【堤防釣果情報】 PR

【愛知県】名古屋港・三河地区のうなぎ釣りポイントと釣果UPのコツ

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

うなぎが釣れる場所は主に次のような特徴があります。河口や河川の中流・下流域。次に、障害物が多い場所も重要です。石やテトラポッド、流木などがあると、うなぎが隠れやすくなります。また、うなぎは夜行性であり、夕方から夜にかけて活動が活発になるため、この時間帯に釣りを行うと効果的です。

  • 河口、中流河川
  • 障害物が多い場所
  • 夕方〜夜にかけて
【三重県】中勢・北勢地区のうなぎ釣りポイントと釣果UPのコツ三重県のうなぎ釣りスポットや釣り方、必要な仕掛け、エサの選び方、最適な時期、そして夜釣りの注意点について詳しく解説。初心者から上級者まで、釣果を上げるための実践的なアドバイスを提供します。...

愛知のうなぎ厳選釣りポイント

  • 新川河口
  • 新川上流
  • 天白川河口
  • 境川河口
  • 矢作川河口
  • 一色大橋河口
  • 豊川橋

新川河口

〒455-0855 愛知県名古屋市港区藤前1丁目

新川上流

〒452-0914 愛知県清須市土器野

天白川河口

〒457-0804 愛知県名古屋市南区源兵衛町1丁目21−1

境川河口

〒448-0837 愛知県刈谷市衣崎町2丁目20

矢作川河口

〒444-0517 愛知県西尾市吉良町大島一反畑7

一色大橋河口

〒444-0424 愛知県西尾市一色町小薮船江東

豊川橋

〒441-0152 愛知県豊橋市前芝町青木95

うなぎ釣りの仕掛けと必須アイテム

【静岡県】浜名湖・その他河川のうなぎ釣りポイントと釣果UPのコツ静岡県でうなぎ釣りを楽しみたい方におすすめのスポットと釣り方を詳しく解説。効果的なエサの選び方や仕掛けの工夫も紹介。動画付きで初心者から経験者まで役立つ情報満載!...

うなぎ釣り仕掛けの基本

オモリの選び方

オモリは、うなぎ釣りにおいて仕掛けを安定させるための重要な道具です。一般的には10号から15号の中通しオモリが推奨されます。

ハリの選び方

ハリは、うなぎ釣り専用のものを使用するのがベストです。うなぎの口に適した形状と大きさを持つ12号から15号のハリが一般的です。

また、ハリス(ハリとラインを結ぶ糸)は、ナイロン製の3号から4号を使用すると良いでしょう。

仕掛けのセット方法

いいね
いいね
エサが浮きすぎるのはNG

まず、ラインに中通しオモリを通し、その下にスナップサルカンを結びます。次に、サルカンにハリスを結び、その先にハリを結びます。エサを付けたハリが底に到達するようにし、適度に糸ふけを残してアタリを待ちます。

うなぎ釣りエサの種類と選び方

ウナギ釣りには、エサの選択が釣果に大きく影響します。以下に代表的なエサとその特徴を紹介します。

つりぐっど
つりぐっど
愛知ではアケミ貝、ミミズが主流

ミミズ(ドバミミズ)

特徴: ウナギ釣りの定番エサで、特に太いドバミミズが好まれます。雑食性のウナギにとって非常に魅力的なエサです。
付け方: 頭に針を刺して弱らせるか、白くなっている部分から通し刺しや縫い刺しにします。

カメジャコ

特徴: クロダイ釣りにも使われるエサで、柔らかいため食いの鈍いウナギにも有効です。特に河口部の大物狙いに適しています。

付け方: 尻尾を丸めて尾羽根付近の関節から針を入れ、腹側に針先を出してから背側の関節へ通します。
※アケミ貝割り

アケミ貝

特徴: クロダイ釣りでよく使われるエサ。殻を割って身エサとして使用するのが望ましい。付け方: 硬いベロの部分からワタへ針を通します。

その他のエサ

  • テナガエビ: 尻尾からちょん掛けにして使用。夜行性でウナギの捕食対象。
  • レバー: 手に入りやすく、ウナギの嗅覚を刺激するが柔らかく取れやすい。
  • 魚の切り身: サバやサンマの切り身、河口域ではハゼも有効。
  • イカ: 短冊や塩辛として使用。身持ちが良いが反応がない場合もある。

追加で持っていくと便利なもの

  • ヘッドライト: 夜釣りでは両手が自由に使えるヘッドライトが便利です。
  • 水汲みバケツ: ウナギを生かしておくために必要です。深いバケツかクーラーボックスがおすすめです。
  • タオル: エサを付けた後の手洗いや、汚れを拭くために便利です。
  • 道具箱: 釣り道具を整理して持ち運ぶために必要です。
  • ランタン: 手元を照らすために使用します。エサの付け替えなどに便利です。
  • イス: 待ち時間が長くなるため、座って休むために大きめのイスがあると楽です。
  • 手袋: 手が汚れるのを防ぎます。ゴム手袋が良いでしょう。
  • 太刀魚バサミ: ウナギを掴むために使います。鋭い先端がウナギをしっかりと掴みます。

うなぎ釣りよくある質問

うなぎ釣りに最適な時期はいつですか?
つりぐっど
つりぐっど
うなぎ釣りに最適な時期は、気温が上がり始める春から夏にかけてです。特に梅雨時期から夏の終わりにかけてがベストシーズンとされています。暖かい水温を好むうなぎは、この時期に活発に活動し、捕食も積極的になるため、釣果が期待できます。
夜釣りが推奨されるのはなぜですか?
つりぐっど
つりぐっど
うなぎは夜行性のため、夜間の活動が活発です。そのため、夜釣りをすることで釣果が上がりやすくなります。日が沈む夕方から夜間にかけてが狙い目です。昼間は隠れているうなぎも、夜になると餌を求めて動き出すため、夜釣りが最適です。
うなぎ釣りに適した場所はどこですか?
つりぐっど
つりぐっど
うなぎは河川の下流域や河口、汽水域などに生息しています。水深があり、流れが緩やかな場所が適しています。また、障害物の多い場所もポイントになります。例えば、堰の下や橋の下、石や倒木が多い場所はうなぎの好む環境です。
どのようなエサが効果的ですか?
つりぐっど
つりぐっど
うなぎ釣りには、ドバミミズやアユの切り身、カメジャコなどが効果的です。フィールドによってエサの選び方を工夫しましょう。例えば、河川上流ではドバミミズが有効であり、河口部ではアユの切り身が効果的です。エサの種類によって釣れるうなぎのサイズや数が異なるため、状況に応じて使い分けることが重要です。
釣り竿やリールの選び方は?
つりぐっど
つりぐっど
うなぎ釣りには、3〜4mの磯竿や3000〜4000番のスピニングリールが適しています。竿は硬めのものを選ぶと流れの影響を受けにくくなります。リールは投げれて巻けるものであれば十分です。特に専用のタックルを揃えなくても、汎用性のある釣り竿とリールで対応可能です。
ウナギ釣りの注意点は?
つりぐっど
つりぐっど
夜釣りの場合は、安全対策を十分に行うことが重要です。ヘッドライトやランタンを用意し、足元や周囲に気をつけましょう。また、フィールドによっては漁業権が必要な場合があるため、事前に確認しておきましょう

うなぎが釣りの知識とコツ

うなぎの活性が上がる時間とは

  • 日没〜深夜1時
  • 前日雨や天候が悪い日
いいね
いいね
平日退勤後とかおすすめ

うなぎ釣りにおいては、日没直後から深夜1時頃までの時間帯が狙い目です。この時間帯になると、うなぎは餌を求めて活動を開始し、活発に動き回るため、釣りの成果が期待できます。

※6月の日の入りは午後7時すぎです。

また、月の明るさや天候も重要な要素です。例えば、曇りの日や新月の夜は、月明かりが少なくなるため、うなぎの警戒心が薄れ、餌に食いつきやすくなります。逆に、満月の夜は明るさが増すため、うなぎの警戒心が強まり、釣果が下がる傾向があります。

さらに、水温や水位の変動も活性に影響を与えます。うなぎは水温が20度から25度の範囲で特に活発に動くため、季節や水温を考慮した釣行計画が必要です。水位が上昇する雨の後などは、餌が豊富になるため、うなぎの活性も高まります。

仕掛け投入から待ち方

いいね
いいね
時合は短い日もあるのでなるべく多く竿を出したいですね

仕掛けの投入方法

仕掛けは底にしっかりと沈めることが重要です。中通しオモリを使用し、仕掛けが底に届くように調整します。オモリは10号〜15号が適しています。投入後は糸ふけを取り、適度なテンションを保つことでアタリを見逃さないようにします。

待つ時間の過ごし方

待っている間も効率的に過ごすために、常に竿先に注意を払います。特に夜釣りの場合、ヘッドライトランタンを使用して手元を明るくし、アタリにすぐ反応できるようにします。
※ケミカルライトや鈴をつけよう。

つりぐっど
つりぐっど
遅合せでOK

エサの管理

エサは常に新鮮なものを使用します。定期的にチェックし、弱っている、無くなっている場合はすぐに交換します。

複数の竿を使用

効率を上げるために複数の竿を使用するのも有効です。ただし、各竿の状態を常に確認し、アタリがあった場合にすぐ対応できるようにします。これにより、待ち時間を有効に活用し、釣果を最大化することができます。

これらのポイントを押さえることで、ウナギ釣りの効率が格段に向上し、より多くのウナギを釣り上げることができます。

合わせのタイミング

ウナギ釣りにおいて、適切な合わせのタイミングを掴むことは、釣果を上げるために非常に重要です。ウナギは食い込みが浅く、タイミングを誤ると針がかりが甘くなり、逃げられてしまうことがあります。ここでは、効果的な合わせのタイミングについて詳しく解説します。

残念…
残念…
とにかく早合せは厳禁です…

まずはアタリの見極め

ウナギのアタリは他の魚と異なり、竿先が小刻みに震えるのが特徴です。この震えが見られたら、ウナギがエサを咥えたサインと考えてください。

絶対に早合わせを避ける

ウナギがエサを完全に飲み込む前に合わせてしまうと、針がかりが浅くなり、バラしやすくなります。アタリがあってから少し待ち、ウナギがエサをしっかりと飲み込むまで待ちます。

ベストなタイミングとは

ベストな合わせのタイミングは、竿先が大きく引き込まれた瞬間です。この引き込みは、ウナギがエサを飲み込んで引っ張る動作に由来します。このタイミングで竿を素早く上げることで、針がしっかりとウナギの口に掛かりやすくなります。

合わせ後のアプローチ方法

合わせる際は、竿を立てるように持ち上げるアプローチが有効です。この動作により、針がウナギの上顎にしっかりと掛かり、バラシのリスクを減らすことができます。また、合わせの動作は力強く、かつスムーズに行うことがポイントです。

これらのポイントを押さえることで、ウナギ釣りの釣果が格段に向上し、より多くのウナギを釣り上げることができるでしょう。

夜間釣りの注意点

夜間釣りはウナギ釣りにおいて非常に効果的ですが、安全確保と効率的な釣りを行うために特別な注意が必要です。以下に夜間釣りの際に注意すべきポイントを具体的かつ専門的に解説します。

照明の確保

夜間釣りでは、適切な照明を確保することが重要ですヘッドランプやランタンを使用して、足元や釣り場周辺を十分に照らすようにしましょう。暗い中での作業は、怪我や事故のリスクを高めるため、常に明るさを確保して作業を行うことが大切です。

安全装備の準備

安全装備を万全に整えることも必須です。救命胴衣を着用し、携帯電話やホイッスルを持参することで、万が一の際に迅速に対応できるように準備します。また、釣り場の地形や水深を事前に把握しておき、不意の落水や転倒に備えることも重要です。

周囲の確認

釣り場周辺の危険箇所を事前に確認し、安全な場所で釣りを行うことが大切です。

以上の注意点を守ることで、夜間のウナギ釣りを安全に楽しむことができるでしょう。

 

こんな記事もおすすめ
\prime会員なら最短翌日に無料でお届け/
Amazonで購入
\prime会員なら最短翌日に無料でお届け/
Amazonで購入