【釣具レビュー/比較】 PR

[2024年]セイゴが釣れすぎる反則ルアーと効果的な使用方法

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

シーバス釣りでヒットはするものの、なかなか乗らないことってよくありますよね。その多くはセイゴサイズのシーバスが食ってくる場合です。そんなときには、シーバスを諦めてセイゴにターゲットを絞り、爆釣ルアーで楽しんでみませんか?

この記事では、セイゴに効果的なルアーと、ライトタックルを使った釣りの魅力についてご紹介します。セイゴ釣りは手軽に楽しめるうえ、釣果も期待できるので、初心者からベテランまで刺激的な釣りを楽しむことができます。

いいね
いいね
ライトタックルで狙うと駆け引きが楽しすぎます

陸っぱり、ボートシーバスにおいてもセイゴしか釣れないパターンが存在します。そういった状況下においては以下のマイクロルアーは必須アイテムです。

[2024年]セイゴ反則ルアー

[スペック早見表]セイゴ反則ルアー

商品名ブランド重量サイズ
パームス ミニチュアダックスパームス0.9g18mm
ルアー ビットアーツ リップレス ディグリー LDG-50Sパームス5.3g50mm
月下美人 夜霧Z 42Sダイワ3.7g42mm
月下美人 小鉄ダイワ3g39mm
リッジ35SSジャッカル2.2g35mm
13-NUT 40SPイトウクラフト2.4g40mm
テトラワークス フラフラデュオ2.3g48mm
アクアウェーブ シャローマジック50コーモラン2.8g50mm
DUEL ハードコアLGシンキングペンシルデュエル4g50mm

[解説動画/SNSレビュー]セイゴ反則ルアー

パームス ミニチュアダックス0.9グラム

パームスミニチュアダックスは、軽量ながら抜群のキャスタビリティを誇るルアーです。0.9グラムの軽さで繊細なアプローチが可能。特にスレた魚に対して効果的で、フィネスフィッシングに最適です。その小さなボディながら、リアルなアクションで魚を誘い出します。使い勝手が良く、初心者からベテランまで幅広く支持されています。

パームス(Palms) ルアー ビットアーツ リップレス ディグリー LDG-50S

パームスビットアーツリップレスディグリー LDG-50Sは、リップレス構造で驚異的な飛距離とアクションを実現。50mmのサイズは、多種多様な魚をターゲットにできます。シャローからディープまで対応し、スローからファーストリトリーブまで自在に操れます。特に難しい状況下での釣果をアップさせる一品です。

月下美人 夜霧Z 42S

月下美人夜霧Z 42Sは、夜釣り専用に開発されたルアーで、42mmのコンパクトサイズとリアルなシルエットが特徴です。メバルやカサゴをはじめとするターゲットに効果的で、微妙なアクションが魚のバイトを誘発します。夜釣りでの使用に最適で、暗闇でもしっかりアピールできる一品です。

月下美人 小鉄 3g

月下美人小鉄は、3gのウエイトで抜群の遠投性能を持つルアーです。リアルなフィッシュシェイプと高い浮力が、様々なリトリーブスピードに対応します。特にメバルやアジなどのライトゲームに最適で、初心者から上級者まで幅広く愛用されています。その高い釣果実績が信頼の証です。

リッジ35SS 35㎜

リッジ35SSは、35mmのコンパクトボディながら、優れた飛距離とリアルなアクションを兼ね備えたルアーです。特にスローシンキングモデルは、狙ったレンジをピンポイントで攻められ、メバルやアジなどに効果絶大です。高い信頼性と釣果実績で、ライトゲームファンに支持されています。

13-NUT 40SP

13-NUT 40SPは、40mmのスモールサイズでありながら、驚異的な飛距離とリアルなアクションを持つサスペンドルアーです。特にメバルやアジなどのターゲットに最適で、ナチュラルな動きが魚のバイトを誘発します。初心者から上級者まで幅広く使える万能ルアーです。

テトラワークス フラフラ

デュオテトラワークスフラフラは、48mmのスローシンキングルアーで、メバルやアジ、カマスなどのライトゲームに最適です。マグネット固定式重心移動システムにより、驚異的な飛距離と安定したアクションを実現。どんな状況でも確実に魚を引き寄せる頼れる一品です。

アクアウェーブ シャローマジック50

コーモランアクアウェーブ シャローマジック50は、50mmのサイズと2.8gの軽量設計で、シャローエリア攻略に最適なルアーです。ナチュラルなスイミングアクションと優れたキャスタビリティで、メバルやシーバスを狙うのに最適です。初心者からベテランまで幅広く支持されています。

DUEL ハードコアLGシンキングペンシル

デュエルハードコアLGシンキングペンシルは、50mmのコンパクトサイズながら4gのウエイトで、抜群の飛距離と安定したアクションを誇ります。アジ、メバル、メッキ、カマスなどのライトゲームに最適で、逆風をものともせず飛ぶ高性能ルアーです。初心者から上級者まで満足できる一品です。

【本当は教えたくない】シーバス爆釣ミノーランキング‼︎[2024年6月]シーバス釣りをジグヘッドやワームで楽しんできた方々にとって、ミノーの使用は次なるステップとなることでしょう。しかし、ミノーでの釣果を上げ...

セイゴ反則ルアーを持っておいた方がいい理由

  • 小さいシーバス(セイゴ)しかいない時

ライトシーバスルアーは、大きいシーバスがいなくて小さいセイゴがたくさんいる状況で特に活躍します。

セイゴが多くいる環境では、通常のシーバス用ルアーではルアーサイズが大きいため釣果が期待できないことが多いです。反則ルアーは小型が多いので、セイゴのサイズに合うため釣りやすさが大幅に向上します。

また、さまざまな状況に対応することが可能です。例えば、セイゴが水面近くにいる場合はフローティングミノー深場にいる場合はシンキングペンシルを使い分けることで効果的に釣果を上げられます。このルアーの多様性が、釣りの成功率を高める鍵となります。

セイゴ反則ルアーのデメリット

  • フックアウトしやすい…
  • バレやすい…

セイゴ反則ルアーにはいくつかのデメリットがあります。特に、大きいシーバスがかかった場合、フックアウトしやすく、バレやすいことが挙げられます。

まず、セイゴ反則ルアーは小型の魚をターゲットにしているため、大型のシーバスがかかるとフックの強度が不足しやすいです。このため、大型シーバスが激しく抵抗する際にフックが外れやすく、結果として魚を逃すリスクが高まります。

さらに、フックの耐久性も問題となります。セイゴ用に設計されたフックは細く、耐久性が低いため、大きな力が加わると簡単に曲がったり折れたりすることがあります。これもまた、大型シーバスを確保するのが難しくなる原因の一つです。

また、セイゴ反則ルアーは小型で軽量なため、大型シーバスが激しく動くときにルアーが安定せず、バレやすい傾向があります。これは特に、魚がジャンプする際や急激な方向転換をする際に顕著です。ルアーの軽さとフックの小ささが相まって、針が魚の口から外れやすくなります。

セイゴ反則ルアーを使った効果的なテクニック

  • キャストするポイント
  • ルアーアクション

まず、キャスティング精度とポイント選定が重要です。セイゴは特定の場所に群れを作ることが多く、例えば岸壁沿いや河口周辺、常夜燈周辺など、餌が豊富な場所を狙うと効果的です。キャスティングの際には、正確に狙ったポイントにルアーを落とすことが求められます。

次に、リトリーブ速度とアクションの使い分けが成功の鍵です。セイゴはルアーの動きに敏感に反応しますので、ゆっくりとしたリトリーブでナチュラルに見せる方法や、早いリトリーブで興味を引く方法を使い分けると良いでしょう。また、トゥイッチやポーズを組み合わせて、ルアーがまるで本物の魚のように動くように工夫します。これにより、セイゴのバイトを誘発しやすくなります。

セイゴ釣りライトタックルのおすすめ

セイゴ釣りに適しているライトタックルにはいくつかの特徴があります。ここでは、その特徴について詳しく説明します。

  • ロッド
  • PEライン
  • スピニングリール
  • ルアー重さ
  • バット強度

1. 軽量で繊細なロッド

セイゴ釣りにおいて、ロッドは軽量で繊細なものが適しています。長さは7〜8フィートのものが理想的で、感度が高く、微妙なアタリを逃さずに感じ取ることができます。また、軽量なロッドは長時間の釣行でも疲れにくく、扱いやすいです。

2. 高感度のPEライン

ラインにはPEライン0.3〜0.6号を使用します。PEラインは感度が高く、セイゴの微細なアタリも確実に伝えてくれます。また、細いラインを使用することで、キャストの飛距離が伸び、広範囲を探ることができます。リーダーにはフロロカーボンを使用することで、擦れに強くなり、魚の警戒心も軽減できます。

3. 小型スピニングリール

リールは小型のスピニングリールが適しています。2000〜2500番のリールを選ぶことで、軽量なロッドとのバランスが良くなり、操作性が向上します。ドラグ性能が良いリールを選ぶことで、セイゴの引きにも対応でき、ラインブレイクを防ぐことができます。

4. 適切なキャストウェイト

ライトタックルの中でも、キャストウェイトが1〜10g程度のものがセイゴ釣りには最適です。これにより、小型のルアーやジグヘッドを遠投しやすくなり、セイゴのいるポイントを的確に狙うことができます。また、軽いルアーでもしっかりと操作できるロッドを選ぶことが重要です。

5. 柔軟なティップと強靭なバット

ロッドのティップは柔軟性があり、アタリを確実に感じ取れるものが望ましいです。一方で、バットセクションは強靭で、セイゴの強い引きにも対応できるものを選びましょう。これにより、フッキング後も安心してやり取りができます。

これらの特徴を持つライトタックルを選ぶことで、セイゴ釣りをより効果的に楽しむことができます。 軽量で感度の高いタックルは、微細なアタリを逃さず、確実にセイゴをキャッチするための鍵となります。

いいね
いいね
以下のタックルがおすすめです

【まとめ】セイゴ反則ルアーで爆釣する方法

  • 適切なサイズのルアー選択の重要性
    • セイゴのサイズに合ったルアーが釣果を左右する。
  • おすすめのセイゴ反則ルアー
    • パームス ミニチュアダックス
    • パームス ビットアーツ リップレス ディグリー LDG-50S
    • 月下美人 夜霧Z 42S
    • 月下美人 小鉄
    • リッジ35SS
    • 13-NUT 40SP
    • テトラワークス フラフラ
    • アクアウェーブ シャローマジック50
    • DUEL ハードコアLGシンキングペンシル
  • セイゴ反則ルアーのメリット
    • 小型のルアーがセイゴのサイズに合い、釣りやすい。
    • 様々な状況に対応可能(例:水面近くのフローティングミノー、深場のシンキングペンシル)。
  • セイゴ反則ルアーのデメリット
    • 大型のシーバスがかかるとフックアウトしやすい。
    • フックの耐久性が低く、大型シーバスには不向き。
  • 効果的なテクニック
    • キャスティング精度とポイント選定が重要(岸壁沿い、河口周辺、常夜燈周辺)。
    • リトリーブ速度とアクションの使い分けが鍵(ゆっくりナチュラルに、早く興味を引く方法)。
  • ライトタックルのおすすめ
    • ロッド: 軽量で繊細な7〜8フィートのもの。
    • PEライン: 高感度の0.3〜0.6号。
    • スピニングリール: 2000〜2500番。
    • キャストウェイト: 1〜10g。
    • ティップとバット: 柔軟なティップと強靭なバット。
  • おすすめタックル
    • ロッド:
      • シマノ ルナミス S706UL
      • ダイワ ラテオ 76ML
      • アブガルシア ソルティーステージ KR-X アジング SXAS-792ULS-KR
      • メジャークラフト ソルパラ SPS-S702M
    • リール:
      • シマノ ストラディック CI4+ 2500
      • ダイワ レブロス LT2500
      • アブガルシア レボ ALX2000S
      • ダイワ フリームス LT2500
こんな記事もおすすめ
\prime会員なら最短翌日に無料でお届け/
Amazonで購入
\prime会員なら最短翌日に無料でお届け/
Amazonで購入