【堤防釣果情報】 PR

初心者でも狙える【堤防】サワラ釣り方堤防での極意!※愛知でサワラが釣れる堤防紹介

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

堤防からのサワラ釣りは、多くの釣り人が釣りたいと夢見る魚種の一つです。その夢を現実に変えるためには、サワラを狙う最適な時期と釣りのコツを把握することが不可欠です。この記事では、初心者でもサワラ釣りの可能性を広げるための具体的な方法を紹介します。サワラを狙うチャンスは年間を通じて存在しますが、特に秋の期間にはそのチャンスが大きく広がります。堤防から簡単にアクセスできるポイントで、サワラ釣りの醍醐味を存分に味わうことができます。

この記事のポイント
  • 釣れやすい時期
  • 釣れやすい時間帯
  • いるのに釣れない原因と対策
  • 正しい締め方
【堤防青物】思考停止でタダ巻くだけで青物が釣れる「都合のいいルアー」とはこのガイドでは、青物釣りの「ただ巻き」テクニックの基本から応用までを詳しく解説。季節や天候に合わせたルアーの選び方や、釣りのコツを学び、青物釣りの楽しみを最大限に引き出します。...

【堤防】サワラ釣り方:基本の知識

最適な時期とは

  • 9月から11月にかけて活発
  • 暖かい水を好む性質

一般的に、サワラは秋が旬であり、特に9月から11月にかけて活発になります。この時期は水温が徐々に下がり始めるため、サワラがエサを求めて表層近くに活動的になるからです。水温の変化に敏感なサワラは、この時期に岸近くまで寄ってくるため、堤防からの釣りが成果を上げやすいとされています。

したがって、暖かい水を好む性質を理解し、季節の変わり目に合わせて釣行計画を立てることが、充実した釣り体験へと繋がります。

堤防釣り【風速5m】は許容範囲か⁉︎どれくらいの体感⁉︎「堤防釣り風速5mはどれくらい⁉︎」と検索しているあなたへ。風速5mでの堤防釣りの影響、安全対策、釣り戦略、および必要な風速知識を詳しく解説します。...

釣れやすい時間とは

  • 早マズメと夕マズメ
  • 日中は深場を狙う

サワラやサゴシを狙う際、釣れやすい時間帯を知ることは非常に重要です。多くの釣り人が経験を通じて学んだのは、サワラやサゴシは特に早朝と夕方のマズメ時に活性が高まり、この時間帯に表層付近でエサを追いやすくなるため、釣果が上がりやすいという事実です。

日中に釣りをする場合は、サワラやサゴシが深場に移動する傾向にあるため、より深い水域を狙う必要があります。また、天候や潮の流れも魚の活性に大きく影響を与えるため、これらの条件を考慮して釣行することが重要です。

サゴシ(鰆)いるのに釣れない:一般的な原因と対策

  • タックル選択
  • ルアー選択
  • 潮や風向きの見落とし

サゴシがいるにも関わらず釣れない状況は、多くの釣り人が直面する課題の一つです。主な原因としては、タックルの選択ミスが挙げられます。例えば、サゴシの活性に合わない重さや長さのロッドを使用していると、適切なアクションが出せず反応が得られません。また、ルアーの選択も重要で、サゴシが好むサイズや色、形状のルアーを選ぶ必要があります。

さらに、使用する餌への反応が悪い場合餌の種類を変えることで状況が改善されることもあります。加えて、潮の流れや風向きなど、外的条件を見落としていることも釣れない一因となり得ます。

これらの状況に遭遇した際には、タックルやルアー、餌の見直し、さらには釣り場の環境条件を再評価することが対策として有効です。

サゴシ(鰆)の締め方:鮮度を保つ正しい方法

  • 神経締めで鮮度維持
  • 血抜きで臭みを除去
  • 内蔵は早めに除去
  • 氷で冷やして保存
つりぐっど
つりぐっど
とにかく血抜きはしたほうがいい。あっという間に血が身に回ってしまいます。

サゴシの締め方には、鮮度を最大限に保つためのポイントがあります。神経締めは、魚の質を長時間保つための最も効果的な方法です。これは、魚の背骨に沿って細い針などを挿入し、神経を切断することで行います。この処理により、魚の筋肉が硬直するのを遅らせることができ、鮮度が保たれます。

次に、血抜きはサゴシの臭みを除去するために不可欠です。尾びれの根本を切り、豊富な水流の中で血をしっかり抜くことが重要です。また、内蔵は釣り上げた直後に除去し、内部の汚れをきれいに洗い流します。最後に、サゴシを氷で冷やして保存することで、鮮度を保ちながら持ち運びや保存が可能になります。これらの手順を適切に行うことで、サゴシの美味しさを家庭で楽しむことができます。

愛知サゴシ(鰆)釣れる堤防:おすすめスポット紹介

つりぐっど
つりぐっど
どこのポイントも引き抜くことが難しいのでタモが必要だよ

新舞子マリンパーク

遊漁船も数多く出るポイントです。

りんくう常滑釣り護岸

ビーチも隣接する人気スポット。

りんくう前島

あまり人が少ない穴場スポットです。

冨具崎港

愛知県の堤防では青物の釣果実績がNO1の堤防です。
足場はよくありませんが鰤やアオリイカもよく釣れています。

【堤防】サワラ釣り方:実践

堤防鰆釣りのおすすめのタックル

  • ライトショアジギングロッド
  • スピニングリール3000~4000番
  • PEライン1.5~2号、リーダー12~16号
  • メタルジグやミノー

堤防から鰆(サワラ)を狙う際のおすすめタックルは、まずライトショアジギングロッドが基本です。このロッドは、サワラのような中型の青物に適しており、適度なしなりで魚の引きを楽しむことができます。

リールは、スピニングタイプの3000~4000番が最適で、これにPEライン1.5~2号を組み合わせることで、遠投性と感度のバランスを保ちます。リーダーは12~16号を使用し、鋭い歯を持つサワラに対応します。ルアーは、メタルジグやミノーが効果的で、サワラの捕食行動を刺激することができます。

これらのタックルを選ぶことで、堤防からでもサワラ釣りを楽しむことができ、充実した釣行につながります。

【愛知県版】堤防釣り用タモの選び方ガイド[2024年5月]堤防釣りでの成功に不可欠なタモの長さを地域別に解説。深さ、値段、フレーム形状、材質と重量の違いがどのように影響するか、初心者から上級者まで役立つ情報を提供します。...

堤防鰆釣り人気のジグベスト10

以下のジグは、堤防からの鰆釣りにおいて、その飛距離やアクションで魚を引き付ける能力が評価されています。

  1. ダイワ サムライジグR 30g
  2. シマノ コルトスナイパー イワシロケット 30g 
  3. メジャークラフト ジグパラ タングステン 32g 
  4. メジャークラフト ジグパラ ショート 50g 
  5. ハヤブサ ジャックアイ エース 40g 
  6. ジャッカル ビッグバッカージグ 30g 
  7. マリア ムーチョルチア 60g
  8. デュオ ドラッグメタルキャスト 30g 
  9. シマノ コルトスナイパー アオモノキャッチャー 28g 
  10. ダイワ ソルティガ TGベイト 80g 

ルアーアクション方法

  • タダ巻きで一定のリズムを保つ
  • トゥイッチで不規則な動きを加える
  • ジャークで大きく誘う
  • ストップ&ゴーで食い気を誘う

堤防からの鰆(サワラ)釣りでルアーを用いる場合、効果的なアクション方法を知っておくことが重要です。まず、基本となるタダ巻きは、ルアーを一定の速度で引き続けることで、自然な魚の動きを演出します。

さらに、トゥイッチを加えることで、ルアーに不規則な動きをつけ、サワラの捕食本能を刺激できます。また、ジャークは、ルアーを急に引いて大きな動きをさせる技術で、サワラの注意を引きつけるのに効果的です。

ストップ&ゴーは、ルアーを一時停止させた後に再び動かすことで、追いかけてきたサワラに食いつかせることができます。これらのアクションを駆使することで、堤防からでも大型のサワラを狙うことが可能になり、成功率が高まります。

堤防鰆釣りで狙うべきポイント

  • 水深の変化が激しいエリア
  • 潮流が速い場所
  • ベイトフィッシュが豊富な場所

堤防から鰆(サワラ)を釣る際に狙うべきポイントは、まず水深の変化が激しいエリアです。サワラはこのような場所で餌を探す傾向があるため、効率的にターゲットを見つけることができます。次に、潮流が速い場所もサワラが好むエリアです。

ここでは、潮の動きを利用して餌を捕食するため、ルアーや餌を使用する際には、潮の流れに注意してください。また、岩場や構造物の周辺は、小魚が隠れる場所であるため、サワラが餌を探しに来る可能性が高くなります。

最後に、ベイトフィッシュが豊富な場所を選ぶことで、サワラを効果的に誘うことが可能です。これらのポイントを押さえることで、堤防からのサワラ釣りの成功率を大幅に高めることができるでしょう。

【エリアトラウト】爆釣ルアーランキングと効果的な使い分け方[2024年5月] エリアトラウト釣りで爆釣を目指す釣り人にとって、適切なルアーの選択は釣果に大きな差をもたらします。しかし、数多く存在するルアーの中か...

堤防鰆釣り:釣れた時のやりとり

  • 強い引きに焦らず対応する
  • ロッドの角度を調整してファイト
  • 緩んだラインを即座に巻き取る

堤防鰆(サワラ)釣りで魚が釣れた際のやりとりは、サワラの強烈な引きに対応する技術が求められます。まず、魚がヒットしたら強い引きに焦らず、ロッドを海面に対して45度程度に保ちながら対応してください。

これにより、魚の動きをコントロールしやすくなります。次に、ロッドの角度を魚の動きに合わせて微調整し、強引に引き寄せるのではなく、魚の疲れを待つことが重要です。魚が一時的に力を失ったと感じたら、緩んだラインを即座に巻き取ることで、逃げられるリスクを減らします。

特に、堤防近くでのやりとりでは、サワラが強い反発を見せる可能性があるため、着水点近くでの慎重な扱いが必須です。これらのポイントを抑えることで、堤防からのサワラ釣りを成功させることができるでしょう。

堤防鰆釣り:ドラグ調整のコツ

  • ドラグはライン強度の1/3に設定
  • 強い引きでもライン切れ防止
  • ファイト中のドラグ調整
  • 魚の大きさに応じて調整

堤防から鰆(サワラ)を狙う際、ドラグ調整は極めて重要です。ドラグは使用するライン強度の約1/3に設定するのが基本です。これにより、鰆の強烈な引きに対しても、ラインが切れるリスクを大幅に減少させることができます。

また、ファイト中に鰆が急激に走り出した場合には、リールのドラグノブを微調整することで対応しましょう。このとき、焦らずゆっくりと調整することがポイントです。さらに、魚の大きさや活性に応じてドラグを柔軟に調整することも重要です。

特に大型のサワラを掛けた場合には、適宜ドラグを緩めることで、ラインブレイクを防ぎつつ、安全に魚を寄せることができます。これらのコツを押さえることで、堤防鰆釣りの楽しさと成功率を同時に高めることが可能になります。

こんな記事もおすすめ
\prime会員で最短翌日に 無料でお届け/
Amazonで購入
\prime会員で最短翌日に 無料でお届け/
Amazonで購入