【堤防釣果情報】 PR

【最新情報】立ち入り禁止⁉︎ 名古屋港9号地について解説/名古屋港人気スポット

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

名古屋港9号地は名港トリトンの[名港東大橋]を渡った先にある堤防です。
かつては釣具店など公式に釣りスポットとして紹介されていましたが昨今立ち入り禁止の情報があります。

最新の情報(独自調査)とポイントの解説をしていきます。

※釣行の際は実際の看板の案内や現地の関係者の指示に従いましょう。

ポイント毎の基本情報や釣り方、近隣のおすすめ釣りスポット、ショップも紹介していきます。

夜はコンビナートや大型船舶の灯りが強く釣果が期待できます。

名古屋港9号地の基本情報

行き方

行き方

①高速道路の場合伊勢湾岸自動車道[名港潮見IC]で下車スグ
②一般道路の場合225線を直進し突き当たり

住所〒455-0028 愛知県名古屋市港区潮見町
トイレ公衆トイレ ※写真参照
駐車場なし 
自販機企業敷地内 ※写真参照
ショップマルハン本店(南区)
最寄りコンビニファミリーマート港船見店

自販機は企業敷地内になりますので一声かけて購入させてもらいましょう。

最寄りショップ[マルハン本店]

名古屋港9号地のポイント3選

  • ①名古屋港9号地南堤の基本情報
  • ②名古屋港9号地東堤防の基本情報
  • ③名古屋港9号地西堤防の基本情報

名古屋港9号地は主に3つの堤防に分かれています。

①南堤防②東堤防③西堤防

現在では南堤防、東堤防のポイントが立ち入り禁止⁉︎

釣りができるのは西堤防のみ⁉︎

2020年頃の釣行を元に各ポイント毎の詳細を解説していきます。

さらにポイントによっては潮の流れが早いポイントや穏やかなポイントがありますので釣り方が限定されます。

例:西堤防先端では潮の流れが早いため投サビキや前打ちは向きません。
南堤防は比較的穏やかな潮の流れなのでいろんな釣りが可能。

①名古屋港9号地南堤の基本情報

名古屋港9号地南堤防はメインの堤防で約300mほどあります。
足元は石積みになっているのでサビキは投サビキに限ります。
水深は3〜6mほどで底質は砂地、泥です。

若干障害物もあるので底をズル引きしていると根がかりすることが多いです。

②名古屋港9号地東堤防の基本情報

名古屋港9号地東堤防は南堤防(入り口)から徒歩5分ほどのポイント。
足元は石積みではありませんが浅くなっています。

底質は南堤防と同じく砂地、泥質です。
南堤防より障害物が少なく虫ヘッドやぶっ込み釣りが有効です。

大型船舶が碇泊している時はライトがとても明るく夜の集魚効果は高い。

③名古屋港9号地西堤防の基本情報

名古屋港9号地西堤防は伊勢湾岸自動車道の入り口を直進しすぐ右折し砂利の道路へ侵入します。
西堤防ポイントは手前5mほどが石積みとなっており干潮時は干上がります。

また石積みの奥は潮の流れも早いのでサビキやフカセ釣りは向きません。
干潮時の穴釣りや石積み前の前打ち(黒鯛)がおすすめです。

1 2 3
こんな記事もおすすめ
\prime会員なら最短翌日に無料でお届け/
Amazonで購入
\prime会員なら最短翌日に無料でお届け/
Amazonで購入