【堤防釣果情報】 PR

【全調べ‼︎】三重県でキスが釣れるポイント22選と実践のコツを解説

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

三重の堤防キスが釣れるポイントを紹介し、キス釣りで良好な成果を上げるための具体的なコツと戦略を解説します。初心者から熟練者まで、これらのポイントを押さえて、堤防からのキス釣りに挑んでみませんか?

つりぐっど
つりぐっど
キスは砂地に生息します。以下のポイントがおすすめです。

 

木曽川河口
長良川河口
川越釣り桟橋
霞釣り公園
四日市港
吉崎海岸
楠海岸
千代崎海岸
白子海岸
河芸海岸
安濃川河口
日本鋼管
香良洲漁港
松名瀬海岸
宮川河口
下御糸漁港
大淀漁港
尾鷲港
七里御浜
鵜殿港

【虫エサ×】キス釣り餌の代用品とその使用法キス釣りでの虫餌に代わるワームや人工イソメの使い方を徹底解説。触りたくない、保存が楽、コスパに優れた代用餌で、誰でも簡単に楽しく釣りを楽しもう。 ...

【キス釣り】三重の堤防でキスが狙えるポイント20選

【鱚】天然キスの相場価格は⁉︎養殖vs天然の価格比較 この記事では、天然キスと養殖キスの価格を詳しく比較し、購入の際の参考にするための詳細情報を提供します。一体どちらがお得か、詳細なデータとともに解説しています。 ...

木曽川河口

揖斐川河口

〒511-0844 三重県桑名市福岡町

川越釣り桟橋

〒510-8114 三重県三重郡川越町亀崎新田

霞釣り公園

〒510-0011 三重県四日市市霞1丁目

四日市港

〒510-0051 三重県四日市市千歳町

吉崎海岸

〒510-0101 三重県四日市市磯津

楠サーフ

〒510-0104 三重県四日市市楠町南五味塚

千代崎海岸

〒510-0227 三重県鈴鹿市南若松町539

白子海岸

〒510-0243 三重県鈴鹿市白子本町

河芸海岸

〒510-0306 三重県津市河芸町一色3196

中河原海岸

〒514-0011 三重県津市高洲町33−6

日本鋼管

〒514-0301 三重県津市雲出鋼管町2−2

香良洲漁港

〒514-0311 三重県津市香良洲町稲葉5276

松名瀬海岸

〒515-0102 三重県松阪市松名瀬町

宮川河口

〒516-0001 三重県伊勢市大湊町

下御糸漁港

〒515-0341 三重県多気郡明和町北藤原

大淀漁港

〒515-0509 三重県伊勢市東大淀町2−13

尾鷲港

〒519-3602 三重県尾鷲市天満浦

七里御浜

〒519-4325 三重県熊野市木本町

鵜殿港

〒519-5701 三重県南牟婁郡紀宝町鵜殿

 

堤防キス釣りで釣果を出すコツ:実践

シロギスの生態と活動パターン

  • 砂地に生息
  • 深さ0〜30m
  • 6月〜10月産卵
つりぐっど
つりぐっど
産卵時期の6月〜10月は狙い目

シロギス、別名「砂浜の女王」と呼ばれる魚は、主に砂地に生息しています。この魚の生息域は、浅い海底であり、水深は0〜30メートル程度とされています。シロギスは群れを成して生活しており、特に岩礁や傾斜がある場所を好む傾向にあります。

繁殖期はおおよそ6月から10月までで、この時期には産卵のため活動が活発になります。食性としては、海底近くを泳ぎながら、小型の魚やアミエビなどを小さい口で吸い込むようにして捕食します。これにより、特定の時期に釣りやすくなる特性があり、釣り人にとっては重要な情報となります。

最新‼︎【無料】三重の潮干狩りスポット4選を解説【禁止】スポットも解説三重県で無料で楽しめる潮干狩りスポットを紹介。家族で安全に楽しむための準備、服装のポイント、禁止・中止スポットの最新情報、潮干狩りのコツまで詳しく解説します。 メタ...

キス釣りに最適な時期とは?

  • 夏が一般的
  • 7月〜8月がベスト
  • 大型は春後半

キス釣りは一般的に夏のイメージが強いですが、実際には5月から11月にかけてが釣りやすい時期とされています。特に、7月から8月にかけてはキスが最も活動的であり、小型のキスがたくさん釣れるため、この時期が最もおすすめです。

春の後半、特に5月から6月にかけては、キスが産卵を控えて積極的にエサを取るため、大型が釣れるチャンスも増えます。この時期を逃さず、効果的な釣りを行うことで大きな成果を得ることが可能です。しかし、寒い時期や早春はキスの活動が低下するため、釣果を期待するのは難しいです。

【虫エサ×】キス釣り餌の代用品とその使用法キス釣りでの虫餌に代わるワームや人工イソメの使い方を徹底解説。触りたくない、保存が楽、コスパに優れた代用餌で、誰でも簡単に楽しく釣りを楽しもう。 ...

キスが活発になる時間帯

  • 朝マズメ、夕マズメ
  • 夜間釣りも可能
  • 潮が動く時間

キスが特に活発になるのは、朝のマズメと夕方のマズメです。これはキスの活性が自然と高まる時間帯であり、多くの釣り人がこの時間を狙って釣りに出かけます。実は、キスは夜間にも釣ることが可能で、特に夏場は涼しく、海水浴客が少ないため、夜釣りが推奨されます。

キスを効率よく釣るには、潮の動きを理解することが重要です。潮が動き始めた時や、潮が緩んできた時が特に狙い目です。これは潮流によって餌が動き、キスが活動的になるためです。潮の動きに合わせて釣りを行うことで、釣果を大きく向上させることができます。

海の潮流と天候が釣果に与える影響

  • 潮流は餌の動きに影響
  • 天候による水温変化
  • 潮の満ち引き
  • 強風時は釣り困難
つりぐっど
つりぐっど
潮が動く朝、夕マズメを狙おう

海の潮流と天候は釣果に大きな影響を及ぼします。特に潮流は海中の餌の動きを直接制御し、これにより魚の活動範囲と行動パターンが変わります。潮の満ち引きは、魚が餌を探しに移動するタイミングに影響を与えるため、釣りのタイミングとして非常に重要です。

また、天候は海水の温度を変化させる要因の一つであり、特に急激な気温の変化は水温にも影響を与えます。これが魚の活動に直結し、例えば寒冷前線が通過すると、一時的に魚が深場に移動することがあります。強風が吹く日は海の表面が荒れ、釣りが困難になるだけでなく、魚がエサを探す行動も抑制されがちです。

注意すべきポイント特性と環境要因とは

  • ポイントの水質注意
  • 底質が釣果影響大
つりぐっど
つりぐっど
砂地を狙おう

釣りをする際には、その地域特有の環境要因を理解しておく必要があります。例えば、特定の水域の水質が魚の存在種類や数に大きく影響を及ぼすことがあります。また、底質は特に重要で、砂底や泥底、岩底といった異なる底質は、そこに住む魚種やその行動に大きく影響します。

さらに、季節の変動は水温や塩分濃度を変化させ、これが直接的に地域の魚種の活動に影響を与えます。また、港や堤防などの人工構造物は、魚が隠れる場所を提供する一方で、釣りやすさにも影響を与えるため、これらの環境を理解することが釣果を左右します。

堤防キス釣りで釣果を出すコツ:仕掛けとテクニック

キス釣りの仕掛けの選び方

つりぐっど
つりぐっど
主に①ちょい投げ②遠投仕掛けの2種だよ

チョイ投げ仕掛け

チョイ投げ仕掛けは、軽いタックルで手軽に楽しめる方法です。堤防や浅い砂浜で効果的で、小型から中型のキスを狙うのに最適です。この仕掛けは、比較的短いロッド(2.5〜3.0メートル)と小型リールを使用し、軽い天秤(テンビン)を使って短距離をカバーします。主に、小さめのサビキ針(#6から#8)を数本(通常は2〜5本)連ね、小型のオモリ(10〜20グラム)をつけるのが一般的です。

 

遠投仕掛け

遠投仕掛けは、広範囲を効率よく探るために設計されています。特に広い砂浜や沖合いのポイントを狙う場合に有効で、深場の大型キスをターゲットにすることが可能です。この仕掛けでは、長いロッド(3.5〜4.5メートル)と大きめのリールを使用し、重めの天秤(テンビン)と30〜60グラムのオモリを組み合わせます。針はチョイ投げと同様、小型のものを使用し、エサとしては青イソメや赤ゴカイが効果的です。

キス釣りの効果的なエサの選定

  • 青イソメと赤ゴカイが人気
  • 正しいエサの付け方
特に夏場は暑いのでエサが弱らないように注意

キス釣りでの成功は、適切なエサの選定から始まります。キスが特に好むエサとして、青イソメ赤ゴカイが広く推奨されています。これらのエサは、キスの食性に合っており、その香りと動きがキスを引き寄せる効果があります。

エサの鮮度は、釣果に直結するため、可能な限り新鮮なものを使用することが重要です。市場や釣具店で新鮀な青イソメや赤ゴカイを購入し、使用するまでの間は適切な温度で保存することが推奨されます。

エサの付け方も釣果に影響を与えます。キスの小さい口に合わせて、エサを小さめにカットし、針にしっかりと固定することがキスを確実に釣り上げるコツです。このように、エサの選定と扱い方を工夫することで、キス釣りの効率が大幅に向上します。

堤防から狙えるキスのポイント探し

  • 波打ち際の砂地がポイント
  • 消波ブロック周辺

堤防からキスを効果的に狙うには、適切なポイントを見極めることが不可欠です。キスは主に波打ち際の砂地に生息しているため、砂底が広がるエリアが狙い目です。特に潮の流れがゆるやかで、砂と小砂利の混じった地点はキスが餌を探すのに最適な環境です。

堤防の近くにある消波ブロックやその他の構造物の周辺も、キスが隠れる場所となるため、こうした場所を丹念に探ることが重要です。ただし、釣り場を選ぶ際は、足場の安全性も十分に考慮し、滑りにくい靴を履いて安全対策を怠らないようにしましょう。

おすすめのキス料理

  • キスの天ぷらが人気
  • シンプルな塩焼きも
  • キスの南蛮漬け
  • 新鮮ならお刺身も

キスはその味わいの良さから、様々な料理で楽しむことができます。中でもキスの天ぷらは、外はサクサク、中はふっくらとした食感が楽しめ、多くの人に愛されています。キスを清めて、小麦粉をまぶし、冷たい天ぷら粉をつけてカラッと揚げるだけで、絶品の一品になります。

シンプルなキスの塩焼きもおすすめです。キスの内臓を取り除き、軽く塩を振って焼くだけで、素材の味を十分に楽しむことができます。また、キスの南蛮漬けは、揚げたキスに甘酸っぱいタレをからめることで、ご飯のおかずにもぴったりです。

新鮮なキスは、お刺身としても美味しくいただけます。透明感のある身を薄くスライスし、わさび醤油で味わうことで、キスの鮮やかな味わいを堪能できるでしょう。

【まとめ】堤防キス釣りで釣果を出すコツ

堤防からのキス釣りで良好な釣果を出すためには、いくつかの重要なコツがあります。以下にその要点をまとめます:

  1. 適切な時期と時間帯の選定:キスが最も活動的な時期は春から秋にかけてで、特に5月から11月が最適です。さらに、早朝や夕方の涼しい時間に活発にエサを求めるため、これらの時間帯に釣りを行うことが推奨されます。
  2. エサと仕掛けの選択:キスは特に青イソメや赤ゴカイを好むため、これらの生き餌を用いると効果的です。また、仕掛けにはチョイ投げ用や遠投用の仕掛けを場所や状況に応じて使い分けることが重要です。
  3. ポイントの選定:キスは波打ち際の砂地を好むため、堤防からアクセスできる砂地のポイントを見つけることがカギとなります。特に、潮の流れが穏やかで、砂と小砂利が混在する地点はキスが餌を探しやすい環境です。
  4. 安全に留意する:堤防釣りでは、滑りやすい岩場や消波ブロックが多いため、釣りを行う際は防滑性の高い靴を履くなどの安全対策を怠らないようにしましょう。

これらのコツを押さえることで、堤防からでもキス釣りの成功率を大いに高めることが可能です。初心者から経験者まで、これらのポイントを意識して堤防キス釣りに挑むことをお勧めします。

こんな記事もおすすめ
\prime会員で最短翌日に 無料でお届け/
Amazonで購入
\prime会員で最短翌日に 無料でお届け/
Amazonで購入