやすく、ランディングの成功率を高めます。

さらに、網の深さが60cm以上あることで、魚を取り込んだ後の管理も容易になります。魚が網内で暴れたとしても、深さがあれば網の中で安定しやすく、釣り人が次の行動を考える間、魚を安全に保持することができます。

ただし、網の深さが60cm以上のタモ網を選ぶ際には、重量と収納サイズも考慮する必要があります。深さがある分、全体として重くなったり、収納時に場所を取る可能性があるためです。そのため、使用する環境や自身の体力、収納スペースの都合を考えながら選択することが肝要です。

結局のところ、網の深さは60cm以上を選ぶことで、堤防釣りの効率性と安全性を両立させることができます。大型魚をターゲットにする釣り人にとっては、この基準が適切なランディングギアの選択において重要なポイントとなります

【ホームグランド】の高さに合わせた選択をしよう

堤防釣りにおけるタモ網の選び方には、行きつけの堤防の高さに合わせた慎重な選択が不可欠です。堤防の高さに応じて最適なタモ網の長さを選ぶことは、効率的なランディングと安全な釣りを実現するための鍵となります。例えば、低い堤防や足場の良い場所では、2~3メートル程度のタモ網が扱いやすく、魚をスムーズに取り込むことができます。このような場所では、コンパクトで扱いやすいタモ網が最適です。

一方で、高い堤防や足場が不安定な場所では、5メートル以上の長さを持つタモ網が必要になることがあります。海面までの距離が長い場合、長いタモ網を使うことで、安全に魚をランディングできる距離を確保できます。しかし、長いタモ網は扱いにくさや重さが増すため、実際の使用環境や自身の体力も考慮して選ぶ必要があります。

実際に堤防釣りを行う前には、ターゲットとする魚種や釣り場の環境を事前に調査し、その情報に基づいてタモ網を選ぶことが推奨されます。また、複数の釣り場で使用する場合は、調整可能な伸縮式のタモ網を選ぶと、様々な状況に対応できるため便利です。

結論として、堤防の高さに合わせたタモ網の選択は、釣りの成功率を高めるだけでなく、安全性を確保する上でも重要です。そのためには、釣り場の具体的な条件を理解し、それに最適なタモ網を選ぶことが求められます。このようにして適切なタモ網を選ぶことで、より快適で成果のある堤防釣りを楽しむことができるでしょう。

タモの【材質】と【重量】の違いと影響

タモ網の選択において、材質と重量は釣りの快適性と効率に大きく影響を与えます。材質は主にアルミニウム、カーボン、スチールなどがあり、それぞれに特徴と利点が存在します。例えば、アルミニウム製は軽量で扱いやすく、コストパフォーマンスに優れていますが、強度はカーボンに比べて劣ります。カーボン製は最も軽量でありながら高い強度を持ち、長時間の使用にも疲れにくいですが、価格が高めです。スチール製は耐久性が高く、重い大物を安全に取り込むことができますが、その分重量が重くなります。

重量は、特に長時間の釣りや連続使用において重要な要素です。軽量なタモ網は長時間持っていても疲れにくく、素早い動きが可能ですが、大物を安定して取り込むには柔軟性と強度が求められます。一方、重たいタモ網は大型魚を取り込む際の安定感に優れていますが、扱いづらさや疲労感が増すため、使用環境や自身の体力に合わせた選択が必要です。

このように、タモ網の材質と重量は、使用する釣り場の環境や狙う魚種、さらには個人の体力や好みによって最適な選択が異なります。軽量で扱いやすいカーボン製を選ぶか、耐久性と安定感を重視するスチール製を選ぶか、それともバランスの取れたアルミニウム製を選ぶか、選択は釣りをする人の目的と状況に依存します。タモ網を選ぶ際には、これらの点を考慮して、最適な材質と重量の製品を選択することが、釣りの楽しさと成果を高める鍵となります。

【まとめ】堤防釣りのタモの長さ

堤防釣りで最適なタモ網の長さを選ぶ際は、使用する堤防の高さと海面までの距離が重要な判断基準となります。一般的に、長さ5mのタモが多くの堤防釣りシーンに適しているとされていますが、実際には愛知県などの特定地域や特定の釣り場においては、6m~7mの長さが必要な場合もあります。また、タモ網の深さに関しては、60cm以上が推奨されており、これにより大型魚を安全に取り込むことが可能になります。

タモ網を選ぶ際の値段は、材質や機能性によって大きく異なり、軽量で耐久性のあるカーボン製のものは高価ですが、長時間の使用に適しています。一方で、折りたたみ式のタモは持ち運びや保管が便利で、場所を取らないため、多くの釣り人に推奨されています。

フレームの形状は、釣る魚種によって選び方が異なり、正円形や楕円形などがあります。フレームの材質と重量も、使用感に大きく影響するため、釣りを行う環境や個人の好みに応じて選ぶことが重要です。

まとめると、堤防釣りにおけるタモの選択は、タモの長さ、深さ、材質、形状、重量、そして価格など、多岐にわたる要素を考慮する必要があります。これらのポイントを踏まえ、自分の釣りスタイルや目的に最適なタモ網を選ぶことで、堤防釣りの楽しさと効率が格段に向上します。

 

ABOUT ME
つりぐっど
愛知県在住の釣りYouTuber 仕事よりも堤防釣りを学んでいます♪ 今すぐ釣りを始められる記事を用意しています。
こんな記事もおすすめ